pixta_13722087

生理中は酔いやすいってホント?生理とお酒の気になる疑問を解決

生理の時にお酒を飲んで、いつもより酔いやすいと感じたことはありませんか?お酒が好きな人はもちろん、そうでない人も、職場の飲み会などで生理中に飲酒する機会もあると思います。今回は、生理中にお酒を飲む場合の注意点や、体調面への影響などについて解説します。

個人差はあるものの、生理中は何かしらの不調がつきまとうもの。

でも、以前から誘われていた飲み会を、生理を理由に断るのも気が引けますよね。

「せっかくだから」とお酒を飲んだら、いつもは酔わないような量で頭がボーッとしてきて、なんだか気分が悪い…。そんな経験のある人もいるのではないでしょうか。

生理期間中はカラダの中でさまざまな変化が起こっていて、アルコールに対する反応も普段とは異なります。

飲む量は同じなのに、生理中はなぜお酒に酔うの?

生理中の女性のカラダは、機能が全体的に低下している、いわば休息モード。

これは、排卵後から生理前にかけて、黄体ホルモン(プロゲステロン)と呼ばれる女性ホルモンが多く分泌されるためです。肝機能が普段より低下していることに加え、経血が排出されて体内の血液量が少なくなっているので、血中のアルコール濃度が高くなってしまうのです。

また、アルコールの分解力が低下すると、有害物質であるアセトアルデヒドが血中に残りやすくなります。普段と比べて、頭が痛くなったり、気持ち悪くなったりしやすいのはこのため。翌日も二日酔いになりやすい状況を作り出してしまいます。

お酒の飲み過ぎは生理痛の悪化も招く

生理中のアルコール摂取は、生理痛を重くする原因にもなります

お酒を飲むとカラダがポカポカしてきて、温かくなるような気がしますが、これは一時的なもの。初めは血管が拡張して血流が促進されますが、やがて血管が収縮し、カラダを冷やしてしまいます。

すると、痛みを引き起こす物質である、プロスタグランジンの分泌量が増加し、生理痛がさらにひどくなってしまうのです。

ホルモンバランスの乱れも、生理痛の大敵。お酒を飲むと眠くなるという人も居ますが、実際はアセトアルデヒドが交感神経を刺激するため、睡眠の質は低下します。すると自律神経が乱れ、ホルモンバランスにも悪影響を及ぼします。

また、普段より機能の低下している肝臓が、ビタミンBやマグネシウムをたくさん消費してアルコールを分解しようとするため、血液中にこれらの物質が不足し、ホルモンバランスが乱れてしまうということもあります。

女性のカラダは生理の時、アルコールを受け入れる十分な体制が整っていません。生理中の飲酒は、控えた方がいいでしょう。

生理中にお酒を飲む時の注意点

とはいえ、どうしても飲み会を断れない時や、ストレス解消のために軽く飲みたい気分の時もあるはず。

そんな場合は、まず適量を超えないことが重要。加えて、おつまみのチョイスを工夫すると良いでしょう。

オススメは、肝臓がアルコールを分解する上で欠かせない栄養素である、タンパク質を多く含む食べ物。枝豆やチーズはタンパク質が豊富ですし、居酒屋でも定番のメニューですよね。

タンパク質をしっかり摂取することで、アセトアルデヒドの量を抑え、体調の悪化を防ぐことができます。

ピル服用中にお酒を飲むのはOK?

ここまでは、生理期間中の飲酒についてお話してきましたが、生理をずらす目的などでピルを服用している場合、お酒を飲んで良いのか気になる人も多いと思います。

結論から言うと、アルコールがピルの効果に影響を及ぼすことはありません。筆者自身もピルを飲み始めて5年ほど経ちますが、ピル服用の前後にお酒を飲んで、問題が起こったことは1度もないです。

ただし、もちろん飲み過ぎはNG。気持ち悪くなって吐いてしまうと、ピルの成分が吸収されないまま出てしまいますし、ピルは毎日同じ時間に飲む必要があるため、酔っ払って飲み忘れることも考えられます。

適量を守り、きちんとピルを服用できる状態であれば、禁酒する必要はありません。

生理痛鎮痛剤を飲んでいる時のお酒は要注意

ピル服用中の飲酒は大丈夫でも、生理痛鎮痛剤を飲んでいる時の飲酒は、話がまったく違ってきます。

どちらも薬であることに変わりはありませんが、ピルの主成分は、女性の体内で作られている卵胞ホルモンと黄体ホルモン。鎮痛剤とは性質が大きく異なります。

鎮痛剤とアルコールはどちらも胃に負担をかけるため、一緒に摂取すると胃が荒れてしまい、頭痛や吐き気を引き起こし、場合によっては失神してしまうことも。

また、アルコールと鎮痛剤が同時に体内へ入ってくると、肝臓はまずアルコールの毒性を処理し始めます。すると鎮痛剤の代謝が後回しになり、長い時間、薬が肝臓に滞在してしまうため、副作用が出やすくなる危険もあります。

鎮痛剤を服用している時の飲酒は、絶対にやめましょう。

生理中はカラダと相談してお酒の量をコントロール

生理中は特に、自分のカラダをいたわってあげたいとき。可能であれば、飲酒は控えた方が良いでしょう。

ただし、お酒が好きな人にとっては、生理のイライラを解消できるメリットもあります。無理に我慢してストレスを溜めこんでしまうのも、あまり良くありません。

少量であれば「百薬の長」とも言われるお酒。生理中に飲んだ時の影響をしっかり理解した上で、体調と相談しながら上手く付き合っていきたいですね。

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
pixta_13722087

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします