pixta_20792237_S

その下腹痛、もしかしたら「卵巣炎」かも?基礎知識をチェック!

卵巣炎になると、場合によっては不妊症になることも。どのような症状が出て、どのような治療が必要になるのでしょうか?

■卵巣炎とは?

卵巣炎とは、「卵管」に炎症が生じたとき、同時に「卵巣」へも炎症が及んで起こる病気です。

そもそも卵管は、女性器の中で、最も炎症が起こりやすい器官だといわれています。なぜなら、卵管は膣を通じて外の世界に通じており、細菌やウイルスに対して非常に弱いところがあるからです。卵管と卵巣はつながっているため、卵管に炎症が起こると、卵巣にまで炎症が拡大することがあります。こうして起こるのが卵巣炎です。

このことから、卵巣炎を発症すると、同時に卵管炎が起こっていることが疑われます。このように、両方の器官に炎症がみられる場合、「子宮付属器炎」と呼ぶことがあります。

■卵巣炎の原因

卵巣炎は、細菌やウイルスの感染によって起こるため、感染の機会があれば誰にでもリスクがあります。

大腸菌やブドウ球菌、淋菌(りんきん)、クラミジアといった細菌が、膣や子宮を通り、卵管、卵巣で感染します。

細菌やウイルスに感染する機会として、以下のケースが考えられます。

・子宮内での操作を伴う医療行為(出産、早産・流産、人工妊娠中絶、人工授精など)

・避妊器具やタンポンなどを使用後、長時間放置したとき

・性交によって淋菌やクラミジアに感染したとき

■卵巣炎の症状

卵巣炎の症状は、発症時期や炎症の強さによって異なってきます。いずれも下腹部痛が見られますが、急性期には激しい痛みがあり、慢性期になるにつれて痛みが弱まっていきます。それぞれの特徴的な症状を見ていきましょう。

●急性期の症状

激しい下腹部痛が起こる。38度以上の発熱を伴うこともあり、ときには40度近い高熱が出ることも。そのほか、吐き気・嘔吐、不正出血、おりものなどが生じることがある。

●慢性期の症状

急性期で出た高熱も下がり、下腹部痛も和らぐ。ただし、炎症部分が他の臓器と癒着する、つまりくっついてしまうと、生理痛・腹痛・腰痛などが起きることもある。

卵管や卵巣に炎症が起こると、炎症部分が赤くなったり、腫れたりします。また、液体や膿がたまることもあります。

慢性化すると、卵管や卵巣は、子宮、直腸、膀胱などの周りの器官と癒着してしまい、下腹部痛や生理痛、性交痛、腰痛などが生じることがあります。

卵管が狭くなったり、ふさがったりすると、不妊症、子宮外妊娠の原因にもなるといわれています。

また、クラミジアが原因で起こる卵巣炎は、急性期はなく、慢性期の症状が突然現れるといわれています。気づかず重症化する恐れがあり、将来妊娠を希望している場合には注意が必要です。

■卵巣炎の対処法

卵巣炎が疑われたら、検査をして原因菌を特定し、抗生物質や消炎剤で治療を行うのが一般的です。進行度に応じて、手術による治療が必要になります。その卵巣炎の対処法を詳しく見ていきましょう。

●卵巣炎かな?と思ったら…

もし、激しい下腹部痛や38度以上の高熱が見られた場合、卵管炎や卵巣炎を起こしている可能性があります。この場合、すぐに治療をすることで、慢性化して手術が必要になるような状況を防ぐことができます。

●検査・診断

適切な治療のためには、どの細菌やウイルスに感染しているかを検査で特定する必要があります。

卵管炎・卵巣炎の検査には、血液検査や子宮分泌物の細菌培養、細菌感受性試験、クラミジア検査、血液中の抗体があるかどうかを調べる検査、エコー、CT検査やMRI検査などがあります。

●急性期の治療

急性期では、検査で特定した原因菌に対して有効な抗生物質、消炎剤などの薬を服用して炎症を抑えます。症状が重い場合は、注射や点滴が用いられます。高熱に対しては解熱剤が用いられます。

その後、経過観察をして、症状が改善しなかった場合に、手術が行われます。手術には、膿を出すもの、病巣を摘出するものがあります。

●慢性期の治療

慢性期になると、下腹部痛が和らぎますが、腫瘍が残ることもあります。

場合によっては、手術が必要になることもあります。手術では、炎症部分を切開し、膿を切除する、もしくは管を用いて膿を排出するなどの処置がされます。

また、卵管がふさがっていると、妊娠の妨げになる恐れがあります。将来子どもが欲しい、まだ若いなどの場合は、ふさがっている卵管を切開して、膿を出すなどの方法を取ることがあります。

症状がかなり重い場合には、卵巣や卵管を切除したり、子宮を全摘出したりすることもあります。

卵巣炎は、ほとんどの場合、卵管炎も同時に起こっています。卵管は非常に炎症を生じやすい場所であるため、卵管炎が先に起こり、卵巣にまで及んでしまうケースが多いのです。

卵巣炎・卵管炎が起きると、抗生物質で様子を見て、進行度合いに応じて手術を行います。卵管がふさがってしまうと、将来妊娠がむずかしくなったり、子宮外妊娠を起こしたりすることもあります。よって、卵管を残したまま、病巣を取り出す、ふさがっているのを広げるなどの手術が行われることもあります。

いずれにしても下腹部痛がひどい、高熱が出るなどの急性期の症状が見られたら、すぐにでも婦人科を受診しましょう。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
pixta_20792237_S

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします

ランキング / rankings