toa-heftiba_t

我慢は禁物!「セックスの時に痛い」性交痛の原因は?

「セックスの時に痛い」と感じるのが性交痛。
痛みを感じる場所や原因にはいろいろありますが、性交痛には病気が潜んでいることもあるので、注意が必要です。
性交痛に我慢は禁物。痛む場所ごとに考えられる原因から自分でできる対策、受診すべき症状まで、性交痛について解説します。

セックスの時に痛みを感じる「性交痛」の原因

「セックスの時に痛い」と感じるのが、性交痛です。

パートナーに言えないまま、1人で悩みを抱えている女性も少なくありません。

痛みを感じる場所は、膣の入口や奥のほうなど、人によってさまざま。

単純に前戯が足りず膣が潤っていないまま挿入してしまうことによって、粘膜が刺激されて感じる痛みの他に、いろいろな症状があります。

1) 膣の入口あたりが痛い

膣の入口あたりが痛い場合、外陰部や膣、膣入口部両側にある分泌腺、尿道などに炎症が起きていることがあります。

皮膚の炎症以外では、元々膣が狭かったり、外陰部が小さかったりすることも、痛みの原因のひとつとして考えられます。

 

膣の入口の痛みは、濡れていないことも大きな原因のひとつ。

大きなストレスや出産、不規則な生活習慣などで女性ホルモンが不安定な状態になると、外陰部や膣の粘膜が萎縮して濡れにくくなることもあります。

なかには、パートナーへの不信感やセックスへの恐怖感という精神面が原因で、濡れにくくなり痛みを感じることもあります。

 

2) 膣の奥が痛い

膣の奥の方が痛い場合、子宮、卵管の感染症(骨盤内炎症性疾患)が原因となっていることがあります。こうした感染症で骨盤内に膿が貯まる「膿瘍(のうよう)」があると、セックスの刺激で痛みを感じます。

また、子宮内膜症にかかっていたり、子宮筋腫、卵巣嚢胞(らんそうのうほう)があったりする場合にも、奥のほうに痛みを感じることがあります。

がんの治療で放射線療法を受けた場合は、治療後に生じた骨盤内臓器の癒着なども、痛みの原因となることがあります。

性交痛を感じる時は

膣が濡れていないことが原因の性交痛なら、充分な前戯で膣が潤うまで待ってから挿入するとよいでしょう。

どうしても濡れにくい場合は、薬局で売っている潤滑ゼリーなどを使う方法もあります。また体位を変えてみると、痛みが軽減することもあります。

パートナーとの幸せな時間は、性交痛に悩まされることなく過ごしたいものです。

パートナーに嫌われたくないあまりに、我慢してセックスをするのはNG。ずっと我慢をしていると、炎症を悪化させたり、感染症が慢性化したりするおそれがあります。

もしセックスで「毎回痛みを感じる」「痛みがひどくなってきた」「セックスの後に出血がある」といった場合は、早めに婦人科を受診するようにしましょう。

 

★今回のポイント★

・性交痛の症状、原因はさまざま

・膣の奥が痛む場合は、感染症や子宮内膜症などの病気が潜んでいることも

・性交痛に我慢は禁物。痛みが続く場合は、婦人科へ

 

 

この記事の監修
婦人科専門医  松村 圭子先生

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
toa-heftiba_t

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします

ランキング / rankings