51e10d92ef29433889cab220405f54f1_s

スポーツの秋!みんなでもできるオススメのスポーツって?

今年は台風が立て続けに来たこともあり、夏から秋への変わり目には、なかなか秋晴れには恵まれない日が多かったですね。でも、まだまだ秋は続きますよ。せっかくの「スポーツの秋」なので、ここは一つ、スポーツを楽しんでみませんか? 一人でもできるスポーツから、みんなでわいわい行うスポーツまで、ルナルナおすすめのスポーツを紹介します!

■なぜ「スポーツの秋」っていわれているの?

ところで、秋といえば「スポーツの秋」とよくいわれますが、そもそもなぜ秋にスポーツなのでしょうか?
最も有力な説が、10月にある「体育の日」からきているというもの。「体育の日」は、1966年に「国民の祝日に関する法律」に基づいて定められた祝日です。1966年の制定当時は、10月10日が「体育の日」でしたが、2000年に10月第2月曜日を毎年「体育の日」とするように定められました。
では、なぜ10月10日になったのかという疑問が生まれますよね。実は、10月10日は、1964年に開催された東京オリンピック競技大会の開催日だったのです。
東京オリンピック競技大会は、東京が主催都市となって開催されたオリンピックで、アジアで初めて行われた大会としても知られています。開会式が行われた10月10日は、今でも記念日として残っているのです。
また、10月は小学校などでも運動会が多く開催されますし、晴れの日も多いことから、スポーツをするのに最適な季節でもあります。
このようにさまざまなことが重なり、秋といえばスポーツ・運動というイメージが定着し、「スポーツの秋」といわれるようになったのではないかといわれています。

■みんなで集まった時に屋外&室内でできるスポーツ

大人になった今でも、秋が来ればみんなで集まってスポーツに汗を流して楽しむ時間を持ちたいものですよね。カラダを動かすことはとっても気持ちいいものです。
そこで、ルナルナおすすめの屋外&室内で盛り上がるスポーツを2つピックアップしてみました。ぜひチェックしてみてくださいね。

●バスケットボール・ミニバスケ

学生でバスケ部に入っているあなたも、学生時代にバスケ部に所属していた社会人のあなたも、きっとバスケの楽しさは計り知れないことを知っているはず。ご存知の通り、バスケットボールは手でボールを巧みに扱いながら、ドリブル、パスなどを駆使して頭上のゴールにシュートし、点数を競うスポーツです。ポイントになるのは、チームがいかに連携し、上手にパスを回せるかどうか!パスするときのコツは、膝を少し曲げ、腰を落として両手のひらをボールに向けてパッと離すこと。相手との意思疎通も大切ですよ。
また、少人数であれば、通常の半分のハーフコートを利用して、3対3で戦う3on3(スリーオンスリー)はいかがでしょうか。ラインの内側からのショットによって見事ゴールを決めれば1点、ラインの外側からのショットでゴールを決めれば2点。フリースローは1点というルールがあります。女性でもやりやすく、本格的なバスケはちょっと苦手という人でも参加できるので、みんなでわいわいやるのに最適ですよ。

●卓球

一昔前は、ちょっとオタクっぽいスポーツといわれていた卓球。今では福原愛選手らの活躍もあって人気が上がり、とてもカッコいいスポーツの一つになっていますよね!相手のコートに1バウンドさせればOKで、同じように相手のコート内に1バウンドさせて返すことができれば返球が成功。もし返球が失敗したら、そこで相手に1点入ります。11点先取すれば勝ち! この卓球、ボールを回転させるショットを打ったり、心理戦を駆使して行ったりするなど、実はとても奥が深いんですよ。しかも、プロの卓球の試合を見ても分かる通り、とてもスピードが速いですよね。かなり瞬発力が必要な激しいスポーツでもあるのです。イギリスの貴族が行っていたのが日本に伝わったのがはじまりだそうですよ! なんだか意外ですよね。ぜひみんなでわいわい楽しみましょう!

■一人でもスポーツしたい!オススメスポーツは?

もし、友達が忙しくてなかなか都合がつかないときは、一人でもスポーツしちゃいましょう。一人できるスポーツといえば、ランニング! ランニングの魅力は、ゆっくり長く走ることで、全身を動かす有酸素運動になるため、ダイエットにもいいこと。そして、長く走っていると、脳からエンドルフィンというホルモンが分泌されるため、疲れも徐々に和らいでいきます。また、走ることでストレス解消になるのも、やる価値があるポイントです。ランニンググッズを用意してトレーニングをはじめ、大会にエントリーすれば目標もできて楽しくなりますよ。

■運動がもたらす健康効果は?

このようなスポーツや運動をすると、楽しいだけでなく、健康効果も得られます。果たしてどんな効果が? 早速チェックしてみましょう!

●体力・筋力が維持できる

人間は、毎日カラダを動かして筋肉を使わないと、筋肉が減少して、心肺機能も衰えていきます。でも、そこまで激しい運動は必要ありません。歩くだけでも、体力と筋力を維持することができます。加齢とともに確実に落ちていく体力と筋力。長く健康であり続けるために、運動は最低限必要なことといえます。もちろん、食べたものを効率よくエネルギーとして変えてくれるので、余分な脂肪がつきにくくなるメリットもあります。

●肩こりや冷え性が改善される

普段、デスクワークでカラダを動かさず、肩こりや冷え性で悩まされている人は、運動が特におすすめ。血行が促進され、肩こり・冷え性も改善しますよ。

●ストレス解消・PMSの緩和になる

運動には精神的な効果もあります。適度な運動をするとリフレッシュできるので、ストレスの緩和にも役立ちます。また、PMS(月経前症候群)でイライラや気分の落ち込みなどの症状が起こる人は、ぜひPMSの時期に軽い運動をしてみましょう。きっと症状がいくらか改善され、気分も晴れやかになりますよ。

いかがでしたか? スポーツの秋こそ、運動のチャンス! 残り少ない秋の期間を利用して、たくさんカラダを動かして、寒い冬を乗り切れる健康的なカラダを手に入れましょう!

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
51e10d92ef29433889cab220405f54f1_s

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします