gf1940045373l-002

洗剤が赤ちゃんの肌トラブルの原因に

赤ちゃんの肌トラブルの原因のひとつとして“洗濯洗剤”が考えられます。含まれる成分が衣類に残っていると、かぶれたり湿疹ができたりする可能性があるのです。ここではドクター監修の記事で、赤ちゃんの衣類のお洗濯について解説します。

赤ちゃんのお肌は予想以上にデリケート。そのため、肌に触れる衣類、シーツ、タオルはこまめに洗濯して清潔にしておきたいですよね。しかしその心遣いが、実は赤ちゃんの肌トラブルをひきおこしている可能性があることをご存知でしょか。

実はお洗濯に使う洗剤によっては、赤ちゃんの肌にダメージを与えてしまう場合があるのです。赤ちゃんのお肌に安心して触れさせるためにも、正しいお洗濯や洗濯洗剤についてご紹介します。

配合成分が赤ちゃんの肌に影響を与える

一般的によく出回っている洗剤には、合成界面活性剤、蛍光増白剤、酵素、香料など様々なものが含まれています。汚れを強力に落とすこと、より真っ白に洗い上げること、洗い上がりがふんわりすること、いい香りがすることなど、私たちにとって使い勝手がいいように配合されているのです。

特別に敏感肌である場合を除いて、ほとんどの大人の方にとっては気になりません。けれど、衣類やシーツにその影響が残っているだけで、赤ちゃんとその肌にとっては深刻な問題となる場合があるのです。赤ちゃんの衣類を洗う場合、なるべく上記の成分が含まれていないものを使いましょう。また、肌にやさしい“赤ちゃん用洗剤”も市販されていますので、こちらを利用するのもおすすめです。

具体的なおすすめのお洗濯方法

1.赤ちゃんと大人の洗濯物を分ける…作業着や靴下といった汚れの激しいものは、洗剤を多めにいれることもあるはず。洗剤が衣類に残ってしまったり、汚れが赤ちゃんの洗濯物に付着してしまったりする可能性も否定できないので、分けて洗うほうが安心です。

2.洗剤の適量を守る…洗剤の使いすぎによる成分の溶け残りによって、肌トラブルを引き起こす可能性があります。各洗剤のパッケージに記載されている適量をよく見て使用してください。

3.柔軟剤は信頼できるものを…柔軟剤は赤ちゃんの衣類に使わないというイメージがありますが、洗剤だけで洗うと衣類がゴワゴワしてしまい、それが肌へのダメージに繋がる場合があります。洗剤と同じく成分に気をつけて、衣類に残りにくいタイプを選びましょう。

お母さんの衣類もおなじように

他にできる対策としては、花粉症の時期や大気汚染が気になる地域の場合は、外ではなく部屋干しをする、菌が繁殖しにくいように乾燥機を使うなど。赤ちゃんのお肌の状態を見て判断するようにしましょう。

赤ちゃんの肌がよく触れるお母さんの衣類も、赤ちゃんの肌に影響を与えることになります。お母さんの衣類もできるだけ赤ちゃんのものと同じように洗うのがおすすめです。

その他のヘルスケア記事をもっと読む
※外部サイトに移動します

この記事の監修ドクター
千春皮フ科クリニック 院長
渡邊千春先生

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

healthcare_u_icon150_2
ドクターをはじめとした専門家のご協力のもと、主に医療・健康に関する情報の発信中!
gf1940045373l-002

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします