20160708121113-3077-548_raw

イライラ注意…!「生理前の女性の態度」に対する男性の本音4つ

生理が近づいてくるとワケもわからず落ち込んだり、食欲が爆発したり……と精神的にも肉体的にも辛い状態に振り回されるPMS(月経前症候群)。
PMSには眠気やイライラ、頭痛やむくみなど様々な症状がありますが、PMSだと自覚がないまま彼氏に当たり散らしてしまっている女性も多いようなのです。

実は、筆者もPMSという言葉を知る前までは生理前の異常な眠気やむくみの酷さ、落ち込みにずっと悩まされていました。
精神的にもネガティブになりやすいこの時期、彼と別れたくなるのは、決まって生理前……という女性もいるかもしれません。

そこで今回は20代〜30代の男性に、彼女や妻のPMSでこうむった被害についてアンケートしてみました。

「なんで当たられるのかわからなくて怖い」

「普段と変わらない行動をしているだけなのに、勝手に当たり散らしてくるので怖い」(27歳/エンジニア)
「ちょっとしたことでいきなりキレるようになるので関わらないようにしてます」(30歳/Webデザイナー)
原因がPMSだとわかっているツワモノの男性は、その時期が近づいてくるとなるべく刺激しないように手帳にメモしてあるのだとか。

「事前にわかってるなら予定をずらして欲しい」

「前から約束していた温泉旅行なのに『テンション上がらないから行かない』と急にドタキャンされたことがあります。あとで生理前だったからって謝られましたが、事前にわかっているならずらすなり何なりできたはず」(32歳/コンサルタント)
突発的な風邪などと違って、生理の時期はある程度予想がつきますよね。その期間にデートや旅行の約束を避けるのも賢い選択だと言えるのではないでしょうか。

「暴力はやめて欲しい」

「前付き合っていた彼女がPMSの時期は別人のように。急にキレて物を投げてきたり、こちらが曖昧に返事をしただけで泣きながら叩かれたりして参りました」(29歳/商社勤務)
体調の問題で仕方がないとはいえ、生理のない男性にはなかなか理解できない状況です。あまりにも振り回しすぎると別れのきっかけにもなってしまいますね。

「暴言を吐きまくって開き直るのはやめて欲しい」

「僕の人格を否定するような暴言を吐いたり、別れると喚き散らしたりした後に我に返って『でも、生理なんだからしょうがないでしょ』と開き直って自分を正当化する子がいました。これが毎月続くのかと思うと、普段いい子でも無理でした」(24歳/IT)
彼女のPMSに耐え切れずに別れたケースも。病院にかかったり、規則正しい睡眠や食生活を心がけていたりしても、ひどいPMSなら仕方がない……と受け入れる男子もいるようですが、この方のケースでは改善の努力を見せずに開き直って当たり散らしていた彼女が許せなかったようです。

おわりに

様々なことがきっかけで悪化しやすいPMS。漢方薬やピルなどで劇的に改善するケースもあるようですが、まずは自分がどんなことでイラッとしやすいのか、どんなときに落ち込みやすいのかということをメモしてみると良いかもしれませんよ。
パターンがわかれば、彼に「私がこんなサインを出していたら、こうして」と言いやすくなりますよね。
また、自分の体のリズムを把握しておくと過ごしやすくなるので、生理日を記録するのもオススメです。
(上岡史奈/ライター)
(ハウコレ編集部)

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

logo_howcolle
恋愛とメイクを楽しむ女の子のためのハウツー情報を提供中!
20160708121113-3077-548_raw

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします

ランキング / rankings