gf2160144559m

生理前に肌荒れが起きやすいのはなぜ?

生理前になると、ニキビや吹き出物などの肌トラブルに悩まされるという方が多くなっています。なぜ、生理前には肌トラブルが起こりやすくなるのでしょうか?

生理とホルモンバランスの関係

女性ホルモンには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンがあり、これら2種類のホルモンの分泌量は28日周期で変化します。

生理が始まる直前の7日間は、黄体ホルモンの分泌量が最も多くなる、「黄体期後期」と呼ばれます。

黄体期後期は、生理直前の不調期。黄体ホルモンの影響でお肌はオイリーになるので吹き出物ができやすく、紫外線にも過敏になるのでシミ、そばかすもできやくなります。身体はむくみやすく、心は揺れやすい不安定な時期です。

なぜ生理前になると肌トラブルを起こすのか

黄体ホルモンには皮脂を増加させる作用があります。そのため、生理前に黄体ホルモンの分泌量が多くなることで、毛穴に皮脂が溜まりやすくなり、ニキビや肌荒れの原因となるのです。

生理前になると、ニキビや肌荒れを起こすという方は、黄体ホルモンの影響によるものかもしれません。

生理前のスキンケアは慎重に!

そのため、生理前はいつも以上に肌ケアには慎重になる必要があります。 朝晩の洗顔はしっかり行い、肌がべた付いているとしても、保湿ケアを十分にすることが大切です。もし、肌のべた付きが気になるようであれば、脂とり紙などで肌の脂分を押さえるようにしましょう。

また、この時期は紫外線にも敏感になっているため、紫外線対策はしっかりと行いましょう。

しかし、同時にお肌が非常に敏感になっているため、新しい化粧品を試したり、シェービングやエステなどの特別なケアは控えるようにしてください。

その他のヘルスケア記事をもっと読む
※外部サイトに移動します

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

healthcare_u_icon150_2
ドクターをはじめとした専門家のご協力のもと、主に医療・健康に関する情報の発信中!
gf2160144559m

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします