20140707104235-2861-319_thumbnail

いつまでも尽くされる彼女でいる方法・4つ

付き合いたての男性は彼女の喜ぶ姿を見たいと強く思っています。しかし、しばらく経つと自分のモチベーションも下がり、彼女も尽くされることに慣れてしまいます。そうしていくうちにマンネリや倦怠感が生まれ、女性も愛されていると実感しにくくなります。

そうならないためにも今回は、いつまでも尽くされる彼女でいるための方法をご紹介したいと思います。

1.まずは自分から尽くす

「相手が自分に尽くしてくれてるなって思ったら、返さなきゃって必死になるね。自分ばっかり尽くしても報われてない感じがして嫌。彼女のわがままだけに付き合うのはつらい」(26歳/保険) 
男性から尽くされたかったらまずは自分から尽くすことです。自分だけがいい思いをしようなんてダメ。見返りを求めずにまずは自分から。気持ちが伝われば必ず相手もお返しをしてくれます。尽くされたいと思う前にまずは彼を喜ばそうと思うことから始めましょう。

2.尽くされた時に大喜び

「彼女サービスしても、あんまり喜んでくれなかったらテンション下がるよね。次からはそんなに頑張ろうと思えないかもしれない。いつでも喜んでくれたらいいんだけどね」(24歳/メーカー)
男性に尽くされたらとにかく大きなリアクションをとる。これが鉄則です。「めちゃくちゃ嬉しい!」「こんなの初めて!」とオーバーに喜んでください。「こんなに喜んでくれるんだ」「頑張って良かった」と彼が尽くしがいを感じてくれます。そして「素敵な彼と付き合えて良かった」と褒めましょう。その言葉が素敵な彼でいようと頑張らせるのです。

3.人に話す

「自分のサプライズとかを友達の女の子とかに自慢してるのとか嬉しいよね。自分のいないところでも褒めてくれてると思うと、また頑張って思い出つくってあげようと思う」(25歳/教育)
男性のプライドをくすぐることが尽くされることにつながります。彼の尽くしてくれるいい彼氏像を色々な人に言えば喜びます。そしていい彼氏だと宣伝し続けると彼もそういうキャラになります。一度キャラをつくりあげれば彼もその評判を崩したくありません。また友達に話してくれるよう、定期的に尽くしてくれるようになります。

4.願望を言う

「彼女を喜ばすのって難しいよね。普段からあれが欲しいとかあそこに行きたいとか言ってくれれば叶えやすい。何もヒントを出してくれない子だと結構しんどい」(26歳/放送)
男性はゼロから彼女を喜ばせようと考えると大変な労力を感じます。重い腰をあげるためにも、普段からしたいことや欲しい物のヒントを出して行きましょう。彼女が今何を欲しているか探らなくてもわかっていることが、サプライズのしやすさにつながります。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
 男性だって好きな彼女のために尽くしたい気持ちはあります。あとはどう彼を乗せて誘導するか。そして彼自身を気持ちよくさせるかにかかっています!今日からヒントを出して、彼に尽くしてみましょう。
 (白武ときお/ハウコレ) 

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

howcolle_logo
恋愛とメイクを楽しむ女の子のためのハウツー情報を提供中!
20140707104235-2861-319_thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします