child-1407415

女性ホルモンは量よりバランス!健康的な美しさを手に入れよう

女性らしいカラダをつくり、妊娠出産に関係している女性ホルモン。
たくさん分泌されるとキレイになると誤解されていますが、実はホルモンはバランスが大切なのです。
今回は、健康的な美しさをつくるために、女性ホルモンについて学びましょう。

女性ホルモンとは?

女性ホルモンは大きく分けて2つ。

ひとつはエストロゲン(卵胞ホルモン)、もうひとつはプロゲステロン(黄体ホルモン)です。両者とも卵巣から分泌され、血液にのって子宮などに影響を与えています。

 

● エストロゲン

美のホルモンと呼ばれています。

肌や髪の新陳代謝を促して艶々にするほか、バストを豊かにしてウエストをくびれさせ、女性らしい体型をつくる働きをもっています。エストロゲンは、卵巣で卵胞を成長させます。

 

● プロゲステロン

母のホルモンと呼ばれています。

子宮内膜を厚くふかふかにする、体温を上げて妊娠しやすい状態をつくります。プロゲステロンが過剰になると、皮脂分泌が盛んになり、便秘になりやすくなります。

 

女性ホルモンは量よりもバランスが大切

美のホルモンと聞くと、「エストロゲンを増やせばいいのか!」と思いがちですよね。

でも、実は女性ホルモンは量を増やせばよいわけではありません。大切なのはエストロゲンとプロゲステロンのバランスなのです。

 

エストロゲンは、女性にとってうれしい働きがある一方で、働きすぎると乳がんや子宮体がんのリスクを高めるという、マイナスの側面も持っています。エストロゲンの暴走を抑え、マイナスを打ち消すのがプロゲステロンなのです。

また毎月の生理は、エストロゲンとプロゲステロンのバランスが関係しています。生理周期のなかで、この2つのホルモンが増えたり減ったりすることで、毎月のカラダのリズムがつくられています。

 

美のためにも、ホルモンバランスを整える生活を

女性ホルモンは女性らしい美しさ、妊娠や出産に深く関係しています。

不規則な生活を続けていると女性ホルモンのバランスは崩れがちになり、将来さまざまな不調の原因となることがあります。

女性ホルモンが分泌されるピークは20代後半。そこから徐々に分泌量は減る傾向にあります。サプリメントや健康食品に頼りすぎることなく、毎日の生活習慣を整えることで、正しいホルモンバランスのカラダを維持することが大切です。

★今回のポイント★

・エストロゲン(卵胞ホルモン)は、美のホルモン。女性らしいカラダをつくる

・プロゲステロン(黄体ホルモン)は、母のホルモン。妊娠しやすい状態をつくる

・女性ホルモンは量よりバランスが大切

 

 

この記事の監修
婦人科専門医  松村 圭子先生

 

参考文献:
松村 圭子著『女性ホルモンがつくる、キレイの秘密

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
child-1407415

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします