argument-238529_1280

生理でイライラ!彼氏にやつあたりする前に知っておきたいその原因と解消法

生理前から始まるイライラは、多くの女性が感じる悩みかもしれません。女性ホルモンの影響を受けて、生理前や生理中は、何かと過敏な状態にあります。彼氏にやつあたりする前に、イライラの原因を知り、解消法を探ってみましょう。

生理が近づくと、ちょっとしたことにイライラしてしまう……生理期にありがちな感情の変化は、多くの女性が持つ悩みのひとつかもしれません。

ホルモンの影響から起こることであり、自分では気づきにくいのも難しいところ。ただ自分がイライラするだけならいいけれど、周囲や彼氏にやつあたりしてしまうようでは、後になって相手との関係に影響することもあります。

では、なぜ生理によってイライラが起こるのか、本当にコントロールできないものなのか……女性ならではのカラダの仕組みについて確認してみましょう。

 

生理前から始まるイライラの原因

生理前のイライラは、排卵期を迎えたあたりから始まります。感情が不安定になるだけでなく、胸や腰に痛みを感じる人も少なくありません。

こうしたカラダの変化は、女性ホルモンの変化による影響が大きいと言われています。
生理は、女性が妊娠出産を行うために必要な現象であり、閉経までの数十年間にわたって、毎月起こります。そうした体内サイクルを回しているのが、女性ホルモンです。

妊娠準備に関わるエストロゲン(卵胞ホルモン)と、妊娠後の状態維持を行うプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があり、分泌量を変化させながら、排卵や生理を起こしています。
排卵前にはエストロゲンの分泌が多くなり、排卵後は、プロゲステロンの量がぐんと増えます。この2つのホルモンが入り混じり、さまざまなカラダの変化を招くことから、イライラが起こります。

ホルモンの影響から、肌荒れや便秘、胸や腰のハリ、さらには、感情への刺激まで、心身ともに大きく揺れ動くというわけです。

一般的に、PMS(月経前症候群)と呼ばれる症状も、2つのホルモンバランスが変化する排卵期あたりを堺に生理前までの期間に起こるもの。

ひどい場合には、イライラだけでなく、やる気や集中力の低下、憂うつ感、興奮といった心の症状が出やすくなります。

 

生理中のイライラは、病気の可能性も?

生理前はイライラしていたけれど、生理が始まるとスッキリ……となればよいのですが、人によっては、生理が終わるまでイライラが続く人もあります。

ホルモンサイクルから見れば、生理が始まることによってホルモンの分泌も落ち着くため、その影響も減るとされています。なのになぜ、生理中までイライラしてしまうのでしょうか?
生理が始まると、女性ホルモンの分泌量はぐんと減り、その影響も少なくなります。

すなわち、生理中のイライラにはホルモンの他にも原因があるというわけです。例えば、貧血も理由のひとつ。生理によって出血が続けば、血液量が減り、貧血症状も出やすくなります。

貧血とは、血液中で酸素を運ぶ赤血球が少ない状態です。いわば、体内の酸素が不足しているということ。貧血がひどくなると、脳に必要な酸素が不足しやすくなり、判断力の低下やイライラを招くというわけです。
もうひとつが、血糖値の不安定によるイライラです。生理前からチョコレートなど甘いものが無性に欲しくなる女性もいますが、甘いものを食べ過ぎると血糖値が乱れてしまい、自律神経にも影響します。

そうして、イライラだけでなく、疲れやすい、興奮しやすい状態が続いてしまうというわけです。

 

生理のイライラ解消法

ホルモンや体内の状況の変化で起こってしまう生理のイライラですが、ちょっとした工夫で緩和されやすくなります。では、実際にどんな方法が役立つのでしょうか?
まずは、なによりリラックスして過ごすことが第一です。ストレスがあるとホルモンが乱れやすくなり、ますます刺激を受けることに。

好きな音楽を聴く、足湯をする、無理をせずに休むといったストレス解消を心がけましょう。

もうひとつ意識したいのが、食事の見直しです。甘いものを食べすぎると、生理前だけではなく、生理中までイライラが続くかもしれません。

同じように、カフェインの取りすぎは、興奮を招くため、できるだけ控える方が良いでしょう。
また、どうしてもイライラがひどく、無意識に暴力的になっていたり、自傷行為を行ったりするような場合には、ホルモンバランスを整える治療をおすすめします。

婦人科による薬や漢方を使った治療で、症状が落ち着く場合があります。症状が強い場合はなんらかの病気が関係する可能性もあるため、気になる方は専門家に相談してみましょう。

 

彼氏とケンカしないためのコツ

生理の時期に彼氏とのデートが重なったら、それだけでなんとなく気分も憂うつかもしれません。

とはいえ、生理のたびに彼氏とケンカしていたら、良い関係を続けるのは難しいかも……。
生理のイライラを彼氏にぶつけてしまったとしても険悪なムードにならないよう、前もって彼氏に生理の周期を伝えておくといいでしょう。

また、ホルモンの影響で、そうした症状が出てしまうこともきちんと話すこと。

悪気があってイライラするわけではないことを知ってもらい、リラックスできる環境をつくってもらいたいですね。

また、どうしても不安定な時は、デートをお休みすること。感情が落ち着いてきたら、改めて、自分の気持ちを伝えるようにしましょう。

 

なにより、無理なくリラックスして過ごすこと

女性に多い生理前後のイライラは、ホルモンがなせるもの。無意識に怒っていたり、悲しくなったりとコントロールしにくいものです。

感情の変化があると、なんとなく自分を責めてしまいがちですが、そんな時も、ホルモンのせいだと理解して、無理せずゆっくり過ごしたいですね。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
argument-238529_1280

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします