pixta_13775071_XL

今話題!レコーディングダイエットってどんなもの?

レコーディングダイエットという言葉を聞いたことがありますか? 日頃からダイエットに関心が高いと、WEBサイトなどで見かけたり、TVで紹介されていたり、気になっていた人も多いのではないでしょうか。今回は食べたものを記録していく「レコーディングダイエット」についてやり方やメリットなどを見ていきましょう。

■レコーディングダイエットとは?

2007年に発行された書籍「いつまでもデブと思うなよ」の著者である岡田斗司夫氏が考案したダイエット法です。岡田氏自身もこの方法でマイナス55㎏のダイエットに成功したことから、大きな話題となりました。話題となった訳は、「食べたものを記録するだけ」というシンプルな方法にもあります。今まで色々なダイエットにチャレンジしたけれど、なかなか上手くいかなかった……という人のなかにもこの「レコーディングダイエット」を始めてみたら成功した!という人が続出しているようです。では、さっそく詳しいやり方をみていきましょう。

■レコーディングダイエットのやり方

いくらやり方が簡単だからとは言え、自己流で始めても全く成果が得られずに終わってしまいます。正しい方法をしっかりとチェックしてからはじめましょう!

(1)まず記録することだけを意識する
レコーディングダイエット開始から5日間ほどは、食事記録をつけることに慣れることが大切。いきなり過度な食事制限は禁物です。飴やチョコレート一粒でも口に入れた物全てを記録するというのは、面倒なことだということをカラダで覚えていく期間と言えるでしょう。またこのとき、自分の食事の傾向もチェックするといいでしょう。「食事の時間が不規則だな」、「間食が多い」、「甘い物が多い」など気づくことは多いはずです。

(2)食べたものを数値化していこう!
レコーディングダイエットを始めて1週間が経過したら、続いては食べたもののカロリーを一緒に記録するようにしてみましょう。このとき、あまり厳密にカロリーを計算する必要はなく、あくまでもだいたい1日にどのくらいのカロリーを取っているのかを把握できるようにすることが大切です。

(3)ここではじめてカロリー制限
レコーディングダイエット開始から203週目に入る頃、1日の摂取カロリー目安を決めましょう。基礎代謝によって1日に必要なカロリーは変わりますが、普通の生活をしている女性であれば1200カロリー前後を目安にするといいでしょう。ここで大切なのは、目標カロリーをオーバーしてしまったからといって、記録をつけることを辞めてしまわないこと。オーバーした分は翌日で少し調整するなど、気楽に行っていきましょう。

このような手順ではじめていき、少し疲れが出てきたら運動をしてみる。空腹を感じないようにマッサージでリラックスしてみるなどの自分流の気分転換方法を織り交ぜながら続けていきましょう。過度な食事制限がない分、体重の減少も緩やかなので、根気強く、しかし気軽に。とにかく継続が大切です!ダイエットに成功しても、元の生活に戻らないことも大切です。また記録方法は、ノートでなくてもパソコンのメモ帳やエクセルなどを活用するのもいいでしょう。スマートフォンであれば、食事記録ができるアプリもあるようです。自分の一番やりやすい方法で記録していきましょう。

■レコーディングダイエットのメリット

このように日常のなかに徐々にダイエットという意識を植え付けていく「レコーディングダイエット」は、厳しい食事制限などをしない限り、失敗しにくいというのが最大のメリットです。また、自分の食生活を記録することで、さまざまなことに気づくことができるのも大きな利点でしょう。また、カロリーも一緒に記録し始めると、自然と「今日はこのくらいのカロリーを摂っている」と意識できるようになっていきます。このように、習慣として食べたものを記録しつづけていれば、それだけでダイエットを意識できます。

■レコーディングダイエットの体験談は?

●Aさん(32歳・主婦)の場合

出産後に体重が増加してしまい、さまざまなダイエットに挑戦していました。しかし、どれも長続きせず、リバウンドを繰り返していたそうです。「レコーディングダイエットを始めてから3年経ちますが、未だに食べたものは記録し続けています。面倒くさがり屋な性格なので、私はまず手帳にメモを取る感覚で始めました。でもはじめて見ると、意外と楽しくなってきて、食べ物のカロリーにも詳しくなれたのも嬉しいですね。家族の健康管理にも役立っています」とAさんは語ります。

●Bさん(34歳・会社員)の場合

34歳の会社員Bさんは、レコーディングダイエット歴1年です。「正直、初めは半信半疑でした。食べたものを記録するだけで痩せるわけがないと思っていたんです。でも、はじめて見ると自分の食べているものの傾向がノートを見返すだけでよく分かり、食生活の改善を意識できました。レコーディングダイエットを始めた当時は、本当に加工品や外食ばかりだったのですが、今では自炊を心がけています。ちょっぴりですが、節約にもなっていますね」とBさん。

レコーディングダイエットを始めると、家族の健康管理や節約など嬉しい相乗効果もあるそう! とにかく自分の食生活を可視化することが大切な、レコーディングダイエット。日記をつけている人は、まず日記の最後に、食べたものを記載していくことからはじめてみてはいかがでしょう?

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
pixta_13775071_XL

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします

ランキング / rankings