pixta_10869268_M

30~40代に多い「慢性乳腺症」の基礎知識

慢性乳腺症とは、乳腺の病気の一つです。胸にしこりができますが、良性のしこりであるため、通常は治療の必要はありません。
ただ、痛みを伴ったり、乳がんとの違いが判別しづらかったりするため、注意が必要です。
この慢性乳腺症について、原因や症状、治療法、そして乳がんとの関係などの基礎知識を分かりやすくご紹介します。

慢性乳腺症とは?

慢性乳腺症とは、乳房にある「乳腺(にゅうせん)」と呼ばれる組織にしこりができる病気です。

乳腺は、母乳を作る組織です。乳汁を作る「小葉」と乳汁を運ぶ「乳管」から成る、「腺葉(せんよう)」というブドウの房のようなもので成り立っています。

慢性乳腺症のしこりは、良性です。そして、でこぼこしていて、どこからどこまでがしこりなのかが分からないところが特徴です。

また、痛みを伴うことが多く、生理前に症状が強くなることもあります。

良性のため、通常、治療の必要はありません。ただし、乳がんと区別がしにくいことがあるため、注意が必要とされています。30~40代に多いといわれています。

慢性乳腺症の原因

慢性乳腺症は、女性ホルモンと密接に関係して起こるのではないかと考えられています。

もともと、乳腺は女性ホルモンの影響を強く受けている部位です。

例えば、卵巣から出るホルモンは、妊娠すると乳腺にも作用し、授乳できるように準備します。よって、乳腺の変化は、女性ホルモンのバランスが乱れることで、起こるのではないかと考えられているのです。

現に、生理周期が不規則、無排卵性月経、出産経験のない人に多く起きていることから、ホルモンバランスが崩れることで、乳汁の分泌組織が増殖することが原因ではないかという説もあります。

その結果、乳房にでこぼこしたしこりができるのではないかという考えです。

慢性乳腺症の症状は?

慢性乳腺症の症状は、乳腺全体にかけて、張ったようなしこりがあるのが特徴です。そして、少し痛みが出ることもあります。特に生理の前に、しこりが張り、痛みが強くなる人もいます。

場合によっては、乳首から透明もしくは血が混じった分泌物が出ることもあります。

しかし、痛みは、持続的なものではありません。良性であることから、ホルモンバランスによる生理的な現象ではないかという説もあります。

ただし、乳がんなどの他の悪性の病気でも、しこりができることがあるため、安易に放置しておくのは賢明ではありません。実際、慢性乳腺症は、乳がんと区別しにくいといわれています。

慢性乳腺症の対処法

慢性乳腺症は、通常は、治療の必要はないとされています。よって、基本的に経過観察になります。痛みが強く出る場合には、男性ホルモンや黄体ホルモンを投与して、痛みをブロックする方法が取られます。

もし、しこりの張りや痛みが強く、乳がんが疑われる場合には、「組織診(そしきしん)」を行って鑑別します。太い針を刺して、しこり部分の組織の一部を採取し、顕微鏡で見て調べる検査です。これにより、乳がんかどうかを確実に診断することができるといわれています。

組織診には、太さ約2mmの針を用いて超音波検査で確認しながら組織を採取する「針生検」や、太さ約4mmの針を用いて、マンモグラフィ及び超音波検査で確認しながら組織を採取する「吸引式針生検」などがあります。

●生活の中での対処法

治療の必要はないとはいえ、慢性乳腺症のしこりには痛みが出ることもあります。生活の支障にならないよう、痛みを少しでも和らげるために、かためのブラジャーで乳房を固定することなどが対処法として考えられます。

また、規則正しい生活を送って、健康状態でいることも大事といわれています。

乳がんとの関係は?

慢性乳腺症の症状は、乳がんと似ているため、しっかりと鑑別する必要があります。

慢性乳腺症は、かつて乳がんと密接な関係があるように取り扱われてきた経緯があります。慢性乳腺症が、乳がんの前段階であるとすら考えられていたのです。

しかし、実際に乳がんとのかかわりがあるのは、ごく一部の乳腺症のみ。現在では、基本的に無関係であるという考え方になっています。

ただし、無関係といっても、乳がんがまったく別の要因から生じ、慢性乳腺症と同時に起こる可能性もあるので安心はできません。

しかも、慢性乳腺症があると乳房がかたくなっているため、もし乳がんのしこりができたとしても、触診や画像検査を行ったりしたときに、しこりがあることが分かりにくいというデメリットがあります。

つまり、慢性乳腺症があると、乳がんが見つけにくい面があるのです。このことからしても、慢性乳腺症は、乳がんと完全に無関係とは言いがたいところがあります。

慢性乳腺症は、乳腺の病気の中でも良性で、通常は治療の必要がない病気です。しかし、そのしこりには痛みが伴ったり、乳がんとの違いが判別しづらかったりすることがあるために、注意が必要なこともあります。

普段から、乳房にしこりができていないかを確認するとともに、慢性乳腺症だけでなく、乳がんやその他の乳房の病気にも注意を配ることが重要です。

もし、しこりがあることが分かったら、自己判断で終わらせず、早急に婦人科や乳腺外科を受診しましょう。万が一、悪性のものであったとしても、早期発見・早期治療により、将来が大きく変わります。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
pixta_10869268_M

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします

ランキング / rankings