imasia_13089023_M

赤ちゃんのデリケートゾーンの洗い方

神経質になっていませんか?

お肌が敏感な赤ちゃんのデリケートゾーンに関して『どう洗えばいいのだろう?』と悩んでいる方も多いと言います。そこで、知っておくと安心な赤ちゃんのデリケートゾーンの正しいケア方法についてご説明してきたいと思います。

男の子のデリケートゾーンの洗い方

(1) 陰茎(おちんちん)の根元を軽くつまみそっと皮をずらして、泡のついた石鹸で先端を揉むように優しく洗う

(2)睾丸の後ろ、シワの間の汚れも忘れずに洗う
ママにとって、異性である男の子のケアは何かと難しく感じてしまいますよね。でも実はそんなに神経質にならなくてもいいのです。

男の子の生殖器は、「包皮]という皮膚に覆われています。つまり顔や体の皮膚と同じで、石鹸を使って洗ってあげればOKです。ただし、あまり過敏に何度も洗ったり、ゴシゴシと洗うのはよくありません。やはりデリケートゾーンには変わりないので、泡立てたふわふわの石鹸を使い、手で優しく洗って下さいね。

体内とつながる器官であり、細菌もつきやすい箇所なので、衛生的には最も清潔を気にしたいところ。特に新生児の場合は便もまだゆるく、睾丸の裏やシワの間に入り込んでしまうこともあるので丁寧にキレイな状態を保ってあげてください。

また石鹸の成分が残ってしまわないように注意してください。少しぬるいかな?というくらいの優しい温度のお湯でしっかりすすいであげましょう。また包皮の内側部分は粘膜なので、露出した場合は石鹸を使用せず指でも触らないように優しくぬるま湯をかけてあげる程度で大丈夫ですよ。

女の子のデリケートゾーンの洗い方

(1)洗う順番は、『上から下へ』!
尿道まわりや性器(おまた)から洗い、次に太もものつけ根、最後に→おしり周りの順番で洗う

(2)尿道や肛門近辺の汚れはしっかり落とすために泡立てた石鹸を使う

(3)性器は軽く開いてぬるま湯を流す程度。中までこすり洗いは厳禁

同性だからこそ女の子のデリケートゾーンの扱いに慎重になってはいませんか?確かに女の子の性器は男の子よりも粘膜の部分が多く、よりデリケートです。しかし、ポイントさえ守れば、そんなに慎重にならなくても問題ありません。

まず女の子のデリケートゾーンのケアで守るべきルールは『上(おまた)から下(おしり)へ』。便などが性器につくことをさけるためにも、尿道から性器、次にお尻の順で特に性器部分は清潔を心がけて洗って下さい。オムツ替えでお尻を拭いてあげる時もこのルールは守りましょう。

そして大事なのは尿道付近と肛門近辺の汚れが気になる部分と性器の洗い分け。

表面的に見えている尿道付近や肛門は皮膚と同様になるので、泡立てた石鹸を使ってもOK!優しく洗ってあげてくださいね。

性器に関しては先にもお話したように、粘膜なので自浄作用が働くため、そんなに神経質に洗わなくても大丈夫。太ももを軽く広げるとひだの部分が開いた状態になるので、この状態でぬるま湯をかけてあげる程度で十分です。他の箇所を洗っている時にたまたま石鹸がついちゃっても気にしすぎる必要はありません。男の子同様、石鹸はしっかりすすげていれば問題ないでしょう。ただし、取れていないか不安だからといってこすったりするのはやめましょう。

慎重な方は、女の子の性器の中を綿棒などでこすり洗いすることもあるようですがこれもNG。綿棒がふれることでばい菌の接触理由の一つになる可能性もあります。上記の洗い方で丁寧に洗えていれば、性器の中の清潔に関しても過敏になる必要はないでしょう。

その他のヘルスケア記事をもっと読む
※外部サイトに移動します

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

healthcare_u_icon150_2
ドクターをはじめとした専門家のご協力のもと、主に医療・健康に関する情報の発信中!
imasia_13089023_M

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします