10716-1

母乳不足に!乳房マッサージの方法

母乳が出にくいときに有効な「乳房マッサージ」の方法を、ドクター監修の記事でお伝えします。母乳の分泌をうながす「乳房マッサージ」と、赤ちゃんが吸いやすい乳首にするための「乳頭・乳輪マッサージ」の2種類をご紹介します。

母乳が出にくいときには、乳房マッサージをしてみるとよいかもしれません。助産院でも行ってくれますが、自分でできるように方法を覚えておくことをおすすめします。

母乳が出ないときに有効なマッサージは2種類ある

母乳のもとになっている血液は、乳房の下の部分(基底部)を通っています。「乳房マッサージ」では、この基底部の血流をよくして母乳の分泌をうながしていくのです。そして、もうひとつ母乳を出やすくするマッサージがあります。それが、「乳頭・乳輪マッサージ」です。このマッサージでは、赤ちゃんが吸いやすいように乳首をやわらかくします。

母乳があまり出ないときには、この2種類のマッサージを授乳前に行いましょう。母乳が出るようになってきたら、「乳頭・乳輪マッサージ」の一部(圧迫)だけでも十分です。どちらもゆっくりと時間をかけてマッサージするのがポイントとなります。また、マッサージ前には手と乳首を清潔にしてください。

母乳の分泌をうながす「乳房マッサージ」

この乳房マッサージでは、おっぱいの底(基底部)をやさしくさするのがコツです。決してもみほぐさないようにしてください。入浴中にマッサージすると血液の循環がよくなるので効果的です。もしくは、マッサージの前に蒸しタオルで乳房を温めておくとよいでしょう。

「乳房マッサージ」の方法

  1. マッサージする乳房と反対側の手の指を軽く広げた状態にして、バスケットボールをつかむ感じで乳房を外側から支えるように持ちます。
  2. もう一方の腕のひじを真横に突き出すようにしながら手首を曲げ、指を上に向けて乳房を外側から内側に向かって4~5回押します。突き出したひじを上下に動かすようにするのがコツです。また、乳房をつぶさないように気をつけましょう。
  3. 乳房を支えている手を少し下(乳房のななめ下)にずらして、一方の手をその下に添えます。そのまま乳房と反対側の肩の方向に4~5回押す。
  4. 最後に、乳房を支える手の小指が乳房の下にくるところにあててください。それを反対側の手でさらに支えます。そのまま乳房を真上にすくうように4~5回持ち上げます。手首を曲げずに、前腕の力を利用して持ち上げるのがコツです。

赤ちゃんが母乳を吸いやすくなる「乳頭・乳輪マッサージ」

乳頭と乳輪はとても敏感な部位なので、低刺激の専用オイルをつけて行うとよいでしょう。

乳頭・乳輪マッサージの方法

  1. 片方の手で乳房を支えるように保護し、反対の手の親指と人差し指、中指を使って乳首をつまんでください。
  2. そのまま3秒かけて(乳首が硬い場合には、5~10秒かけて)少しずつ圧を加えていきます。
  3. 位置や角度を変えながら乳頭・乳輪部を1分ほどゆっくりと圧迫してください。乳首が硬い場合には、2~3分続けます。
  4. 次に、乳頭・乳輪部を左右にねじるようにもんでいきます。
  5. 最後に、引っ張ったり縮めたりするような感じで縦方向にもみます。

マッサージはゆっくりと時間をかけて行ってください。痛みに耐えてまで無理に刺激する必要はありません。乳首が敏感で痛みを感じやすい方は、圧迫の刺激になれることから始めてください。

一人で上手にできない場合には、助産院などで方法を教わるとよいでしょう。

乳房マッサージで気をつけるポイントやコツ

乳房や乳頭・乳輪マッサージをするうえで、気をつけたいポイントやコツを解説します。

妊娠中のマッサージは医師と相談を

出産後に母乳がスムーズに出るようにしたり、授乳時に乳頭が切れにくくしたりするには、安定期に入る妊娠16週目くらいからお手入れをするとよいといわれています。一方で、早産や流産をしやすい方や、医師から安静の指示が出ている場合は乳房への刺激は控えるべきです。

妊娠中に乳房や乳頭・乳輪のマッサージを行いたい場合は、事前に医師に相談するようにしましょう。また、お腹の張りを感じた場合は、マッサージをすぐ中止しましょう。

血流がよいときに、すべりをよくして行う

妊娠中に乳房マッサージを行う場合は、入浴後や就寝前のリラックスした時間に行うとよいでしょう。出産後は、授乳前にその都度行うとよいとされています。無害なマッサージクリームなどを用い、すべりをよくしてから行いましょう。

なお、乳房マッサージを行うか行わないかという考え方や、マッサージの方法は病院や産院によって異なります。そのため、マッサージに関しては担当の医師に相談することをおすすめします。

その他のヘルスケア記事をもっと読む
※外部サイトに移動します

この記事の監修ドクター
こすぎレディースクリニック 院長
椎名邦彦先生

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

healthcare_u_icon150_2
ドクターをはじめとした専門家のご協力のもと、主に医療・健康に関する情報の発信中!
10716-1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします

ランキング / rankings