microscope-1817641_1280

子どもが欲しいと思うなら、結婚前に受けておきたい検査とは?

晩婚化が進む日本では、結婚後、不妊に悩むカップルが増えてきています。特に女性は35歳を境に妊娠しづらくなるともいわれています。
そこで今回は、子どもを希望する男女が結婚する前に受けておいた方がいい検査を紹介します。

「ブライダルチェック」という言葉を聞いたことがありますか?

これは、無事に妊娠・出産ができるのかを確認するため、婦人科系の病気や母子感染のリスクがある感染症などにかかっていないかどうかを調べる健康診断のようなものです。

女性だけ受けるイメージが強いかもしれませんが、男性のブライダルチェックもあり、感染症の有無や精子の状態を確認することができます。

 

結婚前にパートナーとともにブライダルチェックを受ける習慣が、徐々に広がっているといわれています。

そこで今回は、妊娠・出産を考えているすべての人たちに、結婚する前に受けた方がいい検査をご紹介します。

 女性は結婚前に子宮頚がん検診を受けておこう

最近、テレビやネットでよく見る「子宮頚がん検診」の予防啓発。

健康診断での検診も可能ですが、厚生労働省は、20歳の女性に「子宮頸がん検診無料クーポン」を発行しています。

そのほか、25歳、30歳、35歳、40歳の女性のうち、過去数年に一度も検診を受けていない人に対しても、無料クーポンを発行している自治体があります。

子宮頸がんは、子宮の入り口の子宮頸部という部分に発生するがんの一種です。また、早めに発見すれば、比較的治療しやすいがんだといわれています。

しかし、子宮頸がんの初期は症状がほぼ現れないため、自分自身で気づくことはほとんどなく、検診で発見されることが一般的です。症状が進行すると不正出血が起こったり、おりものに血が混じって茶色になったりすることがあり、これをきっかけに婦人科で検査をして、子宮頸がんが発覚することもあります。

進行した子宮頸がんの治療は難しく、最悪の場合は子宮全摘手術や、放射線・抗がん剤治療が必要となる場合もあるので、早期発見がとても重要です。


一方、男性はどんな検査をしておいた方がいいのでしょうか?

男性は結婚前に精子検査を受けておこう

かつては、不妊の原因は女性にあると考えられていましたが、近年の研究から不妊の原因は男女半々にあるということがわかってきました。しかし、女性の婦人科検診に比べて、男性の検診はまだ浸透していません。

そんな男性が結婚前に受けておいた方がいい検診は、精子の数や健康状態などを調べる精子検査です。

精子検査では、精子の数、精液量、精子濃度、運動率、運動の質、精子の形態などを調べます。

1回の射精で放出される精子の数は数億といわれますが、子宮内に着くまでに数十万個以下となり、卵子の周囲に到達する頃には数百個以下にまで減少してしまいます。

この減少率からも、精子が卵子の場所までたどり着くのは、とても難しいことが伺えますよね。

そして、最終的に卵子と結合できる精子はたった1つ。そのため、受精には精子の「質」が肝心だと言えます。また、精子の質が高くないと、無事に妊娠できたとしても継続しにくい場合もあるのだそう。

近年の研究では、生活環境から来るストレスや食生活の乱れなどによって、男性の精子量が減少していることがわかってきています。そのため、不妊問題はますます深刻化しているのが実情です。

しかし、一方で、男性の不妊検査の発展により、不妊の原因が正確に特定できるようになり、的確な治療を受けられるようにもなりました。

 

妊娠には、男性・女性どちらの力も必要です。結婚前に不妊検査を行うことで、自分が抱える問題をクリアにして、新しい家族を迎えたいですね。

★今回のポイント★

・女性は、婦人科系の病気・感染症・子宮頸がんの有無を調べよう

・男性は、感染症・精子の状態を調べよう

 

 

この記事の監修
産科医 竹内正人先生

 

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
microscope-1817641_1280

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします