shutterstock_159909707

子宮筋腫は不妊や妊娠中のさまざまな問題の原因となることも

子宮筋腫は、20~30代の女性の2~3人に1人の割合で発生するといわれている、ありふれた病気です。自覚症状がない場合も多く、妊娠がきっかけで子宮筋腫が見つかる場合も珍しくありません。子宮筋腫は、状態によっては不妊の原因になったり、妊娠後の早産・流産などのリスクを高めたりします。子宮筋腫の妊活・妊娠への影響を紹介します。

2030代の女性の2~3人に1人は子宮筋腫

子宮筋腫は子宮にできる良性の腫瘍で、2030代の女性の2~3人に1人の割合で発生するといわれています。子宮筋腫ができる原因はまだよくわかっていませんが、卵巣から分泌される女性ホルモンの影響を受けて筋腫が成長すると考えられています。そのため、放置すれば大きくなりますが、ガンや悪性の肉腫と異なり、ほかの組織に転移したり生命を脅かしたりする危険はありません。また、女性ホルモンの分泌量が減る閉経後には、筋腫は小さくなります。

子宮筋腫があってもまったく自覚症状がない場合もあります。ただ、人によっては生理痛や過多月経(経血の出血が異常に多い状態)、過長月経(経血の出血が8日以上続く状態)などの症状が強く現れることも。過多月経による貧血や、経血にレバー状の血の塊が混じる場合も珍しくありません。大きく成長した筋腫が内臓や坐骨神経を圧迫することで、頻尿や便秘、下肢のしびれなどの症状が出ることもあります。

子宮筋腫と診断されても、自覚症状がなければ、特別な治療は行わず経過観察だけにとどめる場合がほとんどです。症状が強く出ている場合は、患者の状態に応じて薬物療法や手術療法が行われます。

■子宮筋腫によって妊娠しづらくなることも

子宮筋腫は、筋腫の大きさや数、できる位置によって不妊の原因となることがあります。これは、症状の有無や強さとは関係ありません。自覚症状がまったくないかたでも、筋腫があることで妊娠しづらくなっている場合が珍しくないのです。たとえば、筋腫が複数あることで子宮内膜(子宮の内側にある粘膜)がでこぼこになれば、その分、受精卵は着床しづらくなります。成長した筋腫が、卵子や精子の通り道である卵管を狭くしたり塞いだりすることもあります。

前述したように、筋腫は女性ホルモンの影響によって大きく成長します。近年は、初潮を迎える年齢が低くなる一方で、出産年齢は高くなる傾向にあります。その結果、妊娠を希望したときには筋腫が成長しすぎて妊娠しづらくなっているという例が増えているのです。不妊の原因がないのに、妊娠を望んでから1年以上妊娠しないという人は、ぜひ子宮筋腫の検査を受けてください。

一般に、5㎝以上の筋腫や卵管付近にできた筋腫は、不妊のリスクを高めるため、治療が必要だと考えられています。また、手術による子宮筋腫摘出から1年後、ほぼ5割が自然妊娠したという報告もあります。

■子宮筋腫がある状態での妊娠にはリスクも

子宮筋腫は自覚症状がないこともあるため、検診や妊娠がきっかけで見つかる場合が少なくありません。とくに、女性ホルモンの分泌量が増える妊娠前期には、筋腫が急成長するため見つかりやすくなります。

子宮筋腫がある状態で妊娠しても、ほぼ問題なく出産は可能です。ただ、筋腫の大きさや数、位置、状態によっては、妊娠の継続や出産が難しくなることもあります。とくに、妊娠中期以降には、細胞の一部が壊死して中身が水っぽくなるなど、筋腫が変質することがあります。これは、子宮筋腫の変性と呼ばれます。子宮筋腫の変性が起こると、強い痛みが生じます。この痛みの刺激は子宮の収縮を促し、陣痛が起こったような状態を起こすため、早産や流産の危険が増します。また、変性した筋腫が炎症や細菌の感染症を起こし、子宮が収縮することも。ほかにも、筋腫が血管を圧迫することで血流が滞り、血管内に血栓ができて、下肢静脈血栓症や肺梗塞などを招くことがあります。

胎児への影響も注意したいところです。たとえば、筋腫の数や大きさによって子宮が変形すると、逆子などの胎位異常が起こります。また、胎盤の近くに筋腫があると、胎児が大きく育ちにくくなったり(子宮内胎児発育遅延)、胎盤が剥がれたりすることも(常位胎盤早期剥離)。前述の子宮筋腫の変性によって胎児が感染症になることもあります。

ほかにも、出産時には微弱陣痛や、前述の胎位異常が原因で帝王切開になる場合もあります。出産直後の出血の量が増えることも。さらに産後には、通常1ヵ月ほどで元の大きさに戻るはずの子宮の収縮が遅れ(子宮復古不全)、悪露(出産後、1ヵ月ほど続く出血)が多くなる傾向があります。

ただ、子宮筋腫があっても、たいていの場合、妊娠中期には筋腫がやわらかくなるといわれます。そのため、実際に胎児の発育や出産に支障を来すことは少ないと考えられています。

■流産の原因が子宮筋腫である場合も

子宮筋腫があると、わずかな刺激でも子宮が収縮しやすくなるため、早産や流産の危険が増します。また、子宮が硬くなるため、妊娠前期の流産のリスクも高まります。ほかにも、前述したように、妊娠前期には女性ホルモンの分泌量が増えることで筋腫が急成長します。その結果、大きくなった筋腫が子宮内を圧迫することで、流産に至る場合もあります。くり返す流産のおよそ7%は、子宮筋腫が原因ではないかとも考えられています。

また、筋腫の大きさが3㎝以上になると、早産、子宮内胎児発育不全、前期破水、常位胎盤早期剥離が増加するという報告もあります。

 

このように、子宮筋腫があるかたの妊活・妊娠生活には、不妊、早産、流産を含め、さまざまなリスクが生じる可能性があります。ただその一方で、子宮筋腫があっても無事に妊娠し、出産を迎えたかたも数多くいます。過度に恐れる必要はありません。リスクがあるという点を十分理解したうえで、医師のアドバイスに従い、妊活・妊娠生活を送ってください。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
shutterstock_159909707

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします

ランキング / rankings