woman-1293658_1280

「なぜかダルい…」ホルモンバランスの乱れの意外過ぎる原因とは?

新生活が始まったり、何かと節目になる春。気候も穏やかになり、爽やか。なのに、原因不明のダルさや疲れに悩んでいるという方はホルモンバランスが乱れているからかも。
しかもそのホルモンバランスの乱れは意外過ぎることが原因で引き起こされているかも…?

なぜ女性ホルモンが乱れると不調が出るの?

女性ホルモンは、心と体に大きく影響を与えることがわかっています。

女性ホルモンには女性らしさを作るエストロゲンと妊娠を助けるプロゲステロンの2つ。

どちらも大切なホルモンですが、特にエストロゲンは子宮だけでなく神経や感情、皮膚や骨、お肌など全身のあらゆる働きに関わっていることがわかっています。

そのため、女性ホルモンが乱れてしまうと、元気がなくなったり、全身に不快な症状が現れることがあるのです。

また、女性ホルモンの分泌に関わる司令塔である脳はストレスに大変弱く、ストレスを受けるとうまく指令を出せずにホルモンバランスが乱れてしまいます。 その結果、ストレスが体調不良の原因になってしまいます。

ストレスを感じるまさかの原因

自分自身はそこまでストレスを感じているわけではないのに、なぜかいつも具合が悪かったり、ダルいと感じる。病院に行って、お医者さんに「ストレスでしょう」と診断されても、なんだかピンとこない… こんな経験はありませんか?

「ストレス」というと悪いもの、プレッシャーがかかる場面や、対人関係の問題などを思い浮かべがちですが、実は良いことが原因になることもあるのです!!

たとえば、希望の学校や会社に入れたり、仕事で昇進したり、結婚が決まって幸せの絶頂だったり、出産で新しい家族に恵まれたり…

一見とても素敵でおめでたいことでも不安や緊張が伴うものであれば何でもストレスの原因になってしまうのです。

自分ではうまくいってる、幸せと思っていたことがストレスになっているなんて”まさか…”ですよね。

こんな性格の人はストレス注意

他人に不信感を持ちやすかったり、自分に自信が持てない繊細なタイプの人ばかりがストレスを感じやすいとは限りません。

いつも明るく、リーダータイプの人なども実は知らず知らずのうちに限界までストレスを溜めている場合があります。

また、完璧主義で何事もハッキリさせたいタイプの一見心が強そうなタイプの人でも、ストレスが溜まってしまっているかも。

女性はマルチタスクをこなせる人が多く、また、努力家が多い傾向があります。

今の時代、女性は勉強、仕事、恋愛、育児、自分磨き…と頑張りたいことがたくさん。 辛いことを我慢するストレスだけでなく、傍から見れば幸せそうな境遇でもストレスを受けて、溜めてしまっている可能性が。

自分では充実した日々を送っていると思っていたとしても、気づくと心やカラダは疲れ果てて、原因不明のダルさや体調不良に陥っているということもあるかも。

ダルさや謎の体調不良は、ストレスによる女性ホルモンの乱れが原因かもしれません。

ちょっと頑張り過ぎている・ストレスがあるかも、と気づいたら少し自分の身をおく環境を変えてみたり、自分にやさしくして、頑張るのをお休みしてみましょう。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
woman-1293658_1280

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします