pixta_5914413_M

不妊の不安を解消したい!不妊カウンセラーってどんな人?

不妊治療をはじめると、自分のカラダであるのに思うように妊娠できないというジレンマから大きなストレスを感じるものです。
しかし、夫婦のプライベートな部分に関わることから、なかなか人にも相談できず一人で悩みを抱え込んでしまいがち。
そんなときは、不妊カウンセラーに相談してみるという方法があります。
しかし、実際、不妊カウンセリングとはどういうものなのでしょうか?
またどんな時に通うべきなのかなどを解説していきます。

■不妊カウンセラーに話を聞いてもらうという選択肢

以前よりも生殖医療は進歩して、不妊治療の選択肢も多くなっています。しかし、医療の発展は治療の幅が広がるという利点もあるものの、不妊治療を受ける人にとっては、それだけ試せる、試したくなる治療も増えたことで、精神的、身体的、経済的ストレスも大きくなってきています。こういった不妊のストレスは、人に話しにくい内容であること、また夫婦のプライベートに関わること、人に理解してもらいにくい、などの理由から一人で苦しんでしまう人も多いといいます。

そんな時の悩みの解決方法のひとつとして挙げられるのが、不妊カウンセリングです。不妊カウンセリングは、生殖心理カウンセラーと呼ばれる専門家が不妊治療に関する不安や緊張を和らげるために、話をゆっくりと聞き、悩みやストレスとの付き合い方を一緒に考えていってくれるというものです。

●カウンセリングと相談は別物

「カウンセリング」と「相談」は、近いようで実は違いがあります。「相談」とは、主に自分に知識があり、要望が明確な上で悩みについて他人の意見を聞いたり、話し合ったりすることを指します。専門家がそれぞれの立場から、さまざまな助言をするものも相談に当たります。カウンセリングの定義には諸説ありますが、ここでお話しする「カウンセリング」とは、助言ではなく、カウンセリングを受けた人が自分を理解し、立て直しができるように働きかけを行うことを指します。いわば、カウンセリングとはひとりひとりに適切なアドバイスを行ってくれる場といえるのです。

■不妊カウンセラーにはどんなことを話せるの?

不妊カウンセラーには、不妊に関係することであれば、どんなことでも話すことができます。

・「赤ちゃんはまだ?」といった周りからの期待に応えなくてはというプレッシャー

・パートナーの協力が得られないことへの苛立ち

・体外受精への不安

・不妊治療をやめるタイミングetc…

不妊治療は、人によって悩みの種類も全く違うものです。少し不安に思っていたことが、治療を進めていくうちに、どんどん大きな不安になっていき、その他のストレスも重なって、カラダに負担となってしまうことがあります。そんな時はあまり気負わずに、不妊カウンセリングへ行くという選択をしてみるのもいいでしょう。

●どんな時に不妊カウンセリングは有効?

例えば、以下のような状態があてはまる場合は、不妊カウンセリングを受けるのが有効でしょう。

・治療中のショック、落ち込み、罪悪感などの感情に飲み込まれ、自分を見失ってしまっている

・不妊と知る前と今の自分が全く別人のように感じる

不妊カウンセリングは、不妊治療中に発生するさまざまな感情とうまく付き合っていく方法や、対処法などを考える上でのサポートとして、とても役に立つのです。

■実際どんな不妊カウンセラーがいるの?

しかし、実際にカウンセリングに行きたいと思ってもどうしたらいいのか右も左もわからない……という場合は、一度、不妊カウンセラーが更新しているブログを訪れてみるのもいいでしょう。下記にブログをいくつか紹介します。

  • 「不妊ルーム」の窓から こまえクリニック公式ブログ

http://www.funinroom.com/

東京都狛江市にある不妊カウンセリング「こまえクリニック」の公式ブログです。院長である放生さん自身も、4年間夫婦で不妊治療を行っていた経験をもち、自らの体験もふまえたカウンセリングを行っています。またブログの中では、悩みとして多く挙げられる「不妊のやめどき」から、基本的な不妊治療の知識まで幅広い内容が取り上げられています。これから不妊治療をはじめようと思っている人にもおすすめです。

  • コウノトリこころの相談室

http://funinhibiki.net/

家族相談士/不妊カウンセラーのイケダマリナさんが執筆するブログです。対面での不妊カウンセリングはもちろん、電話やメールでの相談も受け付けています。カウンセリングに行くのは初めてで、いきなりカウンセラーと対面して話すことに抵抗がある方には電話、メールでの相談ができるのは大きなメリットでしょう。ブログは、30歳から不妊治療をスタートし、2度の流産と死産を経験したという、イケダマリナさんならではの視点で記事が執筆されています。「赤ちゃんまだ?」という周囲の言葉への対処法から、妊活ピラティスまで、幅広いテーマが展開されており、読んでいるうちに「がんばろう」と前向きな気持ちになってくるはずです。

上記の2人の不妊カウンセラーは、不妊を経験しています。単に生殖医療を専門にしているカウンセラーとは違い、不妊を経験しているからこそ、カウンセリングを受けにきた人の気持ちを理解し、よりよい方向へと導いてくれるのではないでしょうか。不妊カウンセリングを探し中の人は、通いやすさや費用だけでなく、カウンセラーさんの不妊への理解度も選択基準のひとつとして考えてみてください。

不妊治療を続けていく上で、不安に思うことは多いでしょう。しかし、そうした不安・ストレスから不妊に拍車がかかっている場合が多々あります。不妊カウンセリングという方法は、多くの不妊治療に関わる人の大きな支えになってくれるでしょう。不妊カウンセラーのブログなども参考に、検討してみてはいかがでしょうか?

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
pixta_5914413_M

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします

ランキング / rankings