20160708115838-3286-456_raw

マジでやめてくれ…男がゲンナリする女子からの「重いLINE」4パターン

好きな男性や気になる男性には、ついついLINEを頻繁に送りたくなってしまうものですよね。

でも、自分では気づかないうちに、「重い」内容のLINEを送っていたりすることもあるので気をつけないといけません。

そこで今回は、男性がゲンナリしてしまう女子からの「重いLINE」を紹介します。

1.「連続」で送信されてくる

「こっちが返信をしていないのに、何通も連続で送信されてくると、もはや怖いとしか思えませんね。かまって感が強すぎて、ドン引きしちゃうだけなのでやめてほしいです」(27歳/アパレル)
LINEは会話のキャッチボールをするためのツールです。
それなのに、一方的にメッセージを送信しつづけたりしたら、そりゃ怖がられちゃうのも当たり前。
スマホを見たときに、LINEの未読数が何十件にもなっていたら、怖すぎて見る気も失せるでしょうね。
返事が待ちきれないという気持ちなのかもしれませんが、ちゃんと相手の返事を待つようにした方がいいですよ。

2.「長文」のメッセージが多い

「LINEで長文を送られると、それだけでかなり重く感じますよね。スクロールしなきゃ読めないような文章がきたら、もううんざりして読む気も一気に失せちゃいます」(28歳/不動産)
LINEは短文でポンポンと会話を交わすのが一番向いています。
画面を占めてしまうような長文を送ると、それだけでかなりの圧迫感を与えちゃうもの。
送られた側は、読むだけで疲れちゃいますし、うんざりもしてしまうでしょう。
好きな男性とは話したいこともたくさんあるでしょうから、つい長い文章になってしまうのもわかります。ですが、やりすぎるとあなたとLINEをすること自体嫌がられてしまいますよ。

3.「SNSを見たよ」と言ってくる

「『ツイッター見たけど、ラーメン食べたんだね』とかLINEで送られてくると、めちゃくちゃ怖いですね。そういうLINEが増えてきたら、ちょっと距離を置きたくもなります」(25歳/建築)
「ツイッター見たよ」とか「フェイスブックに書いてあったけど…」などと言われることが多くなると、男性もだんだんと怖くなってきます。
SNSを監視されているように感じて、ストーカーされているかのような気分にすらなってしまう…。
好きな男性のSNSはついチェックしてしまうのかもしれませんが、それをわざわざ自分から「見てるよ!」とLINEで言っちゃったりするのは絶対にやめましょう。

4.「自己否定」ばかりで暗すぎる

「暗いLINEが送られてくると、こっちまでテンションが下がってしまうのでやめてほしいです。そんな子とLINEをしていても楽しい気持ちには一切なれませんね」(26歳/メーカー)
「どうせ私なんか…」とか「なんかいつもごめんね」といった、暗いことばかり書かれているLINE。
これは送られた男性も、返信にかなり困ってしまいます。
かまってほしかったり、謙虚さをアピールしたかったりするのかもしれませんが、男性からすると見るのも面倒なメッセージでしょう。
自己否定ばかりする女性は、男性の目にはあまり魅力的には映らないはずですよ。

おわりに

LINEで「重い」印象を与えてしまうと、男性も少しずつ距離を置くようになってしまうでしょう。
好きな男性だからこそ、ついつい重い文章になることも多いので、ちゃんと自分でも意識しておくことが大事ですよ。
(山田周平/ライター)
(ハウコレ編集部)
(古泉千里/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

logo_howcolle
恋愛とメイクを楽しむ女の子のためのハウツー情報を提供中!
20160708115838-3286-456_raw

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします

ランキング / rankings