Family Sunset Walk

親が不妊だったら子も不妊?不妊と遺伝の関係は

DNAとは不思議なもので、顔、体型、性格などのほかにも、ある一定の病気にかかりやすい家系などがあります。
女性ばかりが生まれる家系や、その反対の男性ばかりが生まれる家系なども見られます。
それでは、もし近親者に不妊症の親族がいれば、それもDNAによる遺伝のしわざと言えるのでしょうか?

遺伝子とは、簡単に言うとDNAに記録されている生命体の遺伝情報のことです。学校で勉強した「染色体という箱の中に入っている中身」と学校で勉強した人もいるかもしれません。この遺伝子には、先祖代々受け継がれてきた大量の情報が詰め込まれており、“その人”を形成しています。例えば、あなたにも顔、体格、性格など、家族間で似ている部分があるはずです。

そして、近年では、高度な遺伝子研究から、不妊が遺伝する場合もあることが分かってきました。今回はそんな、遺伝と不妊との関係をご紹介します。

■男性側の不妊と遺伝との関係とは?

私たちヒトの体には46本の染色体があり、その中に大量の遺伝子が組み込まれています。近年の遺伝子研究から、男性の性染色体であるY染色体上に存在する「Azoospermic-factor(AZF)領域」という遺伝子が、欠失している場合、非閉塞性無精子症となることがわかってきました。非閉塞性無精子症とは、精子をつくる機能は正常に働いていても、精子を運ぶ管が詰まっており、精子が精液に混ざらないというものです。

無精子症の男性の中で、5~10%程度の人が、このAZF領域の一部が欠けているといわれています。この遺伝子の欠失は、とても小さなものなので、染色体検査では見つけられないとされています。染色体よりも微細な遺伝子検査を行うことで、AZF領域が欠失しているかどうかを判断することができるのです。

また、AZF領域はAZFa, AZFb, AZFcの3つの領域に分かれており、どれかが欠失していても無精子症となることがわかりました。そして、この中のAZFa、もしくはAZFbが欠失している場合は、精巣内に精子が存在しいないことが分かっています。

これらに対して、AZFc欠失の場合には精巣内に精子がいる可能性があるため、顕微鏡下精巣内精子回収術の対象となります。しかし、AZFc欠失の男性の精子から男児が生まれた場合は、高確率でAZFc欠失が男児に受け継がれるため、生まれてきた男児も無精子症となる可能性が高くなるとされています。

●男性側の不妊検査法

男性側の不妊検査は、精液検査と泌尿器科系の検査に分けることができます。まずは、一般的な検査の精液検査を行い、その結果から疾患が疑われる場合に泌尿器科での検査を行います。専用の精液採取室を準備している専門の泌尿器科も多く、プライバシーを守った上での診療が行われているので、安心して診療・治療を受けること

ができます。

■女性側の不妊と遺伝との関係とは?

男性側の遺伝による不妊については、研究からさまざまなことがわかってきていますが、女性側の遺伝による不妊については、まだ明らかになっていないというのが実情です。しかし、まわりに母娘そろって子宮内膜症や子宮筋腫などの同じ婦人科系疾患を患っている人がいるかもしれません。

不妊の原因のひとつともいわれている代表的な婦人科系疾患の子宮内膜症は、年々患者数が増加しており、月経のある10~40代の女性の約10%が患っているとされています。そして、数字にすると、実に260万人以上にものぼると推測されています。一見、遺伝もありそうに見えますが、10人に一人と高確率で発症する子宮内膜症に関しては発症確率の高さによるところが大きいとされています。子宮筋腫も同様に、遺伝するかどうかは定かになっていません。

これらの婦人科系疾患には、日ごろの生活サイクルやストレスの有無などが大きく関わります。そのため、同じような食事を摂って、同じような生活サイクルを過ごしていれば、家族間で同一の病気にかかりやすくなるため、母娘ともに同じ婦人科系疾患を患ってしまうのではないかともいわれているのです。

このように、現段階では女性の不妊につながる婦人科系疾患等が遺伝するとは言い切れません。

では、実際に不妊につながる婦人科系疾患にはどんなものがあるのでしょうか?

■不妊につながる婦人科系疾患

不妊につながる婦人科系の病気として、その多くが子宮内膜症・子宮筋腫を患っているとされていますが、このほかにも、卵管水腫や子宮内膜ポリープなどを患っている可能性があります。これらの病気が見つかった場合は、まずは治療に当たってから不妊治療を行います。

・子宮内膜症

子宮内膜症とは、卵巣や卵管などの子宮内膜以外の場所に子宮内膜ができてしまう病気のことを指します。また、子宮内膜症のために妊娠しづらくなった場合の不妊治療は、基本的なものとしては手術、病状が重い場合には体外受精があります。

・子宮筋腫

子宮筋腫は、子宮にできる良性のできもので、年齢が高くなるほど発症率が高くなる婦人科の病気です。子宮筋腫になることで、受精卵が着床しづらくなったり、卵管が正常に働きにくくなったりするとされています。治療法としては、ホルモン療法と手術があります。また、治療ではなく妊娠を希望する場合は、子宮筋腫だけをくり抜く、子宮筋腫核出術が一般的な治療法となっています。

・卵管水腫

卵管水腫とは卵管閉塞の一種で、卵管の一番先端の卵管采という部位が詰まってしまう病気です。通気検査・子宮卵管造影検査・腹腔鏡検査によって診断されますが、通気検査は確定的な診断とは言えないので、子宮卵管造影検査での確認が必須となります。治療方法は、マイクロサージェリー(顕微鏡下手術療法、卵管の疎通性を回復させる手術)と体外受精の2つがあります。

・子宮内膜ポリープ

子宮内膜ポリープとは、その名の通り子宮内にポリープができてしまう病気です。このポリープはほとんどが良性のものですが、受精卵の着床のじゃまをして、着床しにくくなるとされています。超音波検査で診断し、疑わしい場合には子宮鏡検査を行います。もし、ポリープが発見された場合には、子宮鏡下で子宮内膜ポリープを切除します。また、体外受精を行う場合もあります。

近年の研究で、男性の無精子症と遺伝子との関係性が明らかになりつつありますが、女性の不妊症と遺伝の関係性はわかっていません。女性の不妊症となる婦人科系の病気には、子宮内膜症や子宮筋腫などさまざまなものがあります。これらを早期発見するためにも、定期的に婦人科検診を受けるようにしましょう。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
Family Sunset Walk

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします