pixta_5380638_S

子宮内膜症のつらい症状を抑えたい時は自分に合った治療法を

卵巣や卵管、腹膜などに子宮内膜が発生する「子宮内膜症」。生理を繰り返すたびに生理痛が増すなど、重症になっていくのが特徴です。
そのつらい症状を抑えるために、どのような治療が行われているかを紹介します。また、保険適応内で使用できる低用量ピルや、子宮内膜症と不妊の関係についても解説します。

■重すぎる生理痛の原因は子宮内膜症にあるかも?

20~30代の女性に多く見られる子宮の病気が「子宮内膜症」です。代表的な症状はひどい生理痛で、生理を迎えるたびに症状が進むのが特徴。日常生活に支障をきたすほど症状が重くなる場合もあります。良性なので命を脅かすような病気ではなく、閉経の時期を向かえる頃には症状が自然と治まるのも特徴のひとつです。

本来、子宮内膜は受精に備えて子宮内で厚みを増し、受精が無ければ生理のたびに体外に排出されるもの。ところが、この子宮内膜がうまく排出されず、卵巣、卵管、腹膜などに入り込んでしまうのが子宮内膜症です。その場所で増殖や出血を繰り返し、周辺の組織と癒着することで痛みや炎症の原因となります。

初潮の年齢の低下や、妊娠・出産・授乳回数の減少、高齢出産などにより、閉経までの間に迎える生理の回数が増加している現代の女性。そんな生活スタイルも子宮内膜症の発症だけでなく、症状が悪化する背景にあるといわれています。

■内診、血液検査、画像診断などで子宮内膜症を診断

 

重い生理痛が続く、生理のたびに痛みが増すという自覚症状がある場合、早急に病院へ行くのがいいでしょう。子宮内膜症の確定診断には、お腹に穴を開けて内視鏡を挿入し直接診断する腹腔鏡検査が行われますが、こちらは入院、全身麻酔が必要となり、カラダの負担も大きくなります。

基本的には、問診のほかに膣から指を入れる内診、血液検査、腹部エコーや経膣エコー、MRICTなどによる画像診断などが行われ、子宮内膜症が疑われる場合には治療が開始されます。

■子宮内膜症の治療には薬物療法や手術療法がある

薬物療法には、体を閉経した状態にする「偽閉経療法」があります。女性ホルモンの分泌を抑える「Gn-RHアナログ」という薬は、卵巣の働きを抑えることで生理痛などの痛みが無くなりますが、副作用として更年期特有の症状が見られることがあります。男性ホルモンの作用がある「ダナゾール」が用いられることもありますが、こちらもニキビ、声枯れなどの副作用があります。投薬期間は、「Gn-RHアナログ」が半年、「ダナゾール」が4カ月と長期服用はできず、治療を止めると生理が再開し、子宮内膜症が進行することがあります。

ほかに低用量のピルを使用する「偽妊娠療法」もあります。排卵が無くなり生理時の出血量が減るので生理痛の改善が見込まれるほか、子宮内膜の増殖を抑えます。ピルは長期服用も可能です。女性ホルモンの分泌を抑える「黄体ホルモン療法」は更年期症状のような副作用が少なく長期的に使えるのがメリットですが、服用中に不正出血が見られる場合があります。

また、生理痛の痛みを抑える鎮痛剤として、痛みの原因のプロスタグランディンの分泌を抑える薬が処方されることもあります。

手術の場合は、開腹手術や腹腔鏡手術が行われます。今後妊娠を望まない場合、また月経困難症などがひどい場合には、根治治療として子宮全体、または子宮と卵巣をすべて取ってしまう手術を行いますが、卵巣まで摘出すると術後に更年期特有の症状が出ることがあります。妊娠を希望する場合、病巣のみを取り除く保存手術が行われますが、子宮内膜症が数年以内に再発する可能性もあります。そこで再発防止のために、手術後に薬物療法を続けることがあります。

■子宮内膜症の治療に保険適応は効く?効かない?

子宮内膜症にはさまざまな治療法がありますが、その一つが低用量のピルです。ピルは保険適応外と思われがちですが、子宮内膜症に用いられる低用量ピルには平成20年から保険適応になった「ルナベル」などがあります。ピルの使用が一般的ではない日本では使用に不安を感じる人がいるかもしれませんが、副作用が少なく長期的な服用が可能。生理痛をやわらげるとして海外では以前から子宮内膜症の治療に用いられてきた実績もあります。ただし、高血圧、虚血性心疾患、35歳以上で135本以上喫煙している人など、低用量ピルが服用できない人もいるので、注意が必要です。

また平成269月から保険適応になったのが子宮内に装着するリングに黄体ホルモンが付加されている「ミレーナ」です。黄体ホルモンが作用して子宮内膜が薄くなることから、生理の出血量が減り生理痛の軽減が見込めます。一度装着すると最長5年間、そのまま使用できることや飲み忘れ等の心配がないのもメリットです。ただし、挿入後数日間、痛みや出血が見られるほか、不正出血が数カ月続くといった副作用があり、また稀にミレーナが子宮から抜けてしまうこともあるため、定期的に検診を受ける必要があります。

このミレーナは以前は保険適応外でしたが、過多月経や月経困難症に対して保険適応となりました(避妊が目的の場合は適応外)。挿入費用のほか初診料、超音波検査など必要な検査費用、薬代などで約12万円が目安です(診察の内容によって前後します)。このように、子宮内膜症の治療薬には、以前は保険適応外だったものが保険適応になったものがあることも頭に入れておくといいでしょう。

■子宮内膜症が原因の不妊治療としては手術が主流

子宮内膜症があるから必ず不妊症になるとは限りませんが、子宮内膜症の女性の約半数が不妊症ともいわれています。これは子宮内膜が卵管や卵巣に癒着してしまい、卵管閉塞が見られたり、精子や受精卵の動きを妨げてしまったりすることが原因とされています。また、チョコレート嚢胞があると卵胞が成熟しない、排卵が難しくなるなど不妊の原因になるといわれています。子宮内膜症の自覚症状が無いまま不妊治療を続けている人は、子宮内膜症を疑ってみてもいいかもしれません。

子宮内膜症が原因の不妊治療としては、癒着した部分をはがしたり、腹腔内を洗浄したりする腹腔鏡手術が一般的となっています。手術のみで自然妊娠するケースもあれば、術後に排卵誘発剤を用いて不妊治療を継続する場合、人工授精、体外受精が行われることもあります。チョコレート嚢胞がある場合も、嚢胞の摘出手術によって自然妊娠する場合があります。いずれにしても、年齢や子宮内膜症の症状、他に不妊の原因が無いかどうかなど、複合的な観点からさまざまな治療法が取られます。気になる症状がある人は放置せず、一度婦人科を受診してみるといいでしょう。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
pixta_5380638_S

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします