pregnant-1438139_1280

妊娠中に罹ると怖い感染症!麻疹(はしか)が妊婦に与える影響は?

感染力が強く、妊婦が感染すると重症化しやすい麻疹(はしか)。おなかの赤ちゃんへの影響は?妊娠希望の方や家族は特に注意が必要な麻疹(はしか)対策とは?

麻疹(はしか)とは?

麻疹(はしか)は感染力がとても強い感染症。

空気感染、感染者のせきやくしゃみなどの際の飛沫(ひまつ)感染、接触感染など様々な経路で感染を拡大します。

免疫を持たない人がウイルスに触れると90%以上が感染すると言われていて、感染した場合、ほぼ100%の確率で発病します。

 

麻疹の症状は?

初期にはくしゃみや鼻水、38℃前後の発熱など、風邪をひいたときのような症状になります。また目やにや目の充血など目のトラブルを伴うことがあることも。

次に、口の中の粘膜に、小さい白い斑点が出るようになります。

その後3~4日ほどで熱は下がって風邪の症状も治まったかのように思われますが、およそ半日後にまた発熱を繰り返すと同時に少し盛り上がったような赤い発疹が体中にあらわれるのが特徴です。

 

症状は10日~2週間程度でおさまることが多いとされていますが、まれに肺炎や中耳炎などを合併することがあります。

また、大人になってからかかると重症化しやすく、カラダの抵抗力が下がることによって脳炎や心筋炎などを併発しやすいといわれていますので、注意が必要です。

妊娠中は抵抗力が通常時よりさらに下がるため、重症化しやすく、おなかの赤ちゃんへの影響が出ることも少なくないので注意が必要です。

 

妊娠中の麻疹感染、赤ちゃんへの影響は?

妊娠中の女性が麻疹に罹ってしまうと、症状が重症化しやすく、母体が危険な状態となります。

妊娠中に麻疹に罹った場合、赤ちゃんに先天性の奇形が生じる確率は少ないとされています。

ただし、妊婦自身が麻疹の症状が重症化しやすいため、流産や早産を起こしたり、またおなかの中で胎児が死亡してしまう確率が高くなります。

 

妊娠中に麻疹(はしか)感染を乗り切ったとしても、生まれてきた赤ちゃんに危険があるのも見逃せません。

通常、麻疹の症状は子供のときに罹る場合は軽いとされていますが、麻疹(はしか)の抗体がない母親から生まれた赤ちゃんが、ワクチンを接種する前の1、2歳くらいの時期に麻疹に感染してしまうと重症化することが多くなります。

 

妊娠に備える麻疹対策は?

まずは、今後妊娠を希望する方が今、麻疹に対してどのような状態なのかを確認する必要があります。

 

■確認事項

・麻疹に罹ったことがある

罹ったときに抗体価を調べて「風疹」「麻疹」と診断されたのであれば、抗体を持っているので再感染の心配はありません。

麻疹のような症状があっただけで、抗体価を調べていない場合、もしかしたら麻疹ではなく別のウイルスに感染していた可能性もあります。

そのような場合は、風疹・麻疹抗体価を改めて調べておくと安心です。(過去の記憶や親などの記憶だけに頼って抗体があると判断するのは危険です。)

 

・麻疹に罹ったことは無いが、ワクチンは接種した

ワクチンを接種しても抗体を獲得できていない場合があります。妊娠前に、改めて抗体価があるのか調べておくと安心です。

 

・麻疹に対して抗体があるかわからず、罹ったことがあるかも不明

まずは妊娠前に抗体価を調べましょう。必要に応じて、ワクチンを接種することができますが、ワクチン接種後2ヶ月は避妊が必要になります。

 

妊娠を希望するなら確実に確認を

妊娠中はもちろん、元気に生まれてきた後の赤ちゃんにも影響が出る麻疹感染症。

将来妊娠を希望している方は、ぜひ今、自分が麻疹(はしか)という感染症に関してどのような状況に置かれているのか確認が必要です。

妊娠前から、生まれてきた赤ちゃんのことも考えて対策が出来るといいですね。

麻疹に関して調べたい、麻疹に罹ってしまったかもしれないと思った場合には、内科病院に連絡してみましょう。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
pregnant-1438139_1280

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします