pixta_23519605

生理の血が少ない原因と対策をチェック!

「いつもより生理の血の量が少なく感じる…」そんなことに気づいたら、自分のカラダに何か異常が起こったのではないかと不安になってしまいますよね。でも、生理の血が少ない原因は一つではありません。
そこで今回は、生理の血が少ない場合に考えられる原因と対策を確認していきましょう。

生理の血が少ないってどれくらいのことをいうの?

生理の血が少ないといっても、一般的にはどれくらいの量のことを指すのでしょうか。

普通、一回の生理では、120140mlほどの血が出るといわれています。

しかし、生理の血が少なくなると、おりもの程度の量しか出ず、ナプキンがほとんど必要なくなるといわれています。また、生理の期間も13日ほどで、早く終わってしまうのが特徴です。

生理の血が少ない場合に考えられる原因って?

もし、このように生理の血が少ないと気づいた場合、原因が気になりますよね。

そこで、生理の血が少ない場合に考えられる原因を、いつも生理が来るたびに量が少ない場合と、前回の生理と比較して量が少ないと感じた場合の2つのパターンで見ていきましょう。

●生理の血がいつも少ない場合の原因

いつも生理の血が少ない場合、「器質性過少月経」の可能性があります。器質性とは、何らかの病態や病気による異常で起こるという意味です。

そして生理の血の量が少ないことを「過少月経」と呼びます。器質性過少月経の原因には、子宮発育不全、炎症の後遺症、子宮内の癒着(ゆちゃく)などがあります。

●子宮発育不全

子宮の大きさが小さいことです。生まれつき小さいこともありますし、一度正常に成長した子宮が小さくなることもあります。

 ●炎症の後遺症

結核などで炎症をきたすことによって後遺症がのこることで、過少月経になることがあります。

●子宮内の癒着

出産時の帝王切開や流産の手術によって、子宮内膜が傷つき、子宮内に癒着(ゆちゃく)が起こる場合があります。癒着とは、子宮内膜の組織同士がくっつくことです。これが過少月経の原因になることがあります。

●前回の生理と比較して量が少ない場合の原因

前回と比べて量が少ない、もしくはだんだん少なくなってきたという場合、「機能性過少月経」の可能性があります。機能性とは、カラダの機能が正常に働かなくなったことで起こるという意味です。

●黄体機能不全(おうたいきのうふぜん)

「黄体」とは、排卵した後、卵胞というものが変化して作られる器官のことをいいます。ここから黄体ホルモンが分泌されます。この黄体から正常な量のホルモンが分泌されなくなったり、黄体が存続する期間が短くなったりするのが「黄体機能不全」です。

大元の原因として、視床下部や脳下垂体の機能異常などで、糖尿病や喫煙、ストレスが影響していることもあります。

●女性ホルモンの分泌不全

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の二つがあります。エストロゲンが子宮内膜を厚くし、プロゲステロンがその内膜をはがします。しかし、プロゲステロンがしっかり分泌されないと、内膜がはがれず、生理の血が少なくなることがあります。

女性ホルモンの分泌不全の原因としては、過度なストレスやダイエットなどがあります。

●無排卵月経

生理が定期的にきているのにも関わらず、排卵していない状態のことです。無排卵月経になると、分泌されるホルモンの量が少ないことから、基礎体温がずっと低温期という場合があります。

●甲状腺機能低下症

甲状腺から分泌される甲状腺ホルモンの量が少なくなることで起こります。甲状腺とは、全身の代謝を保ち、活動的にしてくれるところです。しかし、甲状腺ホルモンの量が減ると、無月経になることがあります。

生理の血が少ない場合の対策は?

では、これまで紹介した大きく2パターンに分かれる生理の血が少なくなる原因の対策を、それぞれ見ていきましょう。

●「器質性過少月経」の対策

先天性の「子宮発育不全」の場合、治療はむずかしいといわれています。

後天性の場合、ホルモン療法があります。「炎症の後遺症」や「子宮内の癒着」には、適した治療が行われます。「子宮内の癒着」には薬や手術による治療も行われています。

いずれもセルフケアがむずかしいため、病院で治療を受けます。

●「機能性過少月経」の対策

「黄体機能不全(おうたいきのうふぜん)」はその原因を突き止めて治療します。中枢機能が原因の場合は、排卵を誘発させる治療が行われます。

「女性ホルモンの分泌不全」や「無排卵月経」については、排卵誘発剤やホルモン剤による治療が行われます。

「甲状腺機能低下症」の場合、甲状腺ホルモンの投与が一般的な治療法です。これらも病院での治療が必要になります。

また、過度なストレスやダイエットが根本的な原因である場合、自分でそれらを見直すことも肝心です。

生理の血が少ない場合は受診を

生理の血が少ない場合、大きく分けて器質性過少月経と機能性過少月経の2つが原因として考えられます。

それぞれ、病院での治療を受けることが中心の対策になりますが、特に機能性過少月経の場合は、生活習慣の乱れやストレス、無理なダイエットなどが引き金となっているケースもあります。

量が少ないことが気になる場合は、婦人科を受診するのと同時に、生活習慣を振り返ることも大切です。

 

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
pixta_23519605

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします