season_skincare_01

季節の変わり目とスキンケア

自分のお肌に合わせたスキンケアをするのは基本中の基本ですが、季節によって変化するお肌の状態にも注目しましょう。季節ごとに温度や湿度は大きく異なりますし、紫外線の量も違ってくるため、起こりやすいトラブルも変わってくるからです。

季節の変わり目に肌トラブルが起こりやすいのもこのためです。

春に起こりがちなトラブルと対策

春に起こりがちなトラブルと対策

気温が変化しやすい春は、吹き出物ができやすくなります。冬の間の体調不良がどっと肌に現われ、急激な気温変化が肌の新陳代謝を乱し、暖かくなったことで皮脂分泌が盛んになることなどが原因です。

また花粉やホルモンバランスの乱れでアレルギーや肌荒れも起こりやすくなります。Tゾーンなどの皮脂分泌が盛んな部分はしっかりと洗浄し、カサつく部分は潤いを与えるといったようなパーツケアと体調管理が春の美肌の鍵となります。

夏に起こりがちなトラブルと対策

夏に起こりがちなトラブルと対策

夏は紫外線対策が大切です。しかしUV化粧品などによる肌の負担が気になる方は、帽子やサングラス、日傘の使用がオススメです。

また皮脂の分泌量が増え、メークも崩れやすく、余分な油が酸化しやすい状態になっています。洗顔はより丁寧に行ない、内からも外からもビタミンCを補ってあげるとよいでしょう。

また、最近はエアコンの影響で夏でもドライスキンに悩まれる方も少なくありません。夏でも保湿はしっかり行なってください。

秋に起こりがちなトラブルと対策

秋に起こりがちなトラブルと対策

夏に受けた紫外線の影響、そして温度変化などによる体調不良によって肌トラブルが増える時期です。とくに体の疲れとともにシミやくすみが気になる人が多いようです。

角質ケアや血行促進対策を行ない、お肌のターンオーバーを乱さないこと、そして冬の到来前に肌のバリア機能を高めるための保湿も重要です。

冬に起こりがちなトラブルと対策

冬に起こりがちなトラブルと対策

冬はなんといっても乾燥対策が必要です。エアコンをつけた部屋では加湿器などを利用して湿度をコントロールしてください。

肌にとって理想的な湿度とは60%から65%。エアコンを20度くらいに設定して温めた部屋の湿度は平均すると20%ともいわれます。

部屋のなかでも肌がチクチクしたり、つっぱる感じがあれば、それは肌の水分が奪われている証拠。こまめに水分を補い、クリームなどで蒸発を防ぐよう保護をしてあげてください。

放っておくと乾燥が原因でシワや肌荒れのトラブルが起こるだけでなく、皮脂バランスを崩し吹き出物などのトラブルにもつながります。

もちろん外からのケアだけでなく、日中こまめに水分補給を行ない、体の内側からも水分を保つように心がけましょう。

 

近年は年間を通して空調が管理されているため、どちらかというと一年中ドライスキン気味の女性が多いようです。

通年を通して大切なケアは保湿とUVケア。ビタミンCやヒアルロン酸は、いつでも補ってあげましょう。季節の変化にも影響されない健康な肌づくりに役立ちます。

その他のヘルスケア記事をもっと読む
※外部サイトに移動します

 

この記事の監修ドクター
マオクリニック 院長  岡田昌子先生

 

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

healthcare_u_icon150_2
ドクターをはじめとした専門家のご協力のもと、主に医療・健康に関する情報の発信中!
season_skincare_01

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします

ランキング / rankings