beautiful-girl

妊活中に子宮内膜症になってしまった……妊娠はできるの??

よく聞く病名でありながらも、どんな病気かはあまり知られていない子宮内膜症。
不妊の原因ともいわれていますが、子宮内膜症になった全ての人が不妊になるというわけではありません。今回は、子宮内膜症の基礎知識と、治療法、妊娠との関係を解説していきます。

子宮内膜症ってどんな病気?

子宮内膜症は、本来子宮の内側にできる子宮内膜が、子宮の筋層や外の腹膜、卵巣などにできてしまう病気です。

子宮内膜は本来、生理とともに子宮から剥がれ落ちて排出されますが、子宮の筋層や外にできた子宮内膜は排出されるところがなく、炎症や痛みの原因となります。

年々重くなる生理痛やセックスのときに痛みがある性交痛が、子宮内膜症を疑う症状のひとつですが、中にはまったく自覚症状がない人もいます。

 

子宮内膜症の治療法とは?

子宮内膜症にかかった場合、鎮痛剤で痛みを抑える対症療法や、ピルなどの薬で生理を止めるホルモン療法(偽閉経療法)のほか、手術を行うケースもあります。

● 対症療法

軽度の場合、鎮痛剤や漢方を服用して痛みをやわらげながら自然妊娠を目指すという方法をとることがあります。しかし、これはあくまで痛みをやわらげるだけの方法で、子宮内膜症自体を治療するものではありません。

 

● 偽閉経療法

対症療法と同じく軽度の場合は、点鼻薬や注射などで、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌を抑えて生理を46ヶ月ほど停止させ、内膜を回復させる方法をとることもあります。

ただしこの方法も、根本治療ではないため、再発の可能性があります。

 

● 手術

子宮内膜症の症状がある程度進行している場合は、腹腔鏡での手術で腫瘍や癒着を取り除く必要があります。場合によっては開腹手術が必要になることもあるでしょう。

 

子宮内膜症になっても、妊娠はできる?

強い生理痛が原因で発覚することが多い子宮内膜症。女性のカラダに与える影響も大きいのですが、妊娠には具体的にどのような関係があるのでしょうか?

1. 卵巣や卵管が癒着して着床や受精の妨げになる

増殖した子宮内膜は生理同様にはがれ落ち、出血を引き起こします。出血した部位は、自然治癒力によりその傷を治そうとするのですが、その際、近くの臓器や腹膜同士で癒着が起こることがあります。卵巣や卵管で癒着が起こると、受精卵が卵管を通れない、受精卵が着床できないといった事態になり、妊娠の妨げになります。

2. 炎症が続くことで精子が外敵とみなされ攻撃される

子宮内膜症が進行してゆくと、骨盤内は常に炎症を起こした状態になってゆきます。

炎症はカラダに異常があることを知らせるサイン。炎症が起こると、白血球の一種であるマクロファージという細胞が、炎症の原因となっている外敵を補食してやっつけます。

この自然治癒力が正しく働いている場合はよいのですが、子宮内膜症で常に炎症状態にあると、精子が外敵とみなされてマクロファージに捕食されてしまい、妊娠に至らないということがあります。

3. 性交痛によってセックスレスになりやすい

子宮内膜症は生理痛だけでなく、性交痛も引き起こします。強い痛みが生じるため、セックスの回数が減り、セックスレスの原因となることがあります。

 

上に挙げたような原因で、子宮内膜症が妊娠の妨げになることがあります。

しかし、子宮内膜症そのものは良性の病気であり、必ずしも不妊になるというわけではありません。

よって、妊娠を希望している場合には、鎮痛剤で痛みを抑えながら妊娠を目指すことが多いでしょう。

ただし、卵巣に子宮内膜が溜まるチョコレート嚢胞はまれに悪性化することがあり、大きな場合には破裂する恐れがあるので手術をすることもあります。

左右片方の卵巣を摘出したとしても、片方の卵巣があれば自然に妊娠する可能性も十分残されています。

 

妊娠を望む女性で、子宮内膜症になった場合にも悲観することはありません。なるべく早めに専門医に相談し、自分にあった治療法を行いましょう。

 

★今回のポイント★

・生理痛や性交痛がひどくなっている場合、子宮内膜症の疑いがある

・妊娠を希望している場合は対処療法も選べる

・子宮内膜症は手術で治療しても妊娠できる可能性は充分あり

 

 

この記事の監修
産科医 竹内正人先生

 

この記事のキュレーター

icon_lnln_editer
生理日管理ツールの決定版「ルナルナ」が生理にまつわる悩みから妊活・妊娠・出産・育児までの困った!をサポートする情報をお届けします。
beautiful-girl

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ルナルナの最新情報をお届けします