shutterstock_343641227

え?●●の消費カロリーが一番!?痩せるスポーツが知りたい!

今年の夏は、リオオリンピックで盛り上がりましたね! テレビの前で観戦しながら、ふっと思った人も多いのではないでしょうか。「痩せるスポーツって何かしら?」と。そこで、ダイエット効果の高いスポーツや、女性らしいカラダのラインをつくれるといわれるスポーツの中から、実践できそうなものをセレクトしてみました!

■スポーツで楽しくダイエット!

カラダを動かすことは、カロリーを消費できるので、ダイエットにも効果的です。しっかり呼吸をしながら行う「有酸素運動」で脂肪を燃焼し、筋トレなどの「無酸素運動」で美しいカラダをつくる。どちらも正しいやり方をマスターして、無理せず楽しみながらダイエットにつなげられるのが理想です。
夏に開催されたリオオリンピックを、テレビの前で観戦しながら、「アスリートって、カラダが引き締まっていてかっこいいな!」と思いませんでしたか? そこで気になるのは、彼らがやっているスポーツの消費カロリーです。ダイエットを意識してスポーツを始めるために、まず知りたい消費カロリーを調べてみました。

■あのスポーツの消費カロリーはコレ!

オリンピック競技の中から、毎日の生活にプラスできそうなスポーツと、本格的に取り組んでも楽しめそうなスポーツをセレクトし、消費カロリーを調べてみました。

基準は、体重約53㎏の女性が1時間行った場合の消費カロリーとします。

テニス 406kcal
マラソン(ジョギング) 389kcal
自転車(マイペース) 378kcal
競歩 361kcal
バスケットボール 361kcal
水泳(マイペース) 322kcal
バドミントン 306kcal
ゴルフ 267kcal
バレーボール 222kcal
卓球 222kcal

※消費カロリーは、活動・運動を行った時に安静状態の何倍の代謝(カロリー消費)をしているかを表す「METs(メッツ)」から算出しています。
※動きの速さなどにより、個人差があります。
※小数点以下は切り捨てています。

上記は一例ですが、通勤時間などをじょうずに使ってできるスポーツもありますが、本格的にやってみたいスポーツがある場合は、スポーツジムに通ったり、地域のクラブチームなどに入ってみるのも楽しいかもしれません。

■毎日できるスポーツでダイエット!

「1人で気軽に取り組めるスポーツで、ダイエットをしたい!」と思っている人は、通勤時間を利用したり、帰宅途中気軽に立ち寄ってできるような有酸素運動を始めてみましょう。

●ジョギング

すぐに始められて、自分のペースでできるスポーツといえばジョギング。通勤で利用する電車やバスを少し減らして、走ってみてはいかがでしょうか? 鞄をリュックに替え、ヒールをスニーカーに替えて、電車1駅分走るだけでも毎日の運動量は増えます。

消費カロリーは1時間走って389kcalくらい。半分の時間に減らしても、ごはん1杯分くらいのカロリーはなかったことにできそう。毎日続けることで、筋肉も鍛えられるので代謝アップの効果もあります。代謝が上がると、痩せやすいカラダになるともいわれているので、ぜひ続けてみましょう!

●競歩

リオオリンピックの男子50キロ競歩では、日本の荒井選手が銅メダルを獲得しましたね。競歩には、どちらかの足が地面についていなければいけない、接地した脚は地面と垂直になるまでヒザを伸ばさなければいけない、というルールがあります。

消費カロリーは1時間で361kcalくらいですが、実は競歩の動きはダイエットに効果があるといわれています。ルール通りにやってみるとわかりますが、“速く歩く”ためには、おしりの筋肉をキュッと締めながらウエストをくねくねとまわすことが大事。これはヒップアップや、ウエストを引き締めるためにやるエクササイズと同じ動きでもあります。

●自転車

サイクリングは手軽に楽しめて、しかも運動量が多いスポーツです。実際に自転車通勤に替えた人からは、「車だと渋滞にハマることがあるけど、自転車はすいすい走れるから気持ちがいい」、「満員電車から開放された」という声を聞きます。

消費カロリーは1時間こいで378kcalくらい。風を感じながら、気持ちよく走りたいスポーツです。自転車は脚だけでこいでるように見えますが、実際にはハンドルを操作するためには腕の筋肉を使い、バランスをとるためには全身の筋肉を使うので、全身の筋肉を鍛えられるスポーツでもあります。自分に合った自転車選びも大事。買うときには、専門員に相談してみることをおすすめします。

●卓球

オリンピックでは、男女ともにメダル獲得という素晴らしい結果をおさめた卓球。思わず「私もやってみたい!」と思った人も多いのでは? そこで、市や地域で運営している体育館で、卓球台を開放しているところがあるのをご存じですか? そしてふらりと立ち寄ってみると、対戦相手を探している人から声をかけられたりするのです。

消費カロリーは1時間続けて222kcalくらい。「それだけ?」と感じる人もいるかもしれませんが、この数字はあくまでもラリーを続けた場合の数字です。実際には、小さいボールを打ち返す機敏な動作には、全身の筋力を使います。そして、あちこちに飛んで行ってしまうボールを拾いに走ることも、相当な運動量になるのです。

スポーツを毎日続けるためには、「楽しい」ことも大切。体調が悪かったり、疲れがたまっていたりするときは無理をせず、きちんと休息をとりましょう。

■美しいカラダのラインをつくりたい!

体重を減らす目的だけでダイエットをしても、なかなか長続きしないもの。せっかくスポーツをやるなら、健康的なきれいなカラダを手に入れたいと思いませんか? そんな人におすすめのスポーツがあります!

●水泳

水泳は全身を使う有酸素運動なので、代謝アップに効果があります。また水圧で呼吸筋なども鍛えられる、健康的なスポーツでもあります。市や地域で運営している施設やスポーツクラブなどを利用できるので、週に数回会社帰りに寄ってひと泳ぎすることもできそうですね。

消費カロリーは1時間泳いで322kcalくらい。平泳ぎやクロール、バタフライなど、泳ぎ方によって違うので、いろいろな泳ぎにチャレンジしてみたいですね。泳ぎだけでなく、水中を歩くだけでもダイエット効果があります。陸上ではすたすた歩けますが、水中では水の抵抗があるので、そう簡単には歩けません。水中を歩くときは、全身の筋肉をまんべんなく使うので、ほどよい筋肉がついたキレイなカラダになれるといわれています。

●ゴルフ

社会人になると、「仕事の付き合いでゴルフ」なんてこともありますよね。週末にコースに出るため、会社帰りに打ちっぱなしに行くなんてこともあるのでは? 実はゴルフは、ダイエット効果が高いといわれているスポーツです。付き合いから、「自分のカラダにプラスになる」という気持ちに切り替えて、ゴルフを楽しんでみませんか?

消費カロリーは1時間続けて267kcalくらい。コースに出る場合と打ちっぱなしとでは違いがありますが、ゴルフは全身を使うスポーツです。コースに出ると、とにかく歩きます。できれば少し大股で、腕を大きく振って歩くようにしてみましょう。またゴルフはフォームも重要。基本のフォームで打つと、ウエストをひねっていることや、二の腕の力を使っていることに気づきます。たるんだお腹や二の腕が、引き締まるのも時間の問題かもしれません。

ジョギングや自転車ほどの手軽さはありませんが、平日の夜や休日を利用してできるスポーツも多くあります。リフレッシュしながらスポーツを楽しむことが、健康的なダイエットにつながるかもしれません。

■スポーツや筋トレを本格的にやりたい!

地域や個人で、スポーツチームのメンバーを募集しているところも少なくありません。特に球技などの団体スポーツは、メンバーを集めるためにwebで募集をしたり、行政施設などの掲示板などを活用したりして呼び掛けているようです。バレーボールやバスケット、バドミントン、テニスなど、「本格的にスポーツをやりたい」という人は、自分に合いそうなチームを探してみましょう。

きちんとメニューを決めてトレーニングをしたい人は、スポーツクラブなどに入るのもおすすめです。「トレーナーと二人三脚でダイエットをしている」という人もいます。特に筋トレなどは、自己流でやると筋肉などを傷めてしまい逆効果になることも。まずは腹筋や背筋などの大きな筋肉を鍛えてから、トレーナーの指示のもとで気になる部分の筋肉を鍛えてダイエットにつなげましょう。

スポーツは、楽しみながらできるダイエット法でもあります。新しく始めることで、普段の生活に、“楽しいスパイス”がプラスされるかもしれませんね!

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
shutterstock_343641227

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします

ランキング / rankings