excursion-1477104_1280

改めて見直したい避妊の知識!

妊娠は望めばすべての人が出来るわけではない奇跡です。しかし望まない妊娠も多く起こります。望まない妊娠を防ぐためにも、改めて避妊方法を見直しましょう。

避妊、しっかり出来ていますか?

妊娠は、たくさんのタイミングや偶然が重なって成立する奇跡です。

お腹に赤ちゃんが来てくれることは大変うれしいことではありますが、予期せぬ妊娠の場合は困ったどうしよう…ということにもなりかねません。

妊娠はなんでも自分の思い通りに、計画的に成立するものではありませんが、望まない妊娠を防ぐことは可能です。

 

現実として、妊娠は女性にしか出来ないことであるため、望まない妊娠でココロもカラダも傷つくことになるのは女性です。

順調だったパートナーとの関係や周囲の環境が、妊娠によって一転することもあるかもしれません。

自分の人生を大切にするためにも、改めて避妊方法を見直してみましょう。

 

基礎体温・”安全日”のセックスは完璧な避妊ではない

smartphone-569076_1280

ルナルナでは皆さんに「妊娠」・「避妊」の希望を入力していただき、避妊希望であれば、妊娠しやすい危険日をお知らせしています。

では、妊娠しやすい危険日の前や、危険日が過ぎたあとなら絶対に妊娠をしないのでしょうか?

答えはNO!

これまでもルナルナのコラムで度々お伝えしているように、女性のカラダのバランスはちょっとしたことからも影響を受けて、日々変わっています。

そのため、排卵のタイミングは不規則になることがあります。危険日を過ぎたと思っていても実はまだ排卵していなかった、ということは大いにありえます。

 

また、卵子は排卵してからの寿命が短く、長くても24時間くらいしか生きられないのですが、精子は2~3日間、まれに1週間程度生きています。

排卵日の前に子宮内に入った精子と、その後排卵された卵子が受精する可能性は十分にありえます。

 

排卵のタイミングが正確にわからないこと、精子と卵子の寿命は違うことを考えると危険日ではない期間の妊娠はありえるので、妊娠を望んでいない場合には、ルナルナや基礎体温測定での危険日予測以外にも避妊方法を併用する必要があります。

 

手軽・効果の高い避妊方法は?

入手しやすさ、避妊効果の高さ、使いやすさなど総合的に考えるとコンドームの使用は一番一般的な避妊方法と言えます。

さらに、今や0.1ミリを切るほど薄く使用感が良いとされる製品もあり、パートナーとの楽しいひとときを邪魔しない技術も登場しています。

ただし、より望まない妊娠を避けるためには正しく使うことが重要です。

挿入前のタイミングでコンドームを装着し、射精後は速やかに膣から出して精液が子宮内に入らないようにすることが大切です。

途中までコンドームを装着せずに挿入し、射精時に装着するのでは安全性の高い避妊効果は得られないことを覚えておきましょう。

コンドームの途中装着は避妊をしていることにはなりません。

 

避妊は女性主導で!

妊娠によって、女性の人生は大きく変わることがあります。

だからこそ、健康的な生活を意識して産めるカラダ作りをすることも、望まない妊娠を避ける努力をすることも必要です。

望まない妊娠で傷つき、自分の人生が変わってしまうことは幸せなことではありません。

自分の人生を大切にしたい、健康に気をつけたい、望まない妊娠は避けたいと思うならば低用量ピルの服用がオススメです。

ピルを服用することで、毎月の排卵・生理で酷使される卵巣や子宮を休めることが出来たり、生理による不調を和らげる効果が期待できます。

また、排卵を止めるため、正しく服用すれば、望まない妊娠はほぼ完璧に防ぐことができます。

さらにコンドームも併用することによって、性感染症、予期せぬ妊娠どちらも防ぐことが出来るのです。

望まない妊娠を防ぎたいけれど、体質的にコンドームの素材でアレルギーを起こしてしまったり、どうしてもコンドームでの避妊が難しい場合などにも使える安全性の高い避妊方法です。

 

パートナーが避妊に無頓着なら

argument-238529_1280 (1)

あなたのパートナーは避妊についてきちんと考えてくれていますか?

妊娠は大切な彼女の人生に関わる大切な問題です。

セックスを楽しむことも大切ですが、例えばパートナーである彼が避妊に非協力的な場合は、本当に彼があなたのこと、あなたの人生を大切に思ってくれているのか見つめ直したほうがいいでしょう。

あなたの人生が変わってしまうかもしれない望まない妊娠の可能性がある避妊なしのセックスをする彼はあなたに暴力を振るっているのと変わらないか、もっと酷いことをしているとも考えられます。

 

不測の事態が起こったら!?

コンドームが破損してしまった、ピルを飲み忘れてしまった…など望まない妊娠の可能性が無いとは言い切れない不測の事態が起こったら?

不測の事態から72時間以内であれば、一回もしくは二回服用するだけで妊娠を防ぐことが出来るモーニングアフターピルがあります。

ただし、こちらは飲めば100%妊娠の可能性が無くなるというわけではない緊急処置です。

このピルをあてにして普段から正しく避妊を行わないのは問題です。

 

大切なあなたの人生をより幸せなものにするためにも、正しい避妊方法を取りましょう!

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
excursion-1477104_1280

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします

ランキング / rankings