baby-feet-836867_1920

無痛分娩は本当に痛くない?無痛分娩のメリット・デメリット

出産に対しての恐怖を取り除き、普通分娩より痛みもなく産後の回復が早いといわれている無痛分娩。欧米では主流な分娩方法です。物凄く痛いよりは、ちょっと痛いかなのほうがいいですよね。ここでは、気になる無痛分娩の方法やメリット、デメリットをご紹介したいと思います。

初めての出産は誰もが不安になるものです。出産=痛いが一般的な認識ですが、今は痛みを最小限にした無痛分娩という選択肢もあるんです。

少子化が懸念される近年、第2子へと繋げるためにも、より良いお産を迎えることが重要です。

ここでは、気になる無痛分娩のメリット・デメリットをご紹介します。

日本で普及しないのはなぜ?

欧米では主流な無痛分娩。約8割の女性が無痛分娩で出産しているといいます。無痛分娩が主流といっても過言ではないでしょう。

しかし、日本ではそれほど普及していません。

医療技術はあるのに何故?

理由① 無痛分娩が出来る施設が限られている

無痛分娩は麻酔科医がいるもとで行われます。そのため、日本では無痛分娩が出来る施設がまだ少なく数が限られています。

理由② 分娩への固定概念が捨てきれない

日本特有の“痛みを経験してこそ一人前”という昔ながらの風潮が残っていることも原因です。本当は無痛分娩に興味があっても周囲の目を気にしたり、親族から反対されたりする方も少なくありません。

理由③ 高い分娩費用

無痛分娩は普通分娩の費用に麻酔分の費用が加算されます。大体3~16万円。これは個人病院、総合病院、大学病院の実施する施設によって金額が違います。

無痛分娩は本当に痛くないの?

無痛分娩は、硬膜外麻酔という麻酔を使って下半身の神経をブロックした状態でお産をする分娩スタイルです。

陣痛中に背中と背骨の間に針を刺し、髪の毛程度の細さのカテーテルを挿します。カテーテルを挿す前に表皮麻酔をするので激痛ではありません。

ただし、カテーテルを押し込む時に“背中に異物が入っていく”鈍痛のような感覚はあります。カテーテルを挿したら、あとは子宮口が開いていくのを待つだけ。

ある程度の陣痛を経過し子宮口7cmを目安に、麻酔を注入していきます。

完全に無痛なの?

従来の無痛分娩は、完全無痛ではなく痛みを和らげる「和痛分娩」です。多くの産院が和痛を推奨しているようです。

完全に無痛にすることにより、陣痛の力もいきむ力も抑えてしまい、お産がなかなか進まなくなるからです。

ある程度子宮口が開いてからの麻酔が適切なのです。麻酔の分量や濃さの調節をすることで、より良い陣痛を経過することができます。

いきみ中と後産処理は無痛!

いきむ時はお腹が張るので感覚がわかります。胎盤を出したり、会陰切開後の縫合といった産後処理の痛みは、ほぼありません。

無痛分娩のメリット・デメリット

●メリット
無駄な力を入れる必要がないため、疲れにくいです。

産後の回復が早いため、上の子の子育てをしないといけない2人目以降のママにおすすめ。

麻酔量の調節が可能で、痛みの強度も調節ができます。

麻酔がちゃんと効いていればほぼ痛みはなく、産むことができます。会陰切開中はもちろん無痛です。

●デメリット
陣痛時間が短いと麻酔が効くまでに強い陣痛が来てしまい、それなりの痛みを感じることもあります。

お産の進みを妨げる可能性があるため、陣痛はある程度経験して子宮口が開いてから麻酔を投入する医師が多いです。

また、お腹の張りは感じるものの、いきむ際に力が入りにくいこともあります。

うまくいきめず吸引分娩になる場合もあります。産後数時間は下半身が動かないので尿道カテーテルはしたままになります。

納得のいくバースプランを

日本ではまだなじみのない無痛分娩ですが、徐々には増えてきています。

痛みを経験しないから母性がないなんてことはありません。

無痛分娩も帝王切開も立派なお産。母性も皆同じ。バースプランは人それぞれです。

自分が満足のいくバースプランを立てましょう。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
baby-feet-836867_1920

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします