kumaman_title_2

あくせくままん② とにかく書き出す

夫婦でも、友達でも、親子でも、恋人でも。誰かに自分の気持ちをきちんと「伝える」って、難しいですよね。
誰もが一度はぶつかる、コミュニケーションでの「悩み」。「おきらくママン」になるため、ママンはどうやって解決するのか!?

★あくせくままんのお話をもっと読む

kumaman2_0

kumaman2_1kumaman2_2kumaman2_3
kumaman

「あくせく」暮らすのは、もう嫌だー。

「おきらく」ママンになりたいー。

一体どうしたらいいんだろ?

日々、そんな風に思っている、くまのママンです。

こんにちは。

朝。

自分の支度は後回しで、家族の支度で追われているところ、パパンが「赤のネクタイどこ?」と聞いてきたりします。

「自分で探してよ!」

「自分で探したけど見つからないから聞いてるんだよ」

「今手が離せないんだけど!」

イライラ。

1人で仕事に向かいながら。

「パパンは自分のことしかしてないのに!なんでいろいろやってる私に言ってくるの!?」

イライラ。

仕事中も引きずって、つまらないミスをして、ああもう私、なにやってんだろ。

仕事終わって、子どもを幼稚園に迎えに行って、帰宅して晩御飯作って、お風呂に入れて寝かしつけて、食器洗って洗濯物干して、片付けして。

「ただいま」

日付が変わる頃に帰ってきたパパンに、相談してみる。

「私、ここのところすごく疲れてて、イライラしちゃうんだよね」

「オレだって疲れてるよ」

終了。

お昼休み、友達とランチしながら、いっぱいおしゃべり。

仕事のこと、家のこと、いっぱい愚痴って、「わかる~」と共感してもらえて、スッキリ!

しばらくがんばれそう!!

 

……しばらくって、いつまで?

仕事終わって、子どもを幼稚園に迎えに行って……ドタバタ。何も変わってない。

 

どうしたらいいの?誰に相談するの?なにを?どうやって?いつ?

「ああもう嫌だ!!!」

私、体の中でぐるぐるしているいろんな感情を、吐き出すように、殴り書きしていました。

そうすれば、全部、リセットできるんじゃないかと思ったんです。

このしんどさから、逃げられるんじゃないか、って。

でも、違いました。

逃げられませんでした。

目の前には、「私」がありました。

「私」の、ゆるぎない、「事実」。

それを見て、はっきりわかったんです。

 

「わたし……【キャパオーバー】してたんだな……」

初めて、自分を「見える化」できた瞬間でした。

同時に、わかったこと。

自分でも気づいてなかった、私の【キャパオーバー】。

「パパンが、わかるはずないよね……」

なのに、伝わらなくて、イライラして。私ったら。

でも。

感情を書き出した紙を眺めて。

そこに、かすかに見えた……ひかり。

「感情」を「伝える」ことができれば。

家族のこと、一緒に考えることが、できるんじゃないかーーー。

それは、私が「おきらくままん」になる、第一歩でもありました。

つづく。

ママンが節約に奮闘!第一回「貯金のキホン。」を読む

 

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

uda_profile-thumbnail(1)
うだひろえ

マンガ家/イラストレーター、兼、二児の母。web・雑誌・書籍で、主にお金や家庭にまつわるエッセイを描(書)く。著書に「ママと子どもとお金の話」(サンクチュアリ出版)など。

Twitter: https://twitter.com/hiroeuda
kumaman_title_2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします