pixta_18997134

生理前や生理中に情緒不安定になってしまう原因って?

生理前や生理になるとなぜかイライラしがち、涙もろくなるなどさまざまなココロの症状が生じるという人は多いといわれています。もちろん、人それぞれ程度や症状は異なりますが、共通しているのが「情緒不安定」になることではないでしょうか。今回は、生理前や生理中に起こる情緒不安定の原因と対策をご紹介します。

生理前や生理中に起こる情緒不安定とは?

生理前や生理中に発生するココロの不快な症状。まずはその具体的な症状を見ていきましょう。

●情緒不安定の具体的な症状は?

生理前や生理中には、さまざまな種類の情緒不安定が現れます。

例えば、次のような症状が考えられます。

 ・イライラする
・怒りやすくなる
・人間関係のトラブルが起こりやすい
・突然泣きたくなる
・涙もろくなる
・深い悲しみに見舞われる
・落ち込みが激しい
・ネガティブになる
・無気力になる

●症状が強い場合は月経前不快気分障害の可能性も

生理前に不快な身体症状と精神症状が現れることを「月経前症候群(PMS)」と呼びます。このPMSのうち、特にココロの症状が強い場合のことを「月経前不快気分障害(PMDD)」と言います。

日常生活や社会生活に支障が出るレベルのもので、暴力的になったり自殺未遂などを伴ったりするものです。

生理前や生理中の情緒不安定の原因は?

では、生理前や生理中に引き起こされる情緒不安定の原因を、それぞれ詳しく見ていきましょう。

●生理前の情緒不安定

・ホルモンバランスの影響

生理前も生理中も共通していることですが、ホルモンバランスが乱れると情緒不安定になりやすくなります。なぜなら、自律神経も乱れやすくなるからです。

女性ホルモンも自律神経も、脳のコントロールしているところが同じ。そのため、女性ホルモンが乱れると自律神経にも影響が出てきます。

自律神経は呼吸、体温、循環器、消化器などあらゆる身体活動をコントロールしています。しかし、ストレスや不規則な生活によって自律神経の働きが乱れてしまうと、さまざまな不調が現れます。不安・緊張・抑うつ感などが代表的な精神症状です。

 

・黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響

排卵から生理までの約2週間、黄体ホルモン(プロゲステロン)という女性ホルモンの分泌が高まります。このプロゲステロンがイライラや気分の落ち込みなどの原因になります。個人差がありますが、プロゲステロンの分泌量が多いと、情緒不安定になるほど精神的に大きな波が生まれてしまうこともあります。

 

・月経前症候群(PMS)の影響

プロゲステロンによる頭痛や吐き気、だるさなど身体的症状が多い場合、その症状の影響で気分が滅入ってしまうこともあります。間接的に、身体的症状が影響していることも考えられます。

●生理中の情緒不安定

・ホルモンバランスの変化による影響

生理中も、プロゲステロンとエストロゲンの分泌量が急に変化すると、さまざまなカラダの不調が出てくるのと同時に、精神的にも不安定になります。生理中はイライラや憂鬱な気分になることが多いようです。

 

・生理痛の影響

生理中は、下腹部痛や腰痛、頭痛やだるさ、下痢、肌荒れ、眠気などさまざまな不調が現れます。特に生理痛に悩まされる場合、その生理痛のつらさが精神的にも影響を及ぼすこともあるでしょう。

生理痛の原因は複数ありますが、代表的なのは、子宮を収縮させて血液と共に子宮内膜を押し出すために分泌される「プロスタグランジン」によるものです。子宮の収縮に伴い、下腹部や腰も痛くなるのです。その他、冷えやストレスなども原因の一つです。

生理前と生理中に情緒不安定を避ける方法

では、生理前と生理中に情緒不安定にならないようにするにはどうすればいいのでしょうか。

●ピルや漢方薬の服用

情緒不安定の主な原因となる、ホルモンバランスの乱れを整える低用量ピルは、多く活用されています。

低用量ピルにはエストロゲンとプロゲステロンの両方が含まれており、女性ホルモンのバランスを一定にする働きがあります。

また、漢方薬も使われます。漢方薬は、主に生理前や生理中の血行促進や冷え解消に効果をもたらします。その中でも、ヒステリックな状態やイライラを和らげる働きのある漢方薬が有効です。

漢方薬の効き目は個人差があるため、一概にどれが良いとは言えませんが、専門医に処方してもらうことも選択肢として考えておきましょう。

●規則正しい生活習慣を送る

規則正しい生活習慣は、ホルモンバランスを整えます。早寝早起きする、たっぷり睡眠をとる、食事の栄養バランスや量に気を付けるなどして、健康的な生活を心がけましょう。

また、生理前も生理中も、ストレスによってカラダもココロも症状が増すといわれています。どちらの時期も、できるだけストレスをためず、十分な休息と睡眠を意識するのがポイントです。

また、適度な運動も症状やストレスをやわらげるのに効果的です。

 

生理前や生理中に情緒不安定になるというあなたは、まずは生活習慣を整えることからはじめてみましょう。

もしあまりにもひどいと感じる場合には、きちんと婦人科を受診して、低用量ピルなどでホルモンバランスを整えることも選択肢のひとつです。

何より、原因には女性ホルモンが深くかかわっていることを理解することが大切です。

関連記事:

生理前のPMS(月経前症候群)の症状とその対処法

個人差があると言われるPMSの症状。ちょっとでもラクに過ごすための対処法をご紹介します!

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
pixta_18997134

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします