pixta_20683473

生理前だと思っていたら妊娠?妊娠超初期症状をチェック

生理前のどよーんとした不調な時期ってつらいですよね。でも、もうすぐ生理と思っていたら、実は妊娠の症状だったということがあるようです。

妊娠して間もない妊娠超初期と生理前の症状はとても似ています。妊娠しているかどうかを早く知るために、違いを覚えておきましょう!

生理前だと思っていたら、妊娠していた?

生理周期に沿って、女性のカラダは変化しています。

仕事が忙しくていつ生理がくるのかうっかり忘れていても、なんとなくだるかったりお腹が痛かったりという体調の変化で、生理が近いことにハッと気付いたりしますよね。

ところでこの生理前に特有の症状と、妊娠の超初期の症状が似ているのをご存知ですか?

「もしかして妊娠かも!」とうきうきしていたら生理だった、「生理だと思っていたら実は妊娠でびっくり!」など、両者にはかなり共通するところがあるようです。

大切な命を授かったことがわかったら、ママは自分のカラダを労わるようになります。

「赤ちゃんが欲しい」と思っている女性は、なるべく早いうちに妊娠のサインを知りたいものですよね。

妊娠に気付かずに無理をしてしまったということがないよう、おめでたい兆候を早めに見極められるように、両者の違いを知っておきましょう。

妊娠超初期症状っていつ出るの?

女性が妊娠に気付くのは、赤ちゃんがお腹に宿ってから2ケ月目(妊娠34週)くらいが多いようです。この頃は妊娠「初期」と呼ばれます。

一方で妊娠「超初期」というのは、受精卵ができて子宮に着床するまで(妊娠03週)の約1ケ月間をいいます。

妊娠超初期にはhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンの分泌が始まります。妊娠検査薬は、尿の中に排出されるこのhCGというホルモンの有無を調べています。

hCGは受精卵が育つ子宮をつくるのに必要なプロゲステロン(黄体ホルモン)というホルモンを増やします。このプロゲステロンは毎月、生理前に多くなる女性ホルモンです。

生理前に「だるくなる」・「眠くなる」・「イライラする」・「食欲が増す」など、いろいろな症状がでる方が多いと思います。この生理前の症状を引き起こすプロゲステロンが妊娠超初期にも多くなるため、生理前と間違えることが多いのです。

妊娠超初期症状は、生理前の不調に似ている!

プロゲステロンという同じホルモンの影響を受けることで、妊娠超初期症状と生理前の不調は似てきます。

生理前と間違えやすい、妊娠超初期症状の主なものはこちらです。

●眠い、だるい

プロゲステロンは眠気を誘う作用をもっているためです。

●便秘、下痢

プロゲステロンは子宮の筋肉に作用し、流産を防ぐ役割を担っています。子宮と大腸は近くにあるため、子宮の筋肉の収縮に関係して大腸の下痢や便秘が起こります。

●胸が張る、乳首が痛い

プロゲステロンは乳腺を発達させます。胸が張る、乳首が痛いといった症状は乳腺の刺激によるものです。

妊娠超初期症状と生理前の不調、その違いは?

同じホルモンが増えるなら、それによる症状が似てしまうのは納得ですよね。
でも細かくチェックすると両者の違いもわかってきます。

●おりもの

妊娠していない場合、排卵日あたりが最も多く、排卵終了に合わせて減ります。そして生理が近くなると少しずつ量が増えていきます。

妊娠している場合は、生理予定日の1週間前あたりから排卵日と同じくらいのおりものがみられます。

●お腹の痛み

生理前はいらなくなった子宮の組織をカラダの外に出すために子宮が収縮するので、内側に向かって絞られるような痛みを感じます。その一方で妊娠では受精卵を育てる子宮内膜を厚くするために子宮が膨張します。生理前と違う外側に拡がるような痛みとなります。

●食べ物の好みの変化

生理前になるとケーキやチョコレートなど、甘いものが無性に食べたくなるという女性は多いのではないでしょうか。こうしたストレスが関係するいつもと違う食欲は妊娠超初期にもみられますが、違いは好みの変化。いままで好きだったものが嫌いになる、あるいはその逆が顕著になったら、妊娠しているかもしれません。

生理前?妊娠?どちらか知るには、基礎体温が有効

いつもの生理前の症状なのか、妊娠なのかを正確に区別するには、基礎体温が役に立ちます。

ひと月の基礎体温は低温期・高温期のふたつに分けられます。生理前の1115日は高温期が続き、生理が始まると体温が下がり低温期となります。

妊娠していると生理開始予定日以降でも高温期が続きます。16日以上高温期が続くなら、妊娠の可能性があります。日頃から基礎体温をつけて、自分のカラダの状況を把握しておくことが役に立ちます。

 

妊活中の方は、生理が来るまで「これは妊娠超初期症状では!?」とちょっとしたカラダの変化にも敏感になり、もしかして妊娠?生理前かな?と一喜一憂…なんてこともありますよね。

妊活中の方も、避妊希望の方も妊娠の兆候が現れはじめたころにはカラダがママになるためにスタートを切っているかも。

ルナルナファミリーは妊娠したい!という妊活中の方の体調管理や、排卵日をお知らせ。また、妊娠初期から、お腹の中の赤ちゃんが今どんな状態なのか確認することができますよ。

 

img_27

family_07_banner

気になることがあったら、早めに産婦人科へ

女性のカラダは繊細なので、ちょっとしたことで体調を崩したり、生理が遅れたりすることってよくありますよね。

自分のカラダの不調に早めに気付くことができれば、早めの対処ができて安心です。そのためには普段から基礎体温をつけるほか、自分の生理周期や生理の状態をしっかりと把握しておくとよいでしょう。

妊娠検査薬が陰性でもなかなか生理がこなかったり、おりものに変化があったり、女性特有の症状で「いつもと違う」・「不調がずっと続く」と感じたら、早めに産婦人科を受診するようにしましょう。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
pixta_20683473

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします