15901-1

ADHDの子供に起こりやすい問題とは

ADHD(注意欠如・多動症)は、不注意・多動性・衝動性の3つ症状がでる発達障害。子供の日常生活の中で、どのような行動をするのでしょうか。ドクター監修の記事にて、ADHDの子供の行動や症状について詳しくお伝えします。

発達障害のひとつである「ADHD」。不注意(集中力がないなど)、多動性(落ち着きがないなど)、衝動性(考える前に行動するなど)といった3つの症状が特徴です。子供の日常生活の中で、考えられる行動を把握し、理解を深めましょう。

理解していてもルールなどを守れない

授業中にじっと座っていることができずに歩き回る、着席していてももじもじと落ち着かないのは「多動性」によるものです。順番を待つことができず列に割って入ったり、人が持っているものが気になると自分の「触りたい」という気持ちを抑えられずに横取りしたりします。これは、「衝動性」の影響と言えます。また、忘れ物が多い、授業中にぼんやりしているなどは「不注意」による症状です。

ADHDの症状を周囲の方がよく理解していないと、注意を受けることや叱られることが多くなり、集団から孤立しがちで、いじめやからかいの対象になることもあります。ルールを守ってみんなと仲よくすることの大切さはわかっていても、無意識に体や口が動いてしまいます。また、自分の欲求を抑えられず周囲と衝突してしまうことも少なくありません。

衝動的な行動からかんしゃくを起こすことも

嫌なことなどがあると衝動的に手が出て人を叩き、それを周りから注意されると、さらに感情をコントロールできなくなってかんしゃくを起こします。周囲から理解されない状態が続くと、注意した人に対して徐々に反抗的な態度や行動が多くなることがあります。

学習が遅れぎみになりやすい

一般的に、ADHDの子供の多くは知的な遅れを認めませんが、学力が低下しがちになります。これは、授業に集中できない、根気のいる学習が苦手、細かいところまで注意が行き届かず、ケアレスミスが多くなるなどの影響によります。ADHDの子供のおよそ3分の1が、学習障害をともなうともいわれており、これも要因のひとつです。

学習障害とは、知的発達に遅れはないものの、聞く、話す、読む、書く、計算する、または推論する能力のうち、特定の能力に困難を示す状態です。

自尊心が傷つきやすく自己評価が低い

ADHDの子供は、その行動のために親や教師など、周囲の人から叱られることが多くなりやすく、劣等感を抱いたり、自尊心が傷ついたりしやすくなります。自分への評価が極端に低くなることもおこりがちです。

情緒不安定になりやすく気持ちが沈みがち

トラブルを起こし、周囲の子から距離をおかれて孤独感を抱きやすくなること、注意を受けやすいことで、からかわれることもあり、「自分はみんなから嫌われている」と思ったりします。これがきっかけで情緒不安定になりやすく、強い不安感を訴えたり、気分が沈みがちになる抑うつ状態なども見られることがあります。

ADHDの子供は周囲から理解されにくく、心の痛みを感じていることも少なくありません。しかし、周囲の人は本人が「やるべきことをきちんとできるように」という思いから厳しく注意しがちです。もちろん、悪いことをしたらそのことへの注意は必要ですが、人格まで否定するような叱り方にならないように気をつけてください。ここでは症状のために起こりやすい問題を挙げましたが、問題点ばかりではなくできることもたくさんあるでしょう。小さなことでもできたことをしっかり受け止め、十分にできていなくても改善しようとする姿勢を認め、それらをきちんとほめてあげることが重要です。少しずつ自信が持てるように見守りましょう。

ADHDの子供への接し方について

ADHDの子供は、仲間から敬遠され、孤立感や劣等感といった感情を抱いたり、情緒不安定になりがちです。上手に褒めることで、子供の自尊心や自己評価の低下を防ぎましょう。よい行動をした際には、少し大げさなくらいに喜びを伝え、ほめてあげるとよいでしょう。

また、注意喚起をしても同じ過ちをくりかえすことも多いのですが、感情的に叱ることはやめましょう。もし、好ましくない行動を見かけたときは冷静になって見守る、よい行動をとったらほめるという対応が原則です。好ましくない行動はただ叱る・注意するのではなく、具体的にどうしたらよいかを指示しましょう。

ADHDの特徴や症状の理解を深め、愛情をもって接すると子供は精神的にも落ち着けるようになり、少しずつ状態が改善していくことが期待できます。

その他のヘルスケア記事をもっと読む
※外部サイトに移動します

この記事の監修ドクター
めぐみクリニック 院長
皆川恵子先生

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

healthcare_u_icon150_2
ドクターをはじめとした専門家のご協力のもと、主に医療・健康に関する情報の発信中!
15901-1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします