140425_yoshizawa_0481_333_250

ストレスによる過食の原因と対処法

ダイエットを成功に導くためには、「ストレス」の存在も無視できません。このページでは、ストレスによる過食やストレス太りのメカニズムについて、ドクター監修のもと詳しく解説しています。

ストレスはダイエットの天敵

ストレスは健康を維持するための大敵ですが、ダイエットをする際にも手強い存在となります。ストレスのせいで太ってしまったという経験がある人は多いのではないでしょうか。

ストレスが溜まっていると、ついつい食べ物に手が伸びてしまいがちです。それも、甘いものや油っこいものなど、太りやすそうな食べ物に限っておいしく見えてしまうのですから不思議なものです。

特に女性のほうが男性に比べて食事量が増えがちだという調査結果もあります。その結果ストレス太りをして、ダイエットとリバウンドを繰り返すという悪循環に陥っている人もいるかもしれません。

こうした事態を未然に防ぐためにも、ストレスと食欲の関係について詳しく知っておきましょう。

ストレス太りと過食のメカニズム

ストレスが溜まっているときに食べ物が欲しくなるのは、実は脳のメカニズムとしては当然のことです。食事には情緒を安定させる効果があるためです。しかも、ダイエットには逆効果となるような高カロリーの食べ物ほど、強い精神安定効果があるのです。

たとえば炭水化物には鎮静効果があり、糖分には脳の働きを活性化させる作用があります。肉類の摂取量が少ないと、精神を安定させる脳内麻薬であるセロトニンの量が減ってしまいます。ですから、ストレス解消を目的としてこれらの食品に手が伸びるのは、いわば脳の防衛本能のようなものです。

問題は、この食欲が慢性化してしまうことでしょう。一回の量はわずかだったとしても、高カロリーのものを毎日のようにつまんでいるとあっという間に太ってしまいます。これがいわゆる「ストレス太り」です

ストレス太りは悪循環に陥りやすい

ストレスのせいで太ってしまったら、誰しも体型を元に戻したいと思うものです。そのためには、太った原因を排除することが最もシンプルな方法だと言えるでしょう。

ところが、これがなかなか厄介なのです。なぜなら、ストレスのせいで手を出していた食べ物は、いずれも精神の安定のために必要なものばかりだからです。炭水化物や糖分を極端に制限すると、脳に必要な栄養が不足してしまい、またストレスの原因となります。そこで衝動的に甘いものや油っこいものに手を出してしまったら、一向に痩せることはできません。

たとえ強い意志を持って痩せることに成功したとしても、極端な食事制限によるダイエットでは筋肉も落ちてしまいます。すると基礎代謝量が少なくなるため、以前よりも太りやすい身体になります。この状態で「少しだけだから」「たまにはいいだろう」と高カロリーのものを食べると、脂肪が燃焼しきらず、リバウンドしてしまうことになります。

そのたびに無理なダイエットをすると、ますます太りやすい体質となってしまいます。ストレス太りは、ダイエットとリバウンドを繰り返す悪循環に陥りがちなのです。

食事以外でのストレス発散を心掛ける

ストレス太りを完全に防ぐためには、ストレスのない生活を送ることです。とはいえ、日常生活のなかでまったくストレスと無縁でいるということは難しいでしょう。大切なのは、抱えてしまったストレスは早めに発散することです。

そのためには、規則正しい生活と適度な運動が原則です。不規則な生活は自律神経のバランスを乱し、ストレスの原因となります。睡眠不足も同様です。ダイエットに運動が良いとされるのは、ただ身体を動かすことだけでなく、精神を安定させる効果もあるためです。

食事以外の方法でストレスを解消するように心掛けることが、ストレス太りの悪循環から抜け出す最善の方法なのです。

その他のヘルスケア記事をもっと読む
※外部サイトに移動します

この記事の監修ドクター
広尾プライム皮膚科 医師
吉澤智子先生

キーワード / keyword

この記事のキュレーター

healthcare_u_icon150_2
ドクターをはじめとした専門家のご協力のもと、主に医療・健康に関する情報の発信中!
140425_yoshizawa_0481_333_250

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします

ランキング / rankings