pixta_21221607

生理でレバー状の塊が出るのはなぜ? 中編

生理の時にドロッと出る、レバー状の塊。その原因となる病気についてご紹介します。

関連記事:

生理でレバー状の塊が出るのはなぜ? 前編

生理の経血に混ざるレバー状の塊の正体とは

生理の経血にレバー状の塊が出るときの注意点

経血にレバー状の塊がまじると言っても、指の爪くらいの小さな塊であれば、あまり心配することはありません。しかし、血の塊が大量に出たり、大きなレバー状の塊が出てきたり、それが続くような場合には、子宮筋腫や子宮内膜症など病気の可能性もあるので、一度、婦人科で相談してみると良いでしょう。

レバー状の塊の大きさが5cmくらいの場合は、婦人科の病気の可能性が高いといわれているので、この大きさをひとつの目安にしてみてください。

生理の経血にレバー状の塊が多くなる病気

生理の経血にレバー状の塊が多く出る場合に考えられる代表的な病気には、「子宮筋腫」と「子宮内膜症」の2つがあります。

●子宮筋腫

子宮にコブのような腫瘍ができる病気で、基本的には良性の腫瘍です。子宮筋腫にかかると、出血量が多くなってレバー状の塊ができるほか、貧血などを招くと言われています。

●子宮内膜症

子宮内膜が子宮外にできてしまう病気です。生理の時に、この過剰にできた子宮内膜がはがれ落ちて、出血するといわれています。また、子宮内膜症にかかってしまうと、そのほとんどの人が、激しい生理痛、腰痛、吐き気などの症状に苦しめられるとされています。

どちらも2030代の若い女性に多く見られる病気なので、もし、レバー状の塊が出てくる以外にも思い当たることがあれば、一度、婦人科で検査してもらうことをおすすめします。

⇒ レバー状の塊を予防する方法

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
pixta_21221607

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします