20160706033816-2936-814_raw

ココで見極められる!男子が「好きな女子」にしちゃうLINE4パターン

LINEでの会話内容をちゃんと見てみると、男性があなたのことをどう思っているかがわかってくるものです。

“女”として意識しているのか、それとも恋愛対象としては見てもらえていないのか、見極めることができるでしょう。

そこで今回は、男性が「好きな女性」に送りがちなLINEの特徴を紹介します。

1.返信が遅れたことを「謝罪」する

「返信がちょっと遅くなったくらいで、『遅くなってごめんね』ってちゃんと謝ってくれる男性は、誠意を感じますし、私のことを大事にしてくれているのかなとも思っちゃいますね」(27歳/WEBデザイナー)
「返事が遅くなっちゃってごめん」というひと言は、かなり愛を感じる言葉ですよね。
あなたに対して、紛れもなく好意があるからこそ、出てくる言葉でしょう。
「あなたからのLINEは重要視していない」などとは女性から絶対に思われたくないので、まずはとにかく謝罪をする。
「嫌われたくない」という男性の思いがすごく伝わってくる行為ですよね。

2.よく「恋バナ」をしてくる

「恋愛の話に持っていこうとする傾向が強い男性は、『もしかして私に気があるのかな?』って思っちゃいます。色々と質問とかされると、特にそう思っちゃいますね」(25歳/総務)
「恋愛話」をすることで、好きな女性を恋愛モードに持っていきたい。そう考える男性は少なくありません。
自分自身が、その女性を恋愛対象として見ているからこそ、恋バナがついつい多くもなってしまうのでしょうね。
好きなタイプとか、男のどんなところにグッとくるかなど、具体的な恋愛観に対する質問が多い場合は、かなりあなたのことを意識している証拠かも。

3.「用事がない」のに連絡してくる

「特にこれといった用事とかがあるわけでもないのに、LINEを送ってきてくれると、好意は感じられますね。他愛もない話で盛り上がれるのも、気持ちがあるからなのかなって…」(25歳/販売員)
男性はLINEでダラダラとムダ話をするのが大の苦手。
基本的には、用件があるときにしか、連絡などはしない人が多いです。
もしも、特に用事もないのに、男性からちょくちょくLINEが送られてくるのであれば、それはあなたのことが気になっている証拠。
ガマンしていられずに、思わず連絡をしちゃったってパターンでしょうね。

4.とにかく「褒め言葉」が多い

「なんだかとにかくたくさん褒めてくれると、好きだと思ってくれているのかなって感じちゃうかも。嫌いな相手だったら、そんなに褒めたりしないはずですもんね」(26歳/メーカー)
ものすごくわかりやすいですが、やっぱり男性は好きな女の子のことは、基本的に褒めてあげるもの。
自分に好意を持ってほしいと感じれば、誰だってそうなりますよね。
ただ、面と向かって褒めることは恥ずかしくてできないので、LINEでそれとなく褒めてくるケースが多いです。
そんなにマメなタイプの男性でもないのに、よく褒めてくれる場合は、あなたに気がある可能性大ですね。

おわりに

普段、直接はなかなか言えないようなことも、LINEであれば多少は言いやすくもなるもの。なので、男性の好意などもかなり表れやすいのです。
そういったサインをしっかりと見逃さないようにすれば、恋が生まれる確率もアップするでしょう。
(山田周平/ライター)
(ハウコレ編集部)
(下薗なおこ/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

howcolle_logo
恋愛とメイクを楽しむ女の子のためのハウツー情報を提供中!
20160706033816-2936-814_raw

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします