7a216789d1844bfac75e1b02ad2f14cc_s

男性は知っておいて!彼女が生理のときのトリセツは?

男性必見! 普段、彼女と過ごしている時間の中で、直面するのが、彼女の生理。生理とデートの日が重なったら、ちょっと戸惑ってしまいますよね。女性は生理のとき、カラダはもちろん、ココロにもいろんな変化が起きています。自分でコントロールするのは大変なので、彼女側も申し訳なく思っていることがあるはず。そこで、男性がぜひ知っておくべき、彼女が生理になったときの状態を、ココロとカラダの両面からご紹介します。

■生理前・生理中・生理後で全然違う彼女のココロ

女性のココロって、なんだかコロコロよく変わるなと思うことってありませんか? 昨日はあんなに機嫌がよかったのに、今日はちょっとテンションが低い…なんてことは、日常茶飯事。彼女のココロが変化するのは、ただの気分の問題とは限りません。女性ホルモンの影響から、生理前、生理中、生理後の時期によって、彼女の心は揺れ動くものなのです。早速、それぞれの期間の彼女のココロの傾向を見ていきましょう。

●生理前のココロ

排卵期を境にして、女性ホルモンの「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の分泌が高まる時期です。生理前であるこの時期こそ、ココロの症状が出やすいといわれています。「PMS(月経前症候群)」という言葉を聞いたことがある人もいるかもしれません。これは、生理前にココロとカラダが変化する症状をいいます。
ココロの代表的な症状は、イライラしたり、情緒不安定になったり、気分が落ち込みやすくなったり、不安や緊張が増したりするというもの。集中力や記憶力が低下して、ボーッとすることが増えるなど、仕事面にも影響が出ることがあります。

●生理中のココロ

生理がくると、生理前のPMSの症状は和らぐといわれています。彼女のイライラや憂鬱さといったネガティブな感情も、いくらか消えているはずです。
とはいえ、生理前のイライラがおさまったとしても、ちょっと気分は暗くなりがち。家に閉じこもって内向的になる傾向があります。実はこれにもホルモンが関係しているんですよ。いつもよりもおっとりしているなあ、と思ったら、ホルモンの仕業だと捉えましょう。

●生理後のココロ

生理後は、打って変わったように、彼女が最もアクティブな時期! もしかしたら、この時期のデートは、外に出たがるかもしれません。一緒にランニングやウォーキングなどを楽しむのも良いのでは?
生理後は、女性ホルモンのうち「卵胞ホルモン(エストロゲン)」の分泌が高まる時期です。エストロゲンは、女性を美しく、イキイキとさせるホルモンで、肌の調子も良くなります。生理前・生理中の彼女とは別人の彼女が現れるかもしれませんね。きっと機嫌も良いことでしょう!

■生理前・生理後・生理中で全然違う彼女のカラダ

さて、次はカラダのことを見ていきましょう。外側からはわかりませんが、彼女のカラダの中では、いったい何が起こっているのでしょうか?

●生理前のカラダ

生理前は、先ほども紹介した通り、「PMS」の症状が出る人がいます。このPMSは、ココロだけでなく、カラダにも症状が現れます。例えば、お腹が張ったり、下腹が痛んだりすることがあります。肩こりがひどくなったり、胸が張ったりすることもあれば、貧血や異常な眠気、むくみ、だるさに悩まされる人もいるなど、症状はさまざまです。また、体重が増える傾向もあるので、彼女はますますふさぎこみがちに。それでいて、甘いものが無性に食べたくなるなど、食欲が旺盛になるため、ダイエットには不向きな時期です。「太ったんじゃない?」なんて言うのは禁物。この時期は、ココロもイライラしがちなので、相乗効果でちょっと不調なのです。

●生理中のカラダ

生理中の彼女から、何かしらの症状を聞いたことがある人もいるかもしれません。下腹部が痛む生理痛や頭痛、むくみ、吐き気、だるさなどが多く見られる時期です。生理中は出血している状態と同じなので、貧血気味になるのが事実。体温も下がり気味になるので、冷えやすい面も心配です。
この時期は、アクティブというよりも、ゆっくり部屋でくつろいだほうがいいかもしれません。

●生理後のカラダ

生理の終わり頃から、「卵胞ホルモン(エストロゲン)」の分泌が高まり、ココロもカラダのポジティブになる時期。カラダもすっきりとして、むくみや体重増加にもストップがかかる傾向が! ダイエットにはピッタリの時期なんですよ。彼女も、カラダを最も軽く感じているタイミングです。ぜひスポーツやトレーニングを積極的に行いましょう。

■こんな彼女になったら、こんな風に接してあげて!

これまでご紹介したように、女性のココロとカラダは次々と変化していきます。そこで、彼女のココロの変化に合わせた対応法を伝授します。

●彼女がイライラして興奮していたら?

生理前によくありがちな、彼女のイライラや怒りっぽさ。「なんでそんなちょっとしたことで怒るんだろう?」と不思議に思うこともあるかもしれません。でも、これは女性ホルモンのせいだと思い出して、あまり気にしないようにしてあげてください。もちろん、ケンカをふっかけてきたとしても、それに乗るのはNG。対応はむずかしいかもしれませんが、広いココロで大目に見てあげましょう。
また、この時期の彼女は、一人でいたいときもあるものです。そんなときも、無理に一緒にいようとせず、そっとしておいてあげるのがいいでしょう。生理がはじまれば、イライラはある程度おさまるはずです。

●彼女がふさぎ込みがちになったら?

生理前や生理中によく起こりがちな彼女の憂鬱傾向。ちょっとしたことで落ち込みやすいので、こういうときに、なまけるなと言ったり、理屈っぽく説教じみた話をしたり、無理に外に連れ出したりするのはやめましょう。一生懸命諭したつもりでも、彼女のココロとカラダはかえって悪い方向へ向かってしまいます。
ふさぎこんでいるのは、カラダのだるさや不調からもくるものです。無理に外で楽しく過ごそうといったことは避けて、聞き役に徹するのがポイント。彼女がどんな気持ちでいて、どんなカラダの不調に苦しんでいるのかを聞いてあげた上で、優しく接してあげましょう。それだけで彼女は安心するものです。

男性から見たら、女性は態度がコロコロ変わりすぎるように感じるかもしれません。ただ、それは生理周期によるものかもしれないことをココロに留めておきましょう。「ちょっときついな」と思うふるまいになってしまっていても、広いココロで受け止めてあげてくださいね。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
7a216789d1844bfac75e1b02ad2f14cc_s

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします