pixta_19123149

生理が遅れてるときに考えられる原因とは?

「生理が遅れてる!もしかして妊娠?」とあわてた経験を持つ人も多いのではないでしょうか。生理周期は25~38日が正常とされていますが、体調の変化やストレスなどによって、生理日が遅れてしまうことはよくあります。そこで今回は生理が遅れてしまう原因について、妊娠の可能性の有無別に探っていきます。

1~2日くらいの生理の遅れはよくあることなので、あまり心配をすることもありませんが、3日、5日、1週間と遅れると、気持ちに焦りが出てきてしまいますよね。性交渉があった場合は、「もしかして妊娠…?」なんて、ブルーな気分になってしまうかもしれません。

では、なぜ生理が遅れてしまうのでしょう。

妊娠している場合とそうでない場合とに分けて、生理が遅れる原因をご説明します。

生理が遅れてる原因(1)妊娠の可能性がない場合

通常の生理周期は、前回の排卵から約14日後に来るとされているので、予定日よりも3日以上遅れる場合などは、排卵自体が遅れていると考えられます。この場合の生理が遅れてしまう原因に、以下のことが考えられます。

●ストレス

女性のカラダに大きな影響を与えるものの代表格がストレスです。

そもそも生理とは、脳からの指令によって排卵が起こり、赤ちゃんを育てる準備が必要ない場合に生理が起こります。排卵を起こすよう指令を出す脳下垂体は自律神経の中枢にあたるため、ストレスをためこんでしまうと徐々に自律神経が乱れていき、排卵を起こす指令が正常に起こらなくなり、生理が遅れてしまうのです。

●乱れた食生活やダイエット

次に大きく女性のカラダに関わっているのが、日ごろの生活です。

仕事が忙しいからといって、毎日コンビニ弁当やファーストフードばかりを食べていたら、きちんとした栄養は取りにくいですよね。さまざまなサプリメントを飲んでいたとしても、それで万全とは言えません。

栄養バランスが偏ったり、野菜が足りなかったり、ビタミンやミネラルが不足してしまうと、ホルモンバランスが崩れてしまう原因となります。また、ダイエットを目的とした、行きすぎた食事制限などもカラダに負担をかけるだけではなく、ストレスをためてしまう原因にもなりかねません。

食事の炭水化物や脂肪を少しだけ控えたり、適度な運動を定期的に行ったりして、カラダもココロもスッキリするようなダイエットを心がけたいですね。

●不摂生や睡眠不足

毎日忙しく暮らしていると、たまに「昨日は3時間しか寝てない…」というような話を耳にすることがあります。また、仕事の関係上、昼夜逆転の生活をしている人もいるでしょう。

夜の22時~2時の間は、成長ホルモンが分泌されると言われており、この時間に睡眠をとれていない人は、ホルモンバランスが崩れやすくなるとされています。夜更かしをして週末はお昼過ぎまで寝ているという場合も、体内時計が狂ってしまい、自律神経が乱れたり、ホルモンバランスが崩れたりする原因となります。

昔から「早寝早起き病知らず」ということわざもあるので、夜は夜更かしをせずに早く寝て、朝は早く起きるという規則正しい習慣を身につけましょう。

●ホルモンバランスの乱れ

生理が起こるには卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2つの女性ホルモンが大きく関係しています。

これらの女性ホルモンの分泌には、上記で説明した「ストレス」「乱れた食生活やダイエット」「不摂生や睡眠不足」などの影響が出やすいため、身体的・精神的に負担がかかった場合、生理が遅れてしまいます。

また、引っ越しや転職など、生活環境が大きく変わったときにも、本人が気づかないうちに身体的・精神的な負担を受けていることもあるので、新しい生活がスタートしたときも注意したいですね。

●薬の副作用

胃薬、抗うつ薬、ピルなどを服用している場合、副作用で女性ホルモンの分泌量が変化することがあります。この結果、生理が遅れたり止まったりしてしまうことがあります。

もし、服用を予定している薬があれば、事前にホルモンバランスに影響を与えることはないか、また、体調にどんな影響があるのかなども確認しましょう。

すでに服用している薬があって生理が遅れている場合には、医師に相談すると良いでしょう。

●婦人科系疾患

卵巣や子宮は、病気になっても自覚症状が現れにくい器官でもあります。生理が遅れているだけだと思っていても、検査をしてみると、実は病気にかかっている可能性も十分に考えられます。そのため、性交渉もなく、上記のような乱れた生活やストレスなども当てはまらないのに生理が遅れている場合は、医師に相談するようにしましょう。

生理が遅れてる原因(2)妊娠している場合

生理が遅れてしまう、もうひとつの原因として考えられるのが「妊娠」している場合です。性交渉をしていて、生理予定日より10日~2週間以上の遅れがある場合は妊娠している可能性があると言えます。

通常の生理の遅れと妊娠をしている場合の生理の遅れの決定的な違いは、妊娠の初期症状があるかないかで推測できます。

妊娠初期は、乳房が張ったり、カラダがだるくて眠かったり、イライラしやすかったりなど、たくさんの症状が出ます。その症状の種類や現れる時期は人によって異なりますが、早い人では生理予定日の12週間後くらいから現れることもあります。この頃になると、妊娠検査薬でも陽性反応が出るようになるので、まずは自身で調べてから産婦人科に行くようにしましょう。

関連記事:

「これって妊娠の兆候!?」知っておきたい妊娠超初期症状

妊娠超初期症状には、風邪や生理前の症状と似た…

生理が遅れてると思ったら生活習慣見直しを

生理が遅れて心配になったときは、それまでの自分の生活習慣がどんなものだったのかを一度、思い出すようにしてみてください。仕事がなかなか終わらなかったために連日終電で帰る日が続いていたり、飲み会が頻繁にあったり、新しい薬を飲み始めたり…生活の中の些細なことでも、知らないうちにはカラダは何かしらのストレスを抱えていることがあります。生活習慣を見直して、正常な生理が来るようにしたいですね。

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
pixta_19123149

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします