10715-1

母乳が受けるタバコからの悪影響

ドクター監修の記事で、母乳とタバコの関係について解説します。母親がタバコを吸うと赤ちゃんに健康被害を及ぼすので禁煙をおすすめします。しかし、どうしてもやめられないときにはタバコの影響を小さくするポイントを守ってください。

母親がタバコを吸うと母乳にどのような影響があるのでしょうか?ここでは、母乳とタバコの関係についてお伝えします。母乳育児中だけれどもタバコをやめられない方は、タバコの影響を小さくするポイントを知っておきましょう。

母乳育児中にタバコを吸うとどうなる?

母乳のもとになっているのは、母親の血液です。ところが、タバコを吸っていると、タバコに含まれる有害物質「ニコチン」が母親の血液にとり込まれてしまいます。

しかも、母親の血液に含まれるニコチンの1.5~3倍の量のニコチンが母乳に混ざってしまうのです。つまり、ニコチン入りの母乳を赤ちゃんに与えているというわけです。

ニコチンは毒物に指定されている化学物質ですから、子供がタバコの葉を食べると中毒を起こします。死亡することもあるほど強い毒であることを理解しておきましょう。

ですから、ニコチン入りの母乳を飲んだ赤ちゃんは不機嫌になる、眠らない、嘔吐、下痢などの症状を起こすことがあります。これはすべて急性ニコチン中毒の症状です。

また、受動喫煙による赤ちゃんへの健康被害も大きな問題となっています。母乳に含まれるニコチンよりも、煙を直接吸ってしまう受動喫煙による影響のほうが心配といわれているほどです。

実際に、SIDS(乳児突然死症候群)の発生率は母親が喫煙者であるほど高まります。さらに、授乳期を含めて成長過程にある子供が継続的に受動喫煙の被害にあっていると、呼吸器や中耳に深刻な影響を及ぼすこともわかっています。

それから、タバコを吸うと母乳の分泌も減ってしまいます。母乳に含まれる脂肪分が減少することもわかりました。タバコは母乳の量と質にも影響を及ぼすのです。

どうしてもタバコをやめられない場合には

このような理由から、授乳中は禁煙することをおすすめします。しかしなかには、どうしてもタバコをやめられないという方もいらっしゃるでしょう。妊娠中は禁煙できていても、産後に再び吸い始めてしまう方も多いようです。

喫煙によるリスクよりも母乳育児のメリットのほうが大きいという理由から、タバコを吸っていても母乳育児を継続することを推奨する専門家の意見もあります。だからといって、なにも考えずにタバコを吸い続けるのはよくありません。

どうしてもタバコを吸うのであれば、喫煙直後の授乳は絶対に避けるように気をつけてください。タバコを吸ったすぐ後は、母乳に含まれているニコチンの濃度が非常に高い状態になっています。

赤ちゃんに母乳をあげるのは、喫煙後3時間以上経ってからにしましょう。喫煙と授乳の間隔をあけるほど母乳に含まれるニコチンの濃度が低くなるので、影響を小さくすることができます。

とはいえ、赤ちゃんと母親自身のことを考えると、やはり喫煙はすすめられません。この機会に本気で禁煙をしてみてはいかがでしょうか。

禁煙外来では保険診療で禁煙のサポートを医師がしてくれます。

一度近くの禁煙外来をさがしてみて、相談してください。

その他のヘルスケア記事をもっと読む
※外部サイトに移動します

この記事の監修ドクター
ココカラウィメンズクリニック 院長
伊藤加奈子先生

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

healthcare_u_icon150_2
ドクターをはじめとした専門家のご協力のもと、主に医療・健康に関する情報の発信中!
10715-1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします

ランキング / rankings