pixta_17099982_M

生理じゃないのに出血が!「不正出血」の原因って?

生理予定日でもないのに、ある日突然、出血した…。こんなとき、「何が起きたの?」「どうして?」と不安になってしまいますよね。でも、事前に正しい「不正出血」の知識を持っていれば、突然のことに戸惑うこともありません。今回はその不正出血の原因について、期間別、妊娠の可能性がある場合などに分けて見ていきましょう。

生理じゃない日に突然、出血!「不正出血」とは?

「不正出血」とは、生理のとき以外に、性器から出血すること全般をいいます。出血といっても、真っ赤な色の鮮血出血や、茶色の出血、点々と下着につくものまでさまざまです。
この不正出血は、「器質性」と「機能性」に大きく分けられます。「器質性」とは、子宮や卵巣、膣などの器官に何らかの異常が生じて出血している状態のことを指します。
「機能性」とは、機能的な原因で出血するものです。例えば、ホルモンバランスの異常やカラダの不調などがある場合が考えられます。

どうして不正出血が起こるの?原因を知ろう

不正出血は、器質性出血と機能性出血に分かれると紹介しました。では、それぞれの不正出血の原因を詳しく見ていきましょう。

(1)器質性出血の原因…以下のような病気によるもの
良性:子宮筋腫、子宮内膜症、子宮頚管ポリープ、子宮内膜ホリープ、子宮膣部びらんなど
悪性:子宮頸がん、子宮体がん、膣がん、卵管がん、外陰がんなど

(2)機能性出血の原因…女性ホルモンの卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)のバランスの乱れによるもの
・更年期における卵巣機能の衰え、ストレス、不規則な生活など
・思春期で子宮や卵巣が未発達
・排卵期前後の、無排卵・卵胞ホルモン分泌低下によるもの
など

器質性では、子宮や膣などに傷や腫瘍ができたことによって出血したものが外に出てくることで起こります。
機能性では、ホルモン異常などが原因で出血します。どちらの不正出血なのかは、生理前、生理直後、妊娠の可能性がある場合など、状況に応じて判断されます。

●時期別 不正出血の原因

<生理前に不正出血が起きる原因は?>
生理前の不正出血の場合、排卵期出血(中間期出血)の可能性があります。前回の生理が終わった後から、次の生理を迎えるまでの期間に起こる出血のことです。なぜ排卵期出血が起こるのかというと、女性ホルモンの卵胞ホルモンが卵巣から急激に多く分泌されるため。子宮内膜の一部が剥がれ落ちることで、まるで生理中のような出血が起きることがあります。ただし、毎月のように発生し、さらに5日以上出血が続くという場合、排卵の機能自体に乱れが生じている可能性があります。

●生理直後に不正出血が起きる原因は?

生理が終わったのに、1~2日後などにまた出血する場合、ホルモンバランスの乱れによる機能性出血であることが疑われます。特に、更年期の場合や、思春期の女性にはよく起こることではあります。とはいえ、出血が数日にわたって続く、量が多いなどの場合には、子宮の病気が原因の可能性もありますので、すぐに婦人科を受診しましょう。

子宮の病気としては、膣に炎症が起こっている場合などが考えられます。炎症によって膣の内部や子宮の入り口に菌が繁殖することで、出血しやすくなるのです。例えば、子宮頸がんの場合、初期の段階から進行することで、おりものが茶色くなったり、不正出血が起こったりします。

●妊娠の可能性がある場合

もし、生理がくる頃に少量の出血があった場合、妊娠している可能性もあります。生理と間違いやすいですが、通常の生理の量と比べて明らかに少ないので、「おかしいな」と気づくことが多いでしょう。

放置せずに病院に行こう

もし、不正出血が起こったとき、それが機能性出血などの放っておいても問題のない出血であるかどうかは、自分で判断しにくいものです。例えば、子宮頸がんが進行しているときに起きる不正出血であったとしても、排卵期に起こるホルモンバランスの乱れが原因の不正出血とは、なかなか見分けがつきません。
不正出血の量が多い、長く続くといった場合には、放置せずに必ず婦人科を受診しましょう。

●不正出血が起こったらどんな治療をするの?

もしあなたに不正出血が起こり、原因を知るために婦人科等を受診した場合、まずはさまざまな検査を行い、その原因を調べることになります。例えば、性感染症検査、子宮がん検査、おりもの検査、腫瘍の有無を見る超音波検査、妊娠検査、女性ホルモンの分泌量を見る血液検査などがあります。これらのうち、疑わしいものの検査を行うことになるでしょう。

原因が特定できたら、その原因に対して治療が行われます。たとえば、炎症や腫瘍が見られる場合、抗生剤が出たり、腫瘍を摘出したりするなどの方法があります。
また、特に病気が見つからずホルモンバランスの乱れが疑われる場合、経過観察になることもあれば、女性ホルモンの内服薬を用いた治療が行われることもあります。

不正出血は、多くの女性たちが経験していることで、特に珍しいことではありません。一時的な出血であれば、それほど気にする必要はなく、しばらく様子を見るようにしましょう。もし、あまりにも長い期間続く場合、痛みを伴う場合などは我慢せず、すぐに婦人科に行きましょう。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
pixta_17099982_M

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします