iphone-1032778

初めてのお産は不安でいっぱい。陣痛って、どれくらい痛いの?出産までどれくらい続くの?

妊婦生活のクライマックスに訪れる陣痛。陣痛について少しでも情報が欲しいという方、陣痛って痛そう…と不安に思っている方に、陣痛の始まりや痛みについて、例をあげながらご説明しましょう。個人差はありますが、きっと参考になると思います。

陣痛はどんなふうに始まるの?

赤ちゃんが生まれてくるときに起こる、子宮から赤ちゃんを押し出すための収縮運動を「陣痛」と呼んでいます。

生理痛に似た感覚の弱い痛みで始まり、はじめは不規則。そして徐々に感覚が狭まり、痛みも強くなってきます。

陣痛は「おしるし」「破水」と並ぶ、出産開始のサイン。定期的にやってくる収縮運動は、いままでにない感覚なので、陣痛に気づかないことはほぼありません。

 

陣痛の長さや感じ方は個人差が大きい

陣痛=痛いというイメージがあるかもしれませんが、痛みの感じ方は人それぞれ。

「陣痛における痛みの絶対量は決まっている」という説もあり、短時間で痛みを強く感じるか、時間をかけて痛みを分散させるか、と考えることもできます。

でも、こればかりは選ぶことができないので、赤ちゃん任せですね。

陣痛に気づいてから病院に行ってもなかなか生まれずに1日経ってしまった人もいれば、病院到着後、数時間で生まれてしまう人もいます。

 

陣痛の痛みってどれぐらい?

「鼻(小さい穴)からスイカ(大きな赤ちゃん)を出すような痛み」といった例もあるように、陣痛から赤ちゃんが生まれる直前までは、どうしてもきつい痛みがともないます。

陣痛の波がくるたびに、涙目で雄たけびをあげる人も少なくありません。

でも、母になるために、みんなが通る道。陣痛が強くなるにつれ、脳からエンドルフィンが出て、幸福感を増幅してくれるといわれています。

「痛かったけれど、赤ちゃんが出てくる瞬間は気持ちよかった」「あんなに大変だったのに、赤ちゃんを抱いたらもう1人欲しくなった」という声も多いものです。

 

無痛分娩=痛みなしとは限らない

それでも痛いのは絶対嫌!という人は、無痛分娩を選択することもできます。

無痛分娩では、腰に挿入したカテーテルから麻酔薬を注入して、下半身の痛みをとる硬膜外麻酔による分娩が一般的です。痛みがまったくなくなるとは限りませんが、それでも十分の一程度の痛みにやわらぎます。

人によって効き方も異なり、子宮口がある程度開いてから麻酔を入れるところもあります。

もちろん金額は高くなりますが、痛みへの恐怖というストレスを減らし、体力の消耗を防いでくれます。

 

痛みと同じぐらいの幸せがやってくる!

出産は、痛みばかりが気になっているかもしれませんが、2人目、3人目を産んでいるお母さんをみてみましょう。

痛みを乗り越えてこそつかんだ幸せが大きいから、次の出産に挑めるのです。

 

出産のときは、お気に入りの音楽をかけてもらったり、旦那さんに腰をさすってもらったりするなど、なるべく落ち着いて過ごせるように心構えをしておきましょう。これから出産の方、どうぞ頑張ってくださいね!

 

★今回のポイント★

・陣痛の痛みや長さは、人によって異なる

・陣痛が強くなるとともに、脳からエンドルフィンが出て、幸福感も増す

・無痛分娩では、通常の十分の一程度以下の痛みになる

 

 

この記事の監修
産科医 竹内正人先生

 

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
iphone-1032778

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします