girl-850117_1280 (1)

気になる生理の臭いの対策法とは?病気のこともある生理中の臭い

まさか自分も臭ってる!?生理の時に臭いが気になる原因は??正しくケアすることで気になる臭いを抑えましょう。いつもと違う臭いから病気が分かることも。正しい臭い対策法を知り、デリケートゾーンの健康を保つための情報を紹介します。

気になる生理のときの独特の臭い……。臭いが気になりだしたら、なんとなく人と会うのを憂うつに感じたり、周囲の反応が気になって仕事に集中できなかったりする人もいるのでは?

生理中の臭いが気になるなら、まずは原因を知り、正しくケアすることが大切です。間違った方法を選んでしまうと、かえって不快な臭いになってしまうかも。また、いつもと違う臭いから病気が分かることもあるので、自分の状態をチェックするところから始めましょう。

 

生理中に気になる臭いの原因

生理によって起こる臭いの原因は、主に経血の酸化と雑菌の繁殖によるものです。経血は、血液と子宮内膜の分泌物。本来、経血そのものに臭いはありません。

しかし、体の外に出て空気に触れることで酸化したり、雑菌が繁殖したりするとイヤな臭いが発生してしまうのです。

また、生理中にホルモンバランスが崩れると、たんぱく質や脂肪を含んだ汗をかきやすくなる傾向があります。

こうした成分を含んだ汗は、雑菌が繁殖するための栄養分になりやすいのです。結果として、臭いの発生につながることもあるというわけです。

 

生理中の臭いへの対策法

臭いが気になって、香水やデオドラントスプレーを利用する人がいるかもしれません

。しかし、いろんなニオイが混じって、かえって不快に感じることも。ケアをするなら、まずは臭いの元を見直すこと。自分に合った方法を試してみましょう。

 

ナプキンをこまめに変える

基本中の基本ともいえる、ナプキンの取り換え。こまめにナプキンを変えるのが最も簡単なケアです。

ナプキンをいつまでも変えないでいると、経血が長い時間空気にさらされることになり、臭いやすくなります。

高品質なナプキン素材で肌に当たる部分がさらりとしていても、経血は空気に触れ続けています。肌あたりが気にならなくても、定期的に交換しましょう。

 

タンポンを使ってみる

ナプキンをひんぱんに変えることができない場合は、タンポンを使ってみましょう。体外に出さずに経血を吸収できるので空気に触れることが少なくなり、臭い対策に効果的です。
タンポンを使ったことがない場合、まずはアプリケーター付きのタイプを試すのがオススメです。

 

アンダーヘアの手入れをする

雑菌による臭いの発生を抑える方法として、アンダーヘアのお手入れがあります。脱毛することで、繁殖する雑菌が毛につかなくなり、臭いの元が広がりません。

アンダーヘアの脱毛部分である「VIO」の「I」の部分だけでもOKです。

 

清潔をこころがける

ヨーロッパの一部地域では、ビデを使ってデリケートな部分の清潔さを保つ習慣があります。

日本でも、一般的な温水洗浄便座にはビデ機能が付いたものがほとんどです。生理中はデリケートゾーンをこまめに洗ってみるのもよいでしょう。

ただし、洗いすぎは良い菌まで流してしまうため、逆に菌の増殖を引き起こす可能性があるので、注意が必要です。

 

デリケートゾーン専用ソープ

ビデの使用が難しいと感じたら、肌にやさしいデリケートゾーン専用のソープを使ってきれいに洗うのもよいでしょう。

洗浄力が弱く、肌への刺激が少ないのが特徴。良い菌(常在菌)まで洗い落とさず、デリケートゾーンをおだやかな状態に保ってくれます。肌にやさしい弱酸性のもの、ナチュラルな原材料で作られているものなどを選んでみてください。

 

洗浄方法を見直してみる

デリケートゾーンは入り組んだ構造で、洗いにくいものです。ほかの部分と同様に適当に洗っただけでは、汚れが落ちていないこともあります。

まずは、ソープをよく泡立てて、毛のすき間や根元にまで洗浄成分がいきわたるようにしましょう。
ゴシゴシこすらず、あくまでもやさしく、指の腹でさするように洗うこと。デリケートゾーンの外側だけでOK。膣の中まで洗うと、雑菌だけでなく常在菌まで洗い流してしまうことになるのでNGです。

 

いつもと違う臭いには、病気の可能性も

日頃から丁寧にデリケートゾーンをケアしているのに、臭いが気になるようなら要注意。もしかしたら、体内で何かが起こっているかもしれません。

例えば、子宮内膜症や子宮筋腫といった子宮の病気になると、経血量が多くなります。すると、酸化や雑菌繁殖のスピードも早くなり、臭いが強烈になりやすいのです。

いつもの生理中の臭いとはちょっと違うなと感じたら、婦人科を受診してみるのもよいでしょう。

また、大きな病気でなくても、ストレスや疲れから体力が落ちると、免疫力もダウンし、それだけで膣内に雑菌が繁殖しやすい環境を作ります。

菌に反応しておりものが増え、それが経血と一緒に出てしまうことで、さらに臭いの原因となるわけです。なにか変だなと思ったら、まずは専門家に相談するのをおすすめします。

 

清潔にして気分もさわやかに

生理中の臭い対策は、何より清潔にしておくことが大切です。ナプキンやタンポンはこまめに変え、デリケートゾーンを洗浄し、臭いの元を減らしましょう。
また、臭いがストレスになりすぎるのも、免疫力の低下につながります。生理中は、できるだけゆったりとしたスケジュールを組み、気分よく過ごせるようにしましょう。

それでも臭いが気になるようなら、早めに病院へ行き、専門家に相談してくださいね。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
girl-850117_1280 (1)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします