pixta_13994946

生理のときに温泉に入っても大丈夫?

長期休暇やリフレッシュなどで旅行に出掛ける際に気になるのが、生理予定日と重ならないかどうかということ。万が一、旅行と生理がかぶってしまったら、旅行の醍醐味である温泉は諦めなければならないのでしょうか?今回は、生理中に温泉に入っていいのかどうか、入る時のポイントを説明します。

「そもそも、生理中にお風呂(湯船)に入っても大丈夫なのだろうか?」と気になった人も多いかと思います。お風呂を汚してしまったり、不衛生なのではないかと心配する人もいるかもしれません。

でも、心配しなくても大丈夫です。実は生理のときほど、じっくりと湯船につかったほうがいいのです。

生理中でもお風呂に入った方がいい理由とは?

冷えは女の大敵です。それは生理中でも同じことで、特に生理痛が重い人などは、ゆっくりと湯船につかることが、痛みを和らげることにつながります。ほかにも、むくみを解消したり、気分をリラックスさせたり、カラダにたまった老廃物を汗として体外へ排出するデトックス効果も期待できます。

生理期間中のお風呂は、グッタリしたカラダとココロを癒やしてくれる憩いの場なのです。

生理中に温泉に入っても大丈夫?

温泉は公共の場なので、たまに「生理中のご利用はお控えください」というような注意書きを目にすることがあります。そのため、生理中に温泉に入るかどうかは、個人の判断に任される部分が大きいと言えます。

経血の量が多い日の場合は、諦めた方が無難かもしれませんが、経血の量が少ない日なら、工夫次第で入ることも可能です。

温泉を楽しんでいる他の人たちに迷惑をかけないよう、最低限知っておきたいエチケットとマナーを守りながら温泉に入る方法をご紹介します。

生理中に温泉に入るエチケットとマナー

生理中の温泉を楽しむためには、以下のようなことに注意して入りましょう。

●生理中に温泉に入る前の準備

生理中の温泉に欠かせないのがタンポンです。

温泉に入る前にトイレでビデなどを使って清潔にしてから、タンポンを使用します。そして、温泉に入っている最中に、あまりタンポンの紐がほかの人の目につかないようにするといいでしょう。

紐を肌色のセロテープやバンドエイドで内ももに張り付けて隠すなどの工夫をすると、あまり人に気づかれることもないので、自分もまわりの人もリラックスして温泉を楽しめます。

●生理中に温泉に入っているときの注意点

「美人の湯」「美肌の湯」など、温泉にはそれぞれ特有の成分が入っていますが、生理中の女性のカラダはとても敏感なので、温泉に入っている成分によっては、普段よりものぼせやすくなってしまう場合があります。そのため、湯船につかる場合は、10分程度にとどめておくようにしましょう。

また、周りの視線が気になったり、落ち着いて温泉に入りにくい場合もあるので、できるだけ利用客の少ない時間帯を狙って入ることをオススメします。

●生理中の脱衣所での注意点

温泉に入るときも、温泉から出るときにも、他の利用客の視線は気になりますよね。

「あの人、生理なのかな?」と思われないためにも、極力、脱衣所では生理用品は扱わないようにして、温泉を出た後はすぐにトイレに行き、そこで生理用品の取り替えなどをするようにしましょう。

以上のような少しの工夫で、生理中でも安心して温泉に入ることができます。意外と簡単にできそうなことばかりで、驚いた人もいるのではないでしょうか?

しかし、なかには生理中の温泉は諦めた方が良いときもあるので、次に生理中に温泉に入らない方がいい場合を紹介します。

生理中に温泉に入らない方がいい場合

次のような条件に当てはまる場合は、生理中に温泉は諦めた方が良いでしょう。

生理1日目~3日目などの経血の量が多い日は、温泉から上がった時などのタイミングで経血が流れ出てしまう可能性があるので、周りの人に迷惑をかけないためにも温泉は諦めましょう。

●生理中は抵抗力や免疫力が落ちているので、病気や感染症にかかりやすくなっています。健康な人なら特に問題はないレジオネラ菌などの細菌にも感染してしまう可能性があるので、体調があまりすぐれないときは、温泉を控えるようにしましょう。

温泉旅行と生理がかぶらないようにする方法

自分以外にも温泉を楽しんでいる人たちのために、入浴時のエチケットとマナーを守ることで、生理中の温泉に対する疑問・不安がなくなったかと思います。

しかし、できることなら最初から旅行と生理の日程がかぶらないように調整できたら、こんな苦労をしなくてもすむ話…。

すでに旅行の日程が確定していて、生理と重なってしまう可能性がある場合は、EP錠と呼ばれる生理を遅らせるピルを服用することで、旅行と生理を重ならないようにコントロールすることができます。

関連記事:

生理になりたくない!そんなときのための生理遅らせ術

大切なイベントに生理が重なると思うと、とても憂鬱な気分になりますよね。そんなときは…

 

エチケットとマナーを守って楽しい旅行を!

生理と温泉旅行の日程が重なってしまった場合に温泉に入ってもいいのかどうか、もし、入るのなら、どんな工夫をしたらいいのかが、お分かりいただけたのではないでしょうか?

自分だけでなく、温泉を使う周りの人たちも気持ちよく温泉を利用できるように、エチケットとマナーを守って、旅行を悔いなく楽しみたいですね。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
pixta_13994946

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします

ランキング / rankings