5-20-妊娠中も飛行機に乗っていい?飛行機に乗るなら知っておきたいあれこれ_10387001120

妊娠中も飛行機に乗ってよい?飛行機に乗る前に知っておきたいあれこれ

妊娠中の生活で気になることのひとつが飛行機に乗ってもいいかどうか。妊娠中でも体調が良く、妊娠初期や後期を避ければ問題なく飛行機に乗ることができるとされています。予約する座席のコツや持ち物など、安心して妊娠中のフライトに楽しむために注意しておきたいポイントをまとめました。

妊娠中であっても旅行や里帰り出産などで飛行機に乗るママは少なくありません。

飛行機での移動は上空で環境も異なり、長時間身動きがとりにくい状態であるため、妊娠中のママにとっては心配事が多いもの。

飛行機に乗ってもよい期間、赤ちゃんへの影響など、妊娠中の飛行機について気になることをまとめました。

妊娠中の飛行機、いつからいつまで乗ってもよい?

まずは航空会社の規定を確認しておこう

妊娠中に飛行機に乗る場合、確認しておきたいのが航空会社の規定です。

国内線では基本的には出産予定日28日以内になると、医師の診断書や同意書が必要です。

また、さらに出産予定日間近になると医師の同伴が求められることも多いです。航空会社各社によって微妙に異なるため、事前に規定を確認しておきましょう。

 

カラダが安定しているとき、医師に相談したうえで搭乗しよう

妊娠は病気ではないことはもちろんですが、それでも通常のカラダの状態ではありません。

旅行や里帰り出産など自分で予定を決められる場合には、妊娠初期や出産直前は避けるのがベター。

比較的カラダの状態が安定しやすい妊娠12週~28週の間がよいでしょう。

ただ、切迫早産や妊娠中毒症などの状態なら危険な場合もあるため、事前に医師に相談しておくと安心です。

 

飛行機に乗ることで赤ちゃんに放射線の影響はある?

飛行機に乗ると、電磁波や放射線の影響が心配というママもいるかもしれません。

しかし、国内の移動や妊娠中1~2回のフライトであれば問題ないというのが一般的です。

妊娠中に飛行機に乗ったことによる赤ちゃんへの影響について発表されている事例はなく、短時間であれば妊娠中でも問題ない程度といわれています。

また、飛行機に乗る前に身体検査のゲートをくぐりますが、これは基本的に金属探知機であり、放射線ではないため、心配することはありません。

 

飛行機に乗る前に準備したいチェックポイント

ゆったりできて身動きの取りやすい席を選ぶ

妊娠中、特に後期はトイレが近くなることや、エコノミークラス症候群を予防するために足を伸ばして血流をよくすることを踏まえ、座席を選ぶ際は身動きが取りやすい通路側の席を選ぶなど工夫をしましょう。

また優先席を利用できるか確認しておくのがいいですね。

関連記事:

 

持ち物や飲み物も確認しておこう

妊娠中は母子手帳と保険証を携帯します。

預け入れる大きな荷物ではなく、飛行機の中に持ち込む手荷物の中に入れておきましょう。また、機内は乾燥しやすく、多くの乗客と過ごすことになるため、マスクを着用することも大切です。

そして、機内ではこまめに水分補給をしましょう。

ただし、フライト前の炭酸飲料は控えて。炭酸ガスが、お腹の張りや胸焼けの原因になる場合もあるからです。

 

体調が悪いときは無理をしない

妊娠初期はつわりがひどかったり、後期でも貧血や高血圧になったりなど、妊娠中は何かと体調に変化が起こりやすい状態です。機内は閉鎖的な環境で不自由なうえ、気圧や温度もいつもと異なります。

また、長時間同じ姿勢で過ごさなくてはいけないため、カラダの調子も変化しやすいです。
飛行機に乗る場合は無理をせず、自分の体調と相談してから搭乗するようにしましょう。あらかじめ担当の医師に相談しておくことも大切です。

 

妊娠中のフライトはリラックスして楽しもう!

妊娠中に飛行機に乗る際は気を付けることがたくさんあります。今回挙げた注意点を確認しながら、安全な移動になるよう、航空会社の座席指定や優先搭乗などの妊婦サービスを活用しましょう。飛行機に乗るかどうかは、体調ともよく相談し、乗ると決めたら機内では、カラダを保温できる服装で首枕を使ってリラックスして過ごしましょう。

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
5-20-妊娠中も飛行機に乗っていい?飛行機に乗るなら知っておきたいあれこれ_10387001120

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします