s_middle_woman

何歳まで産める?気になる、妊娠と年齢の関係

晩婚化が進み、第一子の出産年齢も上昇。有名人の中には、40歳以上で出産した人はもちろん、50代で産んだ人もいます。
医療が進化しているとはいえ、実際に一般の人は何歳まで妊娠・出産ができるのでしょうか?

有名人のなかには、50歳を超えて出産した人も

卵子提供を受けて50歳で出産した国会議員の野田聖子さん、体外受精を経て53歳で妊娠をしたタレント・パーソナリティーの坂上みきさん。

以前では考えられないような年齢でも、不妊治療を経て、妊娠・出産する人が増えています。ただ、こういったケースは奇跡に近い確率です。

 

生理学的な理論上、健康な女性が自然妊娠できる年齢は、1250歳前後までとされています。

ただし、実際には子宮や卵巣などの女性機能は衰えていくので「あの人も妊娠できたんだから、きっと自分も」と安易に考えるのは危険です。

 

加齢とともに妊娠の確率は下がっていく

妊娠・出産には女性ホルモンが深く関わっていますが、女性ホルモンは20代半ばをピークに緩やかに低下しはじめ、35歳からは低下率が加速し卵巣機能が衰え始めます。

そのため、一般的に女性の妊娠率は3839歳をひとつの境として、徐々に低下してくるといわれています。

 

そして、もうひとつの大きな境目といわれている年齢が40歳。

不妊治療での妊娠率も、自然妊娠の確率とほぼ同じです。そのため、国の不妊治療の助成金も42歳と年齢制限が設けられています。

 

女性の卵子は日々老化、減少している

男性の精子は精巣内で常に作られているのに対し、女性は一生分の卵子を持って生まれてきます。そのため、卵子の数は成長とともに減少します。

1歳で200万個だった卵子は、思春期で生理が始まる頃には、2030万個にまで減少。閉経を迎える頃には、0個になります。

そのため、加齢とともに卵子も老化&減少して妊娠しにくくなるのです。どんなに見た目が若くても、卵子の年齢が実年齢より若いということはありません。

 

卵子提供の実績からもわかる卵子の質の低下とは

加齢にともない自然妊娠する確率は減少していきます。

一般的には、健康的なカップルが1年間避妊せずに性交渉した場合、約80%が妊娠できるといわれているそう。

それが、35歳以上で約50%、40代前半で約30%台、45歳以降には5%以下にまで低下します。年齢とともに、妊娠する力が落ちていくのです。

 

また、近年晩婚化が進んだことにより、不妊に悩むカップルも増加。今まで10組に1組といわれてきましたが、最近では6組に1組が不妊といわれています。

日本で卵子提供による体外受精は行われていませんが、米国の調査データによると、本人が高齢でも提供卵が若い場合、妊娠率はほとんど低下しないことわかっています。

不妊には卵子の質の低下が大きく関わっていると考えられます。そのため、医学的観点からは20代で出産が望ましいとされていますが、遅くとも30代前半までに妊娠をするのが望ましいといわれています。

 

★今回のポイント★

・50代で出産するのは奇跡に近い確率

・38〜39歳が妊娠率低下の境界線

・卵子も加齢とともに老化する

・医学的には30代前半までに妊娠するのが望ましい

 

 

この記事の監修
産科医 竹内正人先生

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
s_middle_woman

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします

ランキング / rankings