pixta_22961080

生理になると胃が痛むのはなぜ?

普段はなんともなくても、生理がはじまるとなぜか胃が痛む場合があります。症状が軽ければいいのですが、なかには胃が締め付けられて、寝込んでしまうほど胃が痛くなることも…。なぜ、生理がはじまると、胃痛が起こってしまうのでしょうか?

今回は、生理の時に起こる胃痛についてご説明します。

生理のときは、さまざまな体調不良の症状が起こります。症状は人それぞれで、下腹部がチクチク痛む生理痛ばかりではなく、胃が痛くなる場合もあります。

生理のときに起こる胃痛の原因とは一体何なのでしょうか?

また、その場合はどうやって対処したらいいのでしょうか?

生理のときに胃痛になる原因

女性のカラダは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2つの女性ホルモンが分泌されることで生理になります。

そして、生理中は、この2つの他に「プロスタグランジン」というホルモンも分泌されているのです。

「プロスタグランジン」は経血を子宮外に排出するために分泌されるホルモンで、これによって子宮が収縮するようになり、子宮周辺の筋肉も大きく動くようになります。

なかには、生理前は便秘に悩まされていたけど、生理がはじまってからは便通がスムーズになるという人もいると思います。このときの便通が良くなるのはプロスタグランジンのおかげだと言えます。

しかし、プロスタグランジンが起こすのはいいことばかりではありません。

実は、このプロスタグランジンは別名「痛みホルモン」とも言われており、プロスタグランジンの分泌量が多くなると、胃の収縮運動までもが活発になり、胃酸が過剰に分泌されて、その結果、胃痛になってしまうのです。また、腸の動きが活発になり、下痢を引き起こしてしまう恐れもあります。

生理のときの胃痛の対処法

●生理の時に胃痛がする場合に控えたい食べ物

生理中の胃痛を鎮めるには、まずは普段の生活習慣や食生活を見直すことが大事です。

生理前は食欲が増加して暴飲暴食をしがちですが、そこをグッとこらえる必要があります。カフェインやアルコールなどの刺激的なものを控えるのはもちろんですが、プロスタグランジンの分泌量を増やしてしまう飽和脂肪酸を含む、肉、卵、乳製品などの動物性の食品も控えるようにしましょう。

また、香辛料の効いた食べ物はカラダを温める一方で、胃に刺激を与えてしまうので、あまりオススメできません。

生理前から食生活の改善に力を入れて、ホルモンバランスが乱れないように意識的に行っていきましょう。

●生理の時に胃痛がする場合に摂取したい食べ物

実際に生理がはじまってから胃痛がする場合には、よく煮込んだ野菜スープ、おかゆやうどん、プリンなどの柔らかくて消化に時間がかからない食べ物が、胃に負担をかけずないのでオススメです。また、カラダの中から温めるために、生姜を使った料理や豆乳を飲むことも良いでしょう。

この他にも、魚類を積極的に摂るようにしましょう。魚類には、健康に良いとされている不飽和脂肪酸やEPAが含まれており、体内の血流を促して冷え性を緩和し、プロスタグランジンの分泌量を抑えてくれます。そのため、無類の肉好きでも、生理の時の胃痛に悩んでいる場合は、意識的に主食を肉から魚へスイッチするようにしましょう。

また、胃が冷えてしまわないように、できるだけ冷たいドリンクは控えて、常温やホットドリンクを意識して飲むように。

デスクワークで一日中エアコンの効いた部屋にいる場合には、お腹を冷やさないように腹巻をしたり、ひざ掛けをかけたり、腰にホッカイロを貼るなどの冷え対策もプラスすると良いでしょう。

このように、生理前は食べる物に注意して、胃痛の改善を目指しましょう。

そして、実際に、生理中に胃痛が起きた場合は、以下の方法で対処するようにしましょう。

●ピルや胃薬の服用

今すぐに胃の痛みをどうにかしたいと思う場合は、プロスタグランジンの働きを抑える効果のある非ステロイド性炎症薬が入った鎮痛剤を服用すると良いでしょう。

これを服用することで痛みをコントロールできるので、大事な会議がある、どうしても外せない予定が入っているなど、即効性を重視したい場合には鎮痛剤や胃薬などがうってつけです。

また、生理が来る度に胃痛になると悩んでいる人は低用量ピルを服用して、プロスタグランジンの分泌量自体をコントロールするという方法もあります。

また、ピルには、生理予定日を前後にずらすなどのコントロールもできるので、出張や旅行と生理予定日がかぶってしまいそうな場合にもオススメです。

●漢方薬

薬の服用に抵抗がある場合や、長期的に体質改善をも視野に入れて取り組みたい場合には、漢方の活用も検討してみましょう。

例を挙げると、胃腸の機能が弱まっている人によく処方されている漢方は「補中益気湯」「人参湯」です。「補中益気湯」は、胃腸の機能を強化し、体力を増強して貧血の症状を改善する働きがあります。「人参湯」は、胃腸が虚弱して、胃痛の他にも下痢をする場合などに処方されます。

漢方は一人一人の体質や悩みを分析して、その人のカラダに合ったものを選べるので、生理中の胃痛の他にも、冷え性の改善やホルモンバランスを整える効果のあるものなど、さまざまな悩みに合った漢方を選ぶことができます。

食生活の工夫や薬・漢方を使って胃痛とバイバイ!

生理中に胃痛が起こる原因には、プロスタグランジンというホルモンが大きく関係していることがわかったと思います。今まで胃痛で苦しんでいた人は、生理中だけではなく、生理前からの食生活を見直したり、薬や漢方を使って、胃痛の軽減を図ってみてくださいね。

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
pixta_22961080

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします

ランキング / rankings