mtihp-0002117_html

冬の下痢や嘔吐…その原因は、ウイルス性胃腸炎かも!?

職場や学校などで集団生活を送っていると、感染症の流行が気になるものです。特に嘔吐や下痢をともなう胃腸炎に感染すると、やっかいなもの。よく流行する胃腸炎にはウイルス性胃腸炎と細菌性胃腸炎がありますが、ここでは主に冬に流行しやすいウイルス性胃腸炎のノロウイルス、ロタウイルスを中心に、その症状などを解説します。

急に吐き気や下痢に襲われて、あわててトイレに駆け込んだり、学校や幼稚園、保育園から胃腸炎流行のお知らせが届いてドキドキしたり……そんな経験を持つ人は少なくないのでは? 胃腸炎にはノロウイルス、ロタウイルスなどウイルスが原因のものと、サルモネラ菌、腸炎ビブリオなど細菌性が原因のものがあります。今回は冬に流行のピークを迎えるウイルス性胃腸炎に焦点をあて、症状や原因を探ってみます。

吐き気や嘔吐が見られるノロウイルス

11月から2月頃の冬場に流行のピークを迎えるのがノロウイルスです。潜伏期間は1~2日間程度で、吐き気や嘔吐、下痢、腹痛などの症状が1~2日間見られ、その後おさまります。感染しても症状がでない場合もありますが、子どもや高齢者は重症化する場合もあるので注意が必要です。原因として、ノロウイルスに汚染されたカキなどの二枚貝を生や加熱不足の状態で食べた場合、また井戸水を十分消毒せずに摂取した場合など知られています。しかし、その原因を特定できない場合も多いようです。たとえば、食品を取り扱う仕事をしている人が、ノロウイルスへの感染に気付かずに食材や食器に触れて食品製造や調理などを行ったケース。その食品を食べた人が感染する「二次感染」があります。

●嘔吐物や糞便を処理する際の二次感染に注意

また、子どもの糞便や嘔吐物を処理した保護者が二次感染することも考えられます。感染者の糞便や嘔吐物には、ウイルスがたくさん含まれています。処理する際には使い捨て手袋やマスクなどを使用し、糞便や嘔吐物に触れないこと。また、糞便や嘔吐物のふき取りが不十分だと、ウイルスは死滅せず乾燥したあとも空中に残り、経口感染の原因となってしまいます。

感染力が強く、予防が難しいロタウイルス

1月から4月にかけて、乳幼児の間で感染が広まるのがロタウイルスによる胃腸炎です。感染力が強く、5歳までにほとんどの子どもが感染するといわれています。感染後の潜伏期間はおよそ2~4日間で、発熱や嘔吐にはじまり下痢の症状が見られます。大人も感染しますが、子どもに比べると症状は軽いことが多いようです。

●初めて感染した時の症状が重い傾向に

ロタウイルスはとても感染力が強く、生後6か月~2歳児が最も多く発症し、特に初めての感染した時の症状が重くなるようです。米のとぎ汁のような色をした下痢が特徴で、数日間続くこともあり、脱水症状にも注意が必要です。急性胃腸炎で入院した5歳までの乳幼児のうち、およそ半数の原因がロタウイルスという報告もあります(厚生労働省ウェブサイト。ロタウイルスに関するQ&Aより)。

季節を問わず発症が見られる「アデノウイルス」

ロタウイルスやノロウイルスの胃腸炎が冬を中心に流行のピークが見られるのに対して、季節を問わず発症が見られるのがアデノウイルスによる胃腸炎で、乳幼児に多く見られます。発熱や嘔吐があっても、比較的軽い場合が多いようです。下痢はロタウイルスのような白い色の便が見られることがあり、1週間から2週間ほど続くことがあります。

●約50種ものウイルスの型があるアデノウイルス

アデノウイルスには、約50種のウイルスの型があります。感染したウイルスによって、胃腸炎のほかに気管支炎や上気道炎、肺炎、扁桃炎、プール熱、流行性角結膜炎など、さまざまな病気が発症します。

こうしたウイルス性胃腸炎の予防に効果的なのは、石鹸と流水での丁寧な手洗いやうがいです。特に冬場は身近に感染している人がいない場合でも、こまめな手洗いとうがいを心がけるといいでしょう。

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
mtihp-0002117_html

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします