10417005711-2

ひどくなる一方の生理痛。その原因は「子宮内膜症」にあるかも? 前編

女性ホルモンの働きで作られる子宮内膜は生理のたびに体外に排出されますが、これがうまく排出されずに卵巣、腹膜などにとどまり、癒着、増殖することがあります。
これを「子宮内膜症」といい、生理痛がひどくなるほか、不妊症の原因になるとも考えられています。20代の女性から見られる子宮内膜症について、その症状や対処法をご紹介します。

2030代の女性に多く見られる子宮内膜症

「以前よりも生理痛がひどくなったように感じる」、「排便時、性交時にお腹の奥のほうに痛みを感じる」、そんな症状を感じるようになった人は、その原因が子宮内膜症にあるかもしれません。

子宮内膜症は、2030代の女性に多く見られる病気で、良性なので命を脅かすようなものではありません。

自覚症状を感じないまま過ごす人もいますが、重い生理痛など、日常生活に支障をきたすほどの症状が出る場合もあります。

女性ホルモンの働きが大きく関わっているため、生理を迎えるたびに症状が悪化する一方で、閉経を向かえる頃には症状が自然と治まるのも特徴のひとつです。

子宮内膜症が発症する背景には、現在の女性のライフスタイルも関係しているといわれます。

昔の女性に比べて初潮の年齢が低くなり、妊娠・出産・授乳の機会が少なくなったこと、また高齢出産も増えていることから、女性ホルモンが分泌される期間が長くなり、生理の回数が増加し、子宮内膜症が悪化するというものです。

■子宮内膜症の原因とは?

子宮内膜症がどうして起こるのか、その原因は明らかではありませんが、子宮内膜が排出されずにとどまってしまうという「子宮内膜移植説」が一般的です。このほか、腹膜が子宮内膜に変化する「体腔上皮化生説」もあります。

子宮内膜症発症の原因となる子宮内膜には、女性ホルモンのエストロゲンの分泌により子宮の中で分厚くなり、受精を待つという働きがあります。

受精卵の着床が無ければ、そのまま剥がれ落ち、生理の時に体外に排出されます。この子宮内膜が排出されず、卵巣、卵管、腹膜、ダグラス窩(子宮と直腸の間にあるくぼみ)などに入り込んでしまうのが子宮内膜症です。

入り込んだ子宮内膜は、女性ホルモンの働きによって、生理時にその場所で増殖や出血を繰り返します。出血した血液は排出されずにそこにとどまり、周辺の組織と癒着して痛みや炎症の原因となります。また子宮に近い部位だけでなく、肺や胸膜などに発症する場合もあります。

■卵巣の「チョコレート嚢胞」も子宮内膜症の一種

子宮内膜症には、いくつかの種類がありますが、その一つが卵巣に子宮内膜症の症状が見られる「子宮内膜症性卵巣嚢胞」です。

卵巣の中に嚢胞が作られ、その中に卵巣内で出血した血液が溜まっていくもので、溜まった古い血液の色から「チョコレート嚢胞」とも呼ばれます。

チョコレート嚢胞の場合、良性と思われていたものの中から、約0.5~1%の割合で卵巣癌が見つかる場合があります。

また、サイズが大きいと突然破裂し、激しい痛みをともなうことがあります。したがってチョコレート嚢胞と診断された場合は、経過観察を怠らないことが大切です。患者の年齢が40歳以上で、嚢胞が5cm程度かそれ以上ある場合は、手術で摘出することもあります。

●子宮の筋肉に内膜組織が生じる「子宮腺筋症」

また、子宮内膜症が子宮以外の場所に見られるのに対して、子宮内膜の組織が子宮の筋肉にできたものを「子宮腺筋症」といいます。

その症状には生理痛や月経過多があり、子宮筋腫と非常に似ています。しかし、子宮筋腫の場合こぶ状のものが表れるのに対して、子宮腺筋症は病変がばらまかれたように見えるという違いがあります。

最近では20代の女性にもこうした症状が見られます。放置しておくと子宮が大きくなり、ひどい生理痛があり、出血量も増加。不妊・流産などの原因になるともいわれます。

⇒ 【子宮内膜症】の治療法を読む

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
10417005711-2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします

ランキング / rankings