pixta_16730030

生理が来ないのに、腹痛が起こるのはなぜ?

「お腹が痛いから、そろそろ生理になるのかも?」と思っていたのに、腹痛だけ続いて生理が来ない…という経験をしたことはありませんか?まれに、生理が来ていないにも関わらず、腹痛が起こることがあります。生理がただ遅れているだけならいいですが、それ以外に考えられる原因には一体何があるのでしょうか?

生理前の女性のカラダはとてもデリケートで、ストレスや生活習慣の影響を受けやすく、さまざまな不快な症状が現れやすいタイミングでもあります。そこで、今回は、生理が来る前に腹痛になってしまう原因や、その対処方法についてお伝えします。また、腹痛と一言にいっても、下痢や便秘など種類は様々なので、症状別に解説します。

生理が来ないのに腹痛が起こる原因(1) 便秘

生理前になると食欲が増して食べ過ぎることなどもあり、便秘になりやすいという人は多いのではないでしょうか?

月経前症候群(PMS)症状の典型例としても挙げられる便秘ですが、この生理前に便秘になってしまう原因には、女性ホルモンが大きく関係していると言われています。

女性のカラダは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2つのホルモンが分泌されることで生理が起こります。

プロゲステロンは、排卵後から生理までの期間に多く分泌され、妊娠の準備をします。妊娠した場合に、受精卵が子宮から流れてしまわないように、子宮だけでなく周辺の筋肉の動きを弱めてしまうのですが、その結果、子宮の近くにある大腸もプロゲステロンの影響を受けて動きが鈍くなり、便秘になってしまうのです。

生理が来ないのに腹痛が起こる原因(2) 下痢

生理前に便秘とは反対の症状である下痢が起こる場合もあります。

実は、下痢を引き起こす原因も卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)にあります。

排卵後から生理がはじまるまでの間は、プロゲステロンが多く分泌されるのですが、妊娠しなかった場合は生理の少し前からプロゲステロンの分泌が低下しはじめます。その結果、プロゲステロンの力で抑制されていた周辺の筋肉や内臓の動きが活発になり、それまでの反動もあって下痢の症状を引き起こしてしまうのです。

生理が来ないのに腹痛が起こる原因(3) 胃痛

生理前に便秘や下痢だけではなく、胃痛に苦しめられる場合もあります。

生理前に胃痛が起こってしまう原因も、黄体ホルモン(プロゲステロン)にあります。

生理前に下痢になってしまう原因でも触れましたが、プロゲステロンは子宮から受精卵が流れてしまわないように、子宮周辺の臓器の動きを抑制する働きがあります。このプロゲステロンが過剰に分泌された場合、内臓の働きを抑制する力は胃にも届き、消化機能が低下してしまうことがあるのです。

また、生理前はプロゲステロンの影響で食欲旺盛になってしまう時期でもあるので、食べ物がおいしくて食事量が増えてしまう反面、胃は消化機能が低下してしまっているので、胃痛になってしまう…という悪循環ができてしまいます。

生理が来ない時期の腹痛を予防するには?

生理前の腹痛のうち、便秘、下痢、胃痛の原因を見てきましたが、どれも女性ホルモンの分泌量のバランスが乱れてしまっている場合に起こります。そのため、生理前の腹痛を予防するには、女性ホルモンのバランスを整えることが大切です。日ごろの生活習慣を見直すためにも、以下のことに気を付けましょう。

●栄養バランスのとれた食事を心がける

カフェインや香辛料などは胃を刺激する代表的なものです。

なかには「眠気覚ましにコーヒーは欠かせない」と、アイスコーヒーを毎日のように飲んでいる人もいるかもしれませんが、この時期は、胃のことを考えて、たっぷりの温かいミルクで割ったホットカフェラテに変えたりして、極力刺激物の摂取を控えるようにしましょう。

そのほか、砂糖や脂肪分やアルコールなども、消化に時間がかかるため、胃に負担を与えてしまいます。そのため、なるべく消化に時間のかからない柔らかいものを食事に取り入れることをおすすめします。

●カラダを冷やさないようにする

カラダが冷えると全身の血流が悪くなり、子宮も血行不良になってしまいます。すると、経血を子宮外に排出する力が弱くなり、ホルモンが過剰に分泌されて、腹痛に限らずさまざまな体調不良を引き起こす原因となります。そのため、冷たいドリンクは控えて、常温かホットドリンクを飲むようにしたり、一日の終わりはしっかりと湯船につかったりしてカラダを温めるようにしましょう。

そのほか、腹部が冷えてしまわないように、腹巻を使用したり、冷えが気になる時はホッカイロを貼るなどの工夫をすることも良いでしょう。

●ストレスをため込まない

ストレスは女性ホルモンの分泌に影響を与える原因となるので、日ごろからストレスをため込まずに、定期的に発散するようにしましょう。

映画鑑賞や読書、スポーツ、カラオケ……いろいろなストレス発散方法がありますが、そういった時間を確保することさえ難しいという人は、毎晩のお風呂をリラックスタイムにするのはいかがでしょうか?いい香りのアロマソルトやアロマオイルを湯船に入れてみたり、キャンドルや花びらを浮かべてみたりといった工夫をして、心身ともに癒すこともいいでしょう。

日常生活の工夫で生理が来ないときの腹痛を防ぐ

便秘、下痢、胃痛などの生理前の腹痛の主な原因は、ホルモンバランスが乱れていることが原因だということがおわかりいただけたと思います。

こんな苦しい症状に悩まされないためにも、普段から規則正しい生活を心がけることが大切です。仕事が忙しいという人も、できるだけ早く寝るようにしたり、なるべく野菜を食べるようにしたりして、簡単なことからはじめると良いかもしれませんね。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
pixta_16730030

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします

ランキング / rankings