shutterstock_218993980

布ナプキンって紙ナプキンとどう違うの?

最近、よく耳にするようになった「布ナプキン」。普段使っているナプキンと何が違うの?と素朴な疑問を持っている人も多いはず。実はこの布ナプキン、多くのメリットがあるのです。でも、紙ナプキンと異なり、使い捨てではなく、洗って使うところなど、これまでとは使い勝手が違うのも気になるところ。今回は布ナプキンと紙ナプキンの違いを見ていきましょう!

■布ナプキンってどういうもの?

「布ナプキン」とは、布でつくられた生理用ナプキンのこと。一般的に使われている使い捨てのものは「紙ナプキン」です。布ナプキンも、紙ナプキンと同様に経血量に応じたさまざまなサイズのものが売られています。羽つきの紙ナプキンとほぼ同じ形のものだけでなく、布を折りたたんで使うタイプ、経血を吸収させる布と組み合わせて使うタイプなど、お店によって形もいろいろあります。どのタイプのものも、使い方は基本的に同じですが、紙ナプキンとは大きな違いがあります。いったい、どこが違うのでしょうか?

●布ナプキンと紙ナプキンの違い

布ナプキンが紙ナプキンと違うのは、一度使ったら、そのまま捨てず、洗って繰り返し使えること。主に素材は綿(コットン)でできていて、その布に経血が吸収されます。
でも、布ナプキンを使ったことがないと、「もれないの?」「下着にまで浸透してしまうのでは?」と不安になりますよね。確かに紙ナプキンは、長時間つけていてももれないことに重きが置かれていて、吸収性に優れたものがたくさん販売されています。それに比べると、布ナプキンを長時間つけ続けることは、物理的にむずかしくなっています。布なので、どうしても浸透してしまうからです。
その代わり、紙ナプキンには蒸れやすいというデメリットがあります。一方、布ナプキンは、肌にやさしく、蒸れにくいのが特徴です。よって、紙ナプキンで蒸れてしまい、かゆみやかぶれなどが起こった経験がある人には、布ナプキンがお助けアイテムになってくれることでしょう。

●布ナプキンのメリット

布ナプキンには蒸れにくい以外のメリットもたくさんあります。主なメリットを見てみましょう。

・肌ざわりが良いのでストレスを感じにくい
・においが出にくい
・冷えにくく、温かい
・自分で洗うので生理や自分のカラダについて考えるきっかけになる

物理的な効果としては、デリケートな肌に優しい点がまず挙げられます。そして、肌ざわりがいいのでストレスを感じにくく、生理期間中でもより快適に過ごすことができるところも大きなメリット。紙ナプキンのように長時間取り替えないということがなく、通気性もよいので、経血のにおいが抑えられる点も魅力です。紙ナプキンの吸収体によって膣が冷えている場合は、布ナプキンの使用で冷えが改善される可能性もあります。
また、自分で経血を見て洗うという行為は、自分のカラダと向き合ういい機会をもたらしてくれます。

■はじめてで心配!布ナプキンの使い方

では、布ナプキンの基本的な使い方を見てみましょう。
布ナプキンにはさまざまな形状や種類がありますが、ここでは紙ナプキンと同じようなサイズのものの使い方を紹介しますね。
まず、ショーツに布ナプキンをあてがいますが、このとき、ずれてしまうのが気になりますよね。布ナプキンの中には、ナプキンの両脇から出ているリボンのスナップを止めることで、ショーツに固定できる羽つきのものもあります。多い日などは、替えパッドを重ねづけしてもれを防ぐ方法もあります。
布ナプキンを取り替えるときは、汚れた面を内側にして三つ折りにしします。使用後のナプキンは、広がらないように念のためスナップで固定してから、ビニール袋に入れて持ち返ります。

■洗い方のコツは?布ナプキンの洗い方

使い終わった布ナプキンは、家に持ち帰ったらすぐに洗います。でも、洗い方にはコツがあるんです!

●布ナプキンの洗い方

1.まずはつけ置き!
持ち帰った布ナプキンは、すぐに洗うのではなく、「つけ置き」して、汚れを浮かせるのがコツ。小さいホーローバケツやポットなど、フタつきの容器を用意しましょう。水かぬるま湯をためて、液体の石鹸や洗剤を入れます。このとき、お湯の温度には要注意! 経血の血液は42度以上で固まるので、落ちにくくなる原因に。熱い湯は避けましょう。また、どうしても揉み洗いしたくなりますが、そのまま何もしないほうが汚れの落ちがいいといわれています。揉まず、こすらず、そのまま2時間~一晩、つけ置きしましょう。

2.手洗いスタート!
つけ置きが終わったら、いよいよ手洗い開始。新しい水かぬるま湯に入れ替え、その中で揉み洗いして汚れを落としましょう。ここでしっかり汚れを落とすのがコツ。落ちにくいなら、石鹸や洗剤を足してもOKです。最後によくすすいで絞ります。ある程度汚れが落ちたら、洗濯機に入れて洗ってもいいですよ。

3.清潔なところに天日干し
おうちの中で、特に日当たりの良いところに天日干しをしましょう。清潔なところに干してくださいね。

●布ナプキンの保存方法

布ナプキンは、乾いた後も清潔に保管することが大事。カラダに当たる面が内側になるように折りたたんで、清潔なところに収納しておきましょう。自分の部屋のタンスの引き出しや、トイレの戸棚の中など、見えないところに収納しておくといいですね。

布ナプキンははじめて使うときはちょっとドキドキしてしまいますが、意外と手間がかからず、使っているうちに気に入る人が多いようです。もっと心地良く生理期間を過ごしてみたい人は、ぜひトライしてみてくださいね。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
shutterstock_218993980

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします