91177353_detail

カラダにもココロにもやさしい! 不妊に効果的な漢方はどれ?

不妊治療にはさまざまな方法があり、その中でもっとも身体的にも精神的も負担が少なくポピュラーな治療法のひとつが漢方治療です。
漢方には効能・目的によってさまざまな種類のものがありますが、体質などに合わせて複数の漢方を組み合わせて調合されているところが魅力です。
ここでは、不妊に効果的といわれる漢方について紹介していきます。

妊娠するためには、健康で丈夫なカラダを作ることが大事。食生活の改善、規則正しい生活習慣、ストレスをためない、日ごろから体を動かすなど、妊娠しやすいカラダになるためには、さまざまなポイントに気を付けなければなりません。それを手助けしてくれるのが、漢方治療です。カラダの不調を改善するために、漢方を不妊治療に取り入れている人も数多くいます。そこで今回は、不妊治療を行っている人にオススメな漢方をご紹介します。

■不妊治療として漢方を飲む目的

漢方における不妊治療の目的は、子宮・卵巣を赤ちゃんのできやすい環境にすることにあります。例えば、肥満気味の人は体重を減らしたり、カラダがむくみがちな人は水分代謝をよくしたり、虚弱体質の人は内臓を強くして体重を増やしたり……その人が抱える悩みに合った漢方を処方して、赤ちゃんのできやすいカラダを目指すのです。実際は、妊娠しやすいカラダになるために、「カラダの冷えを改善する漢方」と「瘀血を改善する漢方」を処方されることが多いといわれています。具体的にこの2つの違いを見ていきましょう。

●カラダの冷えを改善する

漢方の考え方では、不妊の一番の原因はカラダの冷えにあるとされています。そのため、不妊治療に漢方を取り入れる場合には、カラダの冷えを取ることからはじまります。生体恒常性を維持する「気」「血」「水」のバランスを見て、生殖活動に関係する「腎」が弱っている「腎虚」ではないかどうかを診断します。腎虚とは、女性であれば卵巣機能不全・黄体機能不全などのことです。問診でさまざまな角度から、その人の体質や悩みを見ていき、本来の正しい排卵・生理が起こる状態に近づける作用を持った漢方を処方します。

●瘀血を改善する

漢方の世界では、不妊のもうひとつの大きな原因は瘀血にあるといわれています。瘀血とは、カラダの血液の循環が悪くなったために起こってしまう、古いドロドロ血のことを指します。体内に瘀血がたまると、カラダのさまざまな機能の働きがにぶくなり、体調不良などを招きます。特に子宮・卵巣は瘀血の影響を受けやすいところといわれているので、瘀血がたまると排卵障害や生理不順や生理痛などを引き起こします。また、場合によっては子宮内膜症や子宮筋腫などの婦人科系疾患にかかってしまうこともあるとされています。

以上のことから、漢方では、主にカラダの冷えと瘀血をなくすことを目的とした不妊治療をしていきます。

■不妊ではどんな漢方薬を処方されるの?

病院では、その人の体質と目的に合った漢方が処方されます。場合によっては、複数の漢方を合わせて服用することもあります。病院で処方される不妊治療に向けた代表的な漢方をご紹介します。

冷え性で悩む人向けの漢方

・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

もっともポピュラーな漢方で、不妊治療以外にも生理痛などに悩む女性にも飲まれています。当帰(とうき)、川芎(せんきゅう)、茯苓(ぶくりょう)、白朮(びゃくじゅつ)または蒼朮(そうじゅつ)、沢瀉(たくしゃ)、芍薬(しゃくやく)などの生薬が含まれています。

・温経湯(うんけいとう)

冷え性で体力があまりない人向けの漢方です。体全体をあたためて、生理不順や生理痛、足腰の冷えや痛み、冷えのぼせなどを改善する力があります。麦門冬(ばくもんどう)、半夏(はんげ)当帰(とうき)、甘草(かんぞう)、桂皮(けいひ)、芍薬(しゃくやく)、川芎(せんきゅう)人参(にんじん)、 牡丹皮(ぼたんぴ)、呉茱萸(ごしゅゆ)、生姜(しょうきゅう)、阿膠(あきょう)などの生薬が含まれています。

瘀血で悩む人向けの漢方

・桂枝茯苓丸料(けいしぶくりょうがんりょう)

体格がわりとしっかりした人向けで、血行をよくして熱のバランスを整えることで、のぼせや冷えを改善して、月経トラブルの改善に向かわせる漢方です。桂皮(けいひ)、芍薬(しゃくやく)、茯苓(ぶくりょう)、桃仁(とうにん)、牡丹皮(ぼたんぴ) などの生薬が含まれています。

・大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんとう)

体力のある冷えのない人向けの漢方で、女性の生理不順、重い生理、下腹部痛、便秘、痔などの症状がある場合に処方されます。大黄(だいおう)、牡丹皮(ぼたんぴ)、桃仁(とうにん)、冬瓜子(とうがし)、芒硝(ぼうしょう)などの生薬が含まれています。

肥満気味の人向けの漢方

・防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)

汗かきで疲れやすく、色白で太りぎみの人向けで、肥満症、多汗症、むくみ、関節炎に悩む場合に処方されます。体の水分循環を改善し、疲れや痛みをやわらげる力があります。防已(ぼうい)、黄耆(おうぎ)、蒼朮(そうじゅうつ)または白朮(びゃくじゅつ)、生姜(しょうきょう)大棗(たいそう)、甘草(かんぞう) などの生薬が含まれています。

・防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

体力のある太鼓腹の肥満タイプで、便秘がちの人に向いた漢方で、肥満症、便秘、尿量減少、むくみ、のぼせ、肩こりなどの症状によいとされています。防風(ぼうふう)、黄ごん(おうごん)、大黄(だいおう)、芒硝(ぼうしょう)、麻黄(まおう)、石膏(せっこう)、白朮(びゃくじゅつ)、荊芥(けいがい)、連翹(れんぎょう)、桔梗(ききょう)、山梔子(さんしし)、芍薬(しゃくやく)、当帰(とうき)、川芎(せんきゅう)、薄荷(はっか)、滑石(かっせき)、生姜(しょうきょう)、甘草(かんぞう) などの生薬が含まれています。

そのほかにも、胃腸などの内臓が弱い人には、人参湯(にんじんとう)、六君子湯(りっくんしとう)が、ストレスを多く抱えている場合には、加味逍遥散(かみしょうようさん)、柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)などの漢方が処方されることもあります。

上記は不妊治療の際に処方される漢方のほんの一部にすぎません。そのため、不妊治療をはじめる場合は、専門の漢方薬局や漢方医の元で、自分の体質にあった漢方を探したいですね。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
91177353_detail

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします

ランキング / rankings